ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【高松宮記念2020 予想】絶対に抑えるべき血統、レース傾向、ラップ適性!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目のG1競走「高松宮記念」の予想のポイントと推奨馬について特集します!

ご紹介する内容は、高松宮記念の好走血統とラップ適性、レース傾向、そして1週前推奨馬の4点です。

馬券予想にご参考いただけるようしっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読み下さい。



動画でご紹介!高松宮記念の予想のポイント

高松宮記念の予想のポイントは、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



高松宮記念の好走血統

まず初めに、高松宮記念の好走血統についてご紹介します

こちらは、高松宮記念の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の3代までの血統をまとめた表です!

高松宮記念 好走血統
高松宮記念 好走血統
※クリック・タップすると画像が拡大します

高松宮記念の好走血統は2点!
1点目が「アドマイヤムーンを筆頭とするフォーティナイナー系の血統」、そして2点目が「スピードの持続力を強化するストームバード系など米国型ノーザンダンサー系の血統」です。

まず1点目の「アドマイヤムーンを筆頭とするフォーティナイナー系の血統」ですが、2019年2着・2017年1着のセイウンコウセイ、2018年1着のファインニードル、2017年3着のレッドファルクス、2015年2着のハクサンムーンと好走が目立ちします。なかでもアドマイヤムーン産駒は、直近3年連続で連対している信頼できる血統です。

アドマイヤムーンは現役時代の中距離戦での活躍とは異なり、フォーティナイナーの短距離戦でのパワフルなスピードを伝える種牡馬。
まず高松宮記念の好走血統の一点目として、「フォーティナイナー系、特にアドマイヤムーンの血が活きる」という点はしっかりと抑えておく必要があります。


続いて好走血統の2点目が、「スピードの持続力を強化するストームバード系など米国型ノーザンダンサー系の血統」 についてです。

昨年1着ミスターメロディの父がストームバード系のスキャットダディ、2着セイウンコウセイの母父がボールドルーラー系のカポウティ、3着ショウナンアンセムの母父がヴァイスリージェント系のクロフネと、昨年は父か母父に米国型血統を取り込み、その色が強い馬によって1着から3着まで上位独占となりました。

その中でも、2019年勝馬のミスターメロディや2017年3着のアルビアーノなどストームバード系をはじめとする米国型ノーザンダンサー系の血統の好走が目立ちます。

先ほどご紹介した1点目の「フォーティナイナー系の血統」とも通ずるものがありますが、高松宮記念ではストームバード系やヴァイスリージェント系といったスピードの持続力が特徴の血統が活きるレースです。

好走血統の1点目で取り上げた「フォーティナイナー系の血統」に加えて、米国型ノーザンダンサー系の「ストームバード系やヴァイスリージェント系の血統」にも注目したいところです。


高松宮記念の好走血統の該当馬

なお1週前の高松宮記念の出走予定馬で、好走血統に該当する馬は下記となります。

【好走血統 該当馬】

〇フォーティナイナー系の血統
・セイウンコウセイ(父:アドマイヤムーン)

〇父か母父に米国型ノーザンダンサー系の血統
・シヴァージ(父:ストームバード系)
・ダノンスマッシュ(母父:米国型ダンジグ系)
・ノームコア(母父:ヴァイスリージェント系)
・ミスターメロディ(父:ストームバード系、母父:ヴァイスリージェント系)
・モズアスコット(母父:ストームバード系)
・モズスーパーフレア(母父:米国型ダンジグ系)



高松宮記念のラップ適性

それでは次に、高松宮記念の予想のポイントの2点目としてラップ適性についてご紹介します!

こちら高松宮記念の過去5年の1ハロン毎の個別ラップをまとめたグラフです。

高松宮記念 ラップ適性
高松宮記念 ラップ適性

短距離G1「春のスプリント決定戦」にふさわしく、とにかくハナから飛ばして最後までスピードの持続力を活かして粘りきる、そのようなラップ傾向といえます。

具体的には、スタート後の位置取り争いが熾烈となる2ハロン目を最速として、その後はゴールまで緩やかにラップが落ちていく傾向を示しています。

このラップ傾向は、「ハナから飛ばして、そのままスピードで粘り込む」ことが特徴の米国競馬と同じです。先ほど好走血統の際にご紹介した「米国型血統」が走る理由は、ここにあります。

そのような高松宮記念ですが、求められるラップ適性は「底力型」。
そして同様に抑えておきたいのがラップスピードが、「超高速ラップ」であること。

今回スプリント戦が初めてとなる出走予定馬も複数いますから、「超高速ラップの底力型」のレース適性を過去のレースで示しているかどうかが、ラップ的予想のポイントといえます!



