血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【フラワーカップ2020 血統傾向】3年連続勝利の種牡馬に注目!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞レース「フラワーカップ」の予想について特集します。

馬券予想にぜひご参考下さい!



動画でご紹介!フラワーカップの予想のポイント!

フラワーカップの予想のポイントは、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



フラワーカップの好走血統

こちらは、フラワーカップの過去5年の馬券に絡んだ好走馬の父と母父の血統をまとめた表です!

フラワーカップ 好走血統
フラワーカップ 好走血統

まず特筆すべき血統傾向は、直近3年で活躍するディープインパクト産駒です。

2019年は1着コントラチェック、3着ランブリングアレー、2018年は1着カンタービレ、2着トーセンブレス、2017年は1着ファンディーナと好走しており、現在3連勝中で勢いがあります。


次に抑えておきたい血統傾向が、欧州型血統の好走です。

過去5年の好走馬15頭中12頭が父か母父に欧州型血統を内包しています。この父か母父に欧州型血統は2019年コントラチェック、2018年カンタービレ、2017年ファンディーナ、2016年エンジェルフェイスと直近4連勝中です。

この好走傾向の欧州型血統ですが、特にサドラーズウェルズやフェアリーキングの全兄弟といった欧州型ノーザンダンサー系が好走しています。


ここまでのフラワーカップの血統傾向をまとめると、好走血統は「ディープインパクト産駒」、「欧州型ノーザンダンサー系の内包馬」の2点となります。

なお今年のフラワーカップの出走予定馬で好走血統に該当する馬は、ディープインパクト産駒がキングスタイルの1頭、血統の3代までに欧州型ノーザンダンサー系の血統を内包する馬がキングスタイル、シーズンズギフト、チェスナットドレス、トリンカデイラ、ポレンティア、ミアマンテ、レッドルレーヴの7頭となります。

好走血統に該当する出走予定馬には注目です!


フラワーカップのラップ適性とレース傾向

好走血統に続いて、フラワーカップのラップ適性とレース傾向についても触れておきたいと思います。

こちらは、フラワーカップの過去5年の1ハロンごとの個別ラップをまとめたグラフです。

フラワーカップ ラップ分析

フラワーカップのラップの特徴としては、道中のペースの緩みがそこまで生じないこと、ただしラスト3Fは一定の末脚が求められることがあげられます。

そのため、フラワーカップのラップ適性は持続力勝負でありながらも瞬発力が求められる「バランス型」となっています。

フラワーカップのレースが行われる中山芝1800mのコースの特徴である「右回り」、「小回り」、「急坂」に、このラップ適性「バランス型」の要素も加えて、各出走予定馬のレース適性を見極めていきたいところです。


次にフラワーカップのレース傾向ですが、主に3点があげられます。

【フラワーカップ 過去5年のレース傾向】


・過去5年で逃げ馬が3勝、3着1回と抜群の成績。基本は逃げ・先行脚質の馬が有利なレース。

・過去5年1番人気、2番人気で5勝、2着2回、3着1回、1番人気、2番人気ともに複勝率は80%。人気の信頼度が高いレース。

・過去5年で前走1番人気で1着の馬が11頭中4勝、2着1回、3着1回と好成績。勢いのある素質馬が好走するレース。

なおレース傾向3点目となる「前走1番人気で1着」に該当する馬は、レッドルレーヴ、ミアマンテ、シーズンズギフト、クリスティの4頭となります。

このラップ適性やレース傾向についても、好走血統と同様にフラワーカップを予想する上でポイントとなります。しっかりと抑えておきたいところです。


フラワーカップ 枠順確定前の推奨馬

最後に、まだ全頭の過去のレース内容や血統のチェックが終わっていない中ではありますが、枠順確定前の推奨馬をご紹介したいと思います!

枠順確定前の推奨馬はキングスタイル、クリスティ、レッドルレーヴの3頭となります。


まずキングスタイルは、メンバー中唯一のディープインパクト産駒。デビュー戦となった中山芝2000mは、1000m通過が1分7秒4という超ドスローの展開の中で出遅れて自分からハミを取らない幼さもみせて9着と大敗。

その後、重馬場の小倉芝2000mで行われた2戦目の未勝利戦では、変わり身をみせて快勝。このレースに騎乗した横山武史騎手も素質の高さを認めています。

母の母父に欧州型ノーザンダンサー系のコマンダーインチーフを内包するディープインパクト産駒で、今回一気にメンバーレベルが上がりますが血統的な魅力は十分です。


続いてクリスティは、ディープインパクトの後継種牡馬のキズナ産駒。この3歳世代が初年度産駒となるキズナ産駒ですが、クリスタルブラック、マルターズディオサと多くの活躍馬を送り出しており、勢いがあります。

ディープインパクトとは少し特徴が異なるキズナ産駒ですが、同じディープ系と捉えれば、フラワーカップでの血統適性は見込めます。ダイナマイトダディやトゥナンテ、イングランディーレなどを送り出しているシャダイクリアー牝系も魅力です。

阪神ジュベナイルフィリーズは8着と凡走しましたが、敗因としては馬体重が重く反応が悪かったことがあげられます。阪神ジュベナイルフィリーズ次戦となる前走の2歳1勝クラスでは、馬体重を10kg絞って実力馬アリストテレスを完封しています。休み明けとなりますので馬体重は要チェックですが、能力は高く評価すべき一頭でしょう。

ここまで瞬発力勝負のレースで結果を残してきている馬なだけに、中山コース独特の持続力勝負にレースが寄った際に、どこまで力を発揮してくるかにも注目です。


最後にレッドルレーヴは、名牝系のダイナカール牝系の馬。母系に欧州型グレイソヴリン系の血統を内包するキングカメハメハ産駒は、2016年のフラワーカップの勝馬エンジェルフェイスと同じであり、高評価です。

新馬戦はサトノクラウンの半弟で共同通信杯でも3着と好走したフィリオアレグロに半馬身差の2着。3着シェーンクラートには6馬身の差をつけており、この2頭の能力が際立ちました。

続く2戦目は中山芝2000mの3歳未勝利戦を使われ、前半1000mが59.7とタフな展開となりました。直線でもごちゃつくシーンがありましたが、馬群を割って力強く伸び快勝。

良血馬としての血統背景だけでなく、この2戦の内容も素質の高さを感じさせます。追い切りの状態が問題なければ、上位評価したい一頭です!



以上、この記事では「フラワーカップ」の好走血統など予想のポイントについて特集しました!

なお、フラワーカップの最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
ぜひ、ご参考下さい!

競馬知恵袋
【フラワーカップ2020 最終予想】3連勝中の血統から狙う!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「フラワーカップ」の最終予想について特集します。 フラワーカップの馬券予想にご参考いただけるよ ...

続きを見る

なお最終予想は、レース前日の木曜日に別記事でご紹介します。最終予想についても、ぜひご参考下さい!

ご紹介した内容が、フラワーカップの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.