血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【阪神大賞典2020 血統傾向】4年連続連対中の鉄板種牡馬に注目!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、天皇賞(春)へ繋がる注目のステップレース「阪神大賞典」の好走血統について特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい!



動画でご紹介!阪神大賞典の好走血統

阪神大賞典の好走血統は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



阪神大賞典の過去5年の血統傾向

こちらは、阪神大賞典の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の父と母父の血統をまとめた表です!

阪神大賞典 好走血統
阪神大賞典 好走血統

まず大きな傾向として、父サンデーサイレンス系が13頭と圧倒しています。

その上で好走血統として抑えておきたいのが、ハーツクライ産駒です。
このハーツクライ産駒は、2019年2着のカフジプリンス、2018年2着のサトノクロニクル、2017年2着・2016年1着のシュヴァルグランと4年連続で連対しています。2015年こそ馬券に絡めていませんが、それでもカレンミロティックが4着と走っています。

このハーツクライ産駒は、過去5年の阪神大賞典で10頭出走して7頭が掲示板を確保。そのうち4頭が連対する活躍振りですから、かなり信頼が置ける血統といえます。

また、阪神大賞典でのハーツクライ産駒の好走・凡走の見極めは母父にあり、母父が欧州型血統の出走馬は必ず連対しています。つまりハーツクライ産駒で母父欧州型血統は馬券に絡み、母父米国型血統は馬券に絡めないという血統傾向であるわけです。

この好走血統「母父欧州型血統のハーツクライ産駒」は、阪神大賞典の予想のポイントとしてしっかりと抑えておく必要があります。


阪神大賞典の好走血統の該当馬

それでは今年の阪神大賞典の出走予定馬で、好走血統 「母父欧州型血統のハーツクライ産駒」に該当する馬がいるかどうか!?

実は、出走予定馬の中で一頭だけ該当馬がいます。
それは、タイセイトレイルです。

こちらはタイセイトレイルの5代血統表ですが、母マザーウェルの父がロベルト系のシンボリクリスエスで、きっちりと「母父欧州型血統のハーツクライ産駒」という好走血統を満たしています。

タイセイトレイル 血統表

また、この「父ハーツクライ×母父欧州型のロベルト系」の配合は、2019年2着のカフジプリンス、2018年2着のサトノクロニクルと同じであり、かなり期待値が高い血統構成といえます。

また牝系はニジンスキーのスタミナと底力を受け継ぐシンコウラブリイ牝系。近親馬にはムイトオブリガードやロードマイウェイなど活躍馬が多数出ています。

直近3戦はジャパンカップ15着、日経新春杯4着、ダイヤモンドステークス5着と今一つな成績が続いていますが、今回は鞍上が中谷騎手から福永騎手に変わり強化されます。

前走のダイヤモンドステークスのレース内容を見ても、伸びかけて最後に脚が止まっていましたので少し距離が長すぎた印象。その点から、距離短縮ローテもプラスでしょう。

1週前の追切も不良の栗東CWで長めから一杯に追って、好時計をマークしています。
ここは期待したい一戦です!



以上、この記事では「阪神大賞典」の好走血統について特集しました!

なお、阪神大賞典の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
ぜひ、ご参考下さい!

競馬知恵袋
【阪神大賞典2020 最終予想】信頼の鉄板血統!今年はこの馬が本命だ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「阪神大賞典」の予想について特集します。 ご紹介する内容は、阪神大賞典の予想のコンセプトと予想 ...

続きを見る

ご紹介した内容が、阪神大賞典の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.