高松宮記念のレース傾向

ここからは、高松宮記念のレース傾向についてご紹介します!

高松宮記念を予想する上で、抑えておきたいレース傾向は4点です。

【高松宮記念 レース傾向】

・逃げ馬が不振

・2枠が絶好枠

・前走馬体重480㎏以上の馬が好走

・シルクロードステークス組が走る

まず1点目のレース傾向は、「逃げ馬が不振」であることです。

過去5年の高松宮記念では、逃げ馬が全て2桁着順となっています。昨年2番人気のモズスーパーフレアや2017年4番人気のシュウジも大敗しています。高松宮記念で逃げ馬は、明らかに不振です。


続いて2点目のレース傾向は、「2枠が絶好枠」であることです。

過去5年の高松宮記念では2枠が3勝、2着2回と抜群の成績をあげています。昨年はミスターメロディ、セイウンコウセイと2枠に入った馬での1着、2着決着でした。今年も絶好枠2枠に入った馬は要チェックでしょう!


次に3点目のレース傾向ですが、「前走馬体重480㎏以上の馬が好走」していることです。

高松宮記念は大型馬が好走する傾向にあるレースです。それを示すかのように、過去5年の成績では前走馬体重480㎏以上の馬で5勝、2着5回、3着4回。前走480㎏未満で出走した馬は、過去5年で1頭しか馬券に絡めていません。

なお、1週前時点の出走予定馬で前走480kg未満の馬は、アイラブテーラー、アウィルアウェイ、グランアレグリア、ゴールドクイーン、ダイアトニック、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、ナインテイルズ、ノームコア(前々走富士ステークス)、ラブカンプーの10頭が該当します。
レース傾向からは、評価を割引くべき10頭となります。


最後のレース傾向となる4点目は「シルクロードステークス組が走る」ことです。

過去5年の高松宮記念では、直近4年連続で前走シルクロードステークス組が連対しています。2019年2着・2017年1着のセイウンコウセイ、2018年1着のファインニードル、2016年1着のビッグアーサーが該当馬となります。

今年の高松宮記念においても、前走シルクロードステークス組のアウィルアウェイ、ナランフレグ、モズスーパーフレア、セイウンコウセイの4頭が出走登録を行っています。

除外の可能性もある馬もいますが、この4頭には注目でしょう!



高松宮記念の1週前推奨馬

それでは、この記事の最後に高松宮記念の1週前時点での推奨馬を1頭ご紹介します!

1週前時点の推奨馬は「セイウンコウセイ」です!


2017年の勝馬で昨年2019年も2着と高松宮記念で高いレース適性を示す同馬。
血統としても、父は好走血統のアドマイヤムーンで高く評価ができます!

牝系は、セイウンコウセイの他に2015年のNHKマイルカップを勝ったクラリティスカイを出しているパテントリークリア牝系で活力があります。この牝系は左回りに強く、特に中京コースでは単勝回収率・複勝回収率が100%を超える良績です。

4年連続連対するシルクロードステークス組ですし、馬体重も500kg超えの大型馬!
レース傾向も合致します。

その上で大きく評価したいのが、「状態」です。
1週前追切では、美南Wで一杯に追って6F76.8-ラスト1F12.5と自己ベストをマーク。内目を通った分時計が出た印象を受けなくはないですが、映像の動きも力強く、1週前時点ではかなり状態が良いといえます。

あとは最終追息の状態と好枠さえ引いてくれれば、今年も一発が十分に考えられる一頭です!



以上、この記事では「高松宮記念」の予想のポイントと推奨馬について特集しました!

なお高松宮記念の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
最終予想についても、ぜひご参考下さい!

競馬知恵袋
【高松宮記念2020 最終予想】好走血統の穴馬で勝負!激走に期待!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、春のスプリント王決定戦「高松宮記念」の最終予想について特集します。 ご紹介する内容は、高松宮記念の予想のコン ...

続きを見る

ご紹介した内容が、高松宮記念の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.