ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【日経賞2020 予想】絶対に抑えるべき血統、レース傾向、ラップ適性!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「日経賞」の予想のポイントと推奨馬について特集します!

ご紹介する内容は、日経賞の好走血統とラップ適性、レース傾向、そして1週前推奨馬の4点です。

馬券予想にご参考いただけるようしっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読み下さい。



動画でご紹介!日経賞の予想のポイント

日経賞の予想のポイントは、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



日経賞の好走血統

まず初めに、日経賞の好走血統についてご紹介します

こちらは、日経賞の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の3代までの血統をまとめた表です!

日経賞 好走血統
日経賞 好走血統
※クリック・タップすると画像が拡大します。

好走馬の血統を分析して導く好走血統は2点!
1点目が「リボー系の血統を内包」、そして2点目が「父スタミナ型サンデー系。特にステイゴールド系」です。

まず1点目の「リボー系の血統を内包」ですが、昨年2019年1着のメイショウテッコン、2018年1着のガンコ、2017年1着のシャケトラと直近3連勝中の好走血統です!
このリボーの血統は、立ち気味な肩と前駆の発達、そして前脚を強く掻き込む走法が特徴といえます。 そのため、リボーの血統は小回り急坂コースが得意です。

日経賞は、まずリボーの血統に注目といえます!


続いて好走血統の2点目が、「父スタミナ型サンデー系。特にステイゴールド系 」 です。

2019年のメイショウテッコンとエタリオウ、2018年のガンコとチェスナットコート、2017年のシャケトラとミライヘノツバサ、と日経賞では直近3年連続で父スタミナ型サンデー系が1着、2着を独占しています。

その中でも2019年2着のエタリオウ、2018年1着のガンコ、2017年2着のミライヘノツバサと父ステイゴールド系が3年連続で連対しています。

好走血統の1点目で取り上げた「リボーの血統を内包」に加えて、日経賞では 「父スタミナ型サンデー系。なかでもステイゴールド系」の血統にも注目といえます。


日経賞の好走血統の該当馬

なお1週前の日経賞の出走予定馬で、好走血統に該当する馬は下記となります。

【好走血統 該当馬】

〇リボーの血統を内包
・ウインイクシード

〇父ステイゴールド系
・エタリオウ
・ガンコ
・クレッシェンドラヴ
・スティッフェリオ
・マイネルカレッツァ



日経賞のラップ適性

それでは次に、日経賞の予想のポイントの2点目としてラップ適性についてご紹介します!

こちらは日経賞の過去5年の1ハロン毎の個別ラップをまとめたグラフです。

日経賞 ラップ適性
日経賞 ラップ傾向

日経賞のラップ傾向の特徴としては、ラスト5Fから一気にラップが速くなり、その後ゴールまで持続力勝負が続くことです。

2016年こそ、道中で極端にペースが緩んで超瞬発力勝負となりましたが、その年を除けば、持続力勝負が日経賞の基本パターンです。

ただし多少の瞬発力も求められる傾向にあります。
そのため、ラップ適性は「持続力に寄ったバランス型」と捉えるべきです。

日経賞はラスト5Fからのギアチェンジに対応する一定の瞬発力と、中山芝中距離戦らしいタフな持続力勝負のラップ適性を評価したいレースといえます。



日経賞のレース傾向

ここからは、日経賞のレース傾向についてご紹介します!

日経賞を予想する上で、抑えておきたいレース傾向は3点です。

【日経賞 レース傾向】

・4歳馬が好成績

・軽斤量が走る

・前走日経新春杯組に好走

まず1点目のレース傾向は、「4歳馬が好成績」であることです。

過去5年の日経賞では、4歳馬が13頭出走して3勝、2着3回と好成績です。昨年はメイショウテッコン、エタリオウの4歳馬で1着、2着決着でした!

なお今年の出走予定馬で、4歳馬に該当する馬はモズベッロの一頭のみです。
唯一の4歳馬であるモズベッロには、注目でしょう!


続いて2点目のレース傾向は、「軽斤量が走る」ことです。

過去5年の日経賞では、斤量55.0kg未満の馬が11頭出走して2勝、2着3回、3着1回と抜群の成績を残しています。その複勝率は54.5%!

このレース傾向から、今年も斤量55.0kg未満の軽斤量馬には注目です。


最後にレース傾向の3点目ですが、「前走日経新春杯組が好走」していることです。

過去5年の日経賞では、前走日経新春杯組から3頭の勝馬が出ています。2019年のメイショウテッコン、2017年のシャケトラ、2016年のアドマイヤデウスが、その該当馬となります。

今年も日経新春杯1着、2着馬のモズベッロ、レッドレオンが出走予定です。
注目の2頭といえるでしょう!




日経賞の1週前推奨馬

それでは、この記事の最後に日経賞の1週前時点での推奨馬を1頭ご紹介します!

1週前時点の推奨馬は「ウインイクシード」です!


好走血統のリボーの血統を母父に持つマンハッタンカフェ産駒のウインイクシード。
マンハッタンカフェ産駒は2019年のメイショウテッコン、2017年のシャケトラと直近3年の日経賞で2勝しており、この血統背景が大きな魅力です。

近走は芝2000m、芝1800mを中心に使われていますが、過去には函館芝2600mの駒ケ岳特別で3着と結果を残しており、芝2500mへの距離延長も問題ありません。

また非根幹距離に強いマンハッタンカフェ産駒。
さらにウインイクシードは、ここまで距離延長ローテを10戦して2勝、2着3回、3着2回と抜群の成績を残しています。この成績から、明らかに距離延長ローテを得意とする馬といえます。

気になる状態ですが、1週前追切は美南Wで併せ馬で一杯に追われ、5F68.7-ラスト1F12.8の時計をマーク。時計的に少し物足りない印象も受けますので、この一追いでの変わり身に期待したいところです!
あとは最終追切の内容次第でしょう。

いずれにせよ、血統的な魅力が大きく期待したい一頭です!



以上、この記事では「日経賞」の予想のポイントと推奨馬について特集しました!

なお日経賞の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
最終予想についても、ぜひご参考下さい!

競馬知恵袋
【日経賞2020 最終予想】信頼の好走血統!今年は穴馬が本命だ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「日経賞」の最終予想について特集します。 ご紹介する内容は、日経賞の予想のコンセプトとなる血統 ...

続きを見る

ご紹介した内容が、日経賞の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.