血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【フィリーズレビュー2020 最終予想】道悪血統を狙いたい一戦!本命馬公開!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞競走「フィリーズレビュー」の最終予想ついて特集します。

フィリーズレビューの馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!フィリーズレビューの最終予想

フィリーズレビューの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



フィリーズレビューの予想印と根拠

それでは、ここからはフィリーズレビューの予想印とその根拠についてご紹介していきます。

なお今年のフィリーズレビューは前日の雨の影響によって、例年以上に重たい馬場でレースが行われる可能性が高くなっています。そのため、道悪適性を最重要ポイントにおいて、予想を進めていきたいと思います。


◎(本命)⑮マテンロウディーバ

今年のフィリーズレビューの本命は、⑮マテンロウディーバです!

母ライトニングパールはイギリスのスプリントG1チヴァリーパークステークスを勝った活躍馬でサトノクラウンの全姉にあたります。近親馬には叔父にサトノクラウン、従兄弟にファストアプローチがおり、時計のかかる馬場は得意とする牝系です。

その牝系にディープインパクトを配合しており、イメージとしてはサトノクラウン的馬力主体のキレの馬。今の阪神の道悪馬場はかなり適性が高いと捉えています。

新馬戦は道中淀みないラップで流れての持続力戦を先行して直線で突き放しての快勝。2戦目の紅梅ステークスは前残り競馬を後ろから上り最速で3着。この2戦は、良血馬らしいレースセンスの高さを感じさせます。

最終追切も栗東CWでまずまずの時計を出しており、力を発揮できる状態です。

枠順から末脚を活かす競馬をしかけてくるはずで、叔父のサトノクラウンのような道悪での力強い差し切り勝ちに期待します!


〇(対抗)⑦ヤマカツマーメイド

対抗には、⑦ヤマカツマーメイドを推奨します!

ヤマカツエース、ヤマカツグレースの半妹にあたり、姉のヤマカツグレースは阪神芝1400mで異常なまでにパフォーマンスを上げる個性の馬でした。その点から阪神ジュベナイルフィリーズから距離短縮で臨む阪神芝1400mのフィリーズレビューはローテーション的に好印象で、前走からのパフォーマンスの向上が期待できます。

また父ロードカナロアは、今開催の阪神芝コースで15戦して複勝率46.7%と大活躍しており、トレンド血統にあたります。先週の大阪城ステークスでロードカナロア産駒のレッドガランが快勝したのは記憶に新しいところです。
この血統背景からは、好走を予感させます。

りんどう賞、ファンタジーステークスと「持続力型」のラップ適性を示しており、阪神ジュベナイルフィリーズも5着とメンバー中上位の評価をすべき一頭です。

桜花賞の出走をかけて、ここは是が非でも3着内は確保したいところ。
最終追切は不良の栗東CWで追い切られ、終いの時計はかかりましたが、メイショウショウブを追走してラストは先着するいい動きを見せています。

ここは好勝負必須でしょう!

▲(単穴)③フェアレストアイル

単穴には、③フェアレストアイルを推します!

ラッキーライラック、ミッキーアイル、アエロリットなど多くの活躍馬を送り出すステラマドリッド牝系の同馬。父はディープインパクトで、ミッキーアイルは全兄にあたります。

ステラマドリッド牝系は主場に強い牝系で、その中でも阪神の芝1400m、芝1600mで抜群の成績をあげています。阪神ジュベナイルフィリーズやチューリップ賞のラッキーライラック、阪急杯のミッキーアイルがその事例としてあげられます。

またステラマドリッド牝系は、ステラマドリッドの父アリダー譲りのパワーが特徴の牝系ともいえ、道悪馬場を得意としています。全兄のミッキーアイルも道悪の重めの馬場でよく走りました。

ラップ適性についても、ペコリーノロマーノが勝ったつわぶき賞で「持続力型」レースへの適応をみせており好印象です。

前走500万下から中2週となるため中間の追切は軽めですが、状態は維持しています。
血統的に高い適性が期待できるこのレースで狙いたい一頭です!


☆(星)⑫ルーチェデラヴィタ

続いて穴馬の特注馬として、⑫ルーチェデラヴィタを推奨します!

父のキズナ的パワースピードが特徴の馬で、札幌の稍重の洋芝で行われたコスモス賞を勝っていることから、道悪は高い適性が見込めます。

新馬戦、コスモス賞を連勝してアルテミスステークス6着、阪神ジュベナイルフィリーズ16着。アルテミスステークスはスロー瞬発力の展開がこの馬に合いませんでしたし、阪神ジュベナイルフィリーズの大敗はフケが影響してレースになっていません。
直近2戦の敗因ははっきりとしています。

阪神ジュベナイルフィリーズ以来の休み明けとなりますが、最終追切では不良の栗東CWで自己ベストの好時計をマークしており、状態は抜群です。

レース前日の夜時点の人気を見る限り、あまりにも過少評価されすぎな状況です。
個人的には、このメンバー構成であれば勝ちきっても不思議でない実力馬と捉えています!


△(連下)⑭アヌラーダプラ 、①カリオストロ、⑪ケープゴッド

最後に連下として⑭アヌラーダプラ①カリオストロ、⑪ケープゴッド、の3頭を抑えます!

アヌラーダプラは、シンハリーズの牝系に父キングカメハメハの良血馬。フェアリーステークスからの距離短縮ローテは間違いなくプラスです。最終追切では抜群の動きを見せており、ここは勝負気配です。単穴に近い連下評価として強めに推奨します! 

カリオストロは前走の万両ステークスの勝ちっぷりが圧巻でしたし、無印というわけにはいきません。このレースで先行する脚質は疑問符がつきますが、父欧州型キングマンボ系のエイシンフラッシュは、今の馬場状態ではプラスに働きます。

最後にケープゴッドは、メンバー中トップクラスの実績を誇る実力馬。前走クリスマスローズステークスからの距離延長ローテは割引ですが、好走血統のノーザンテースト持ちのダイワメジャー産駒。侮れない一頭でしょう。



以上、この記事では「フィリーズレビュー」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、フィリーズレビューの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.