血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【毎日杯2020 予想】絶対に抑えるべき血統、レース傾向、ラップ適性!

更新日:

血統分析

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「毎日杯」の予想のポイントと推奨馬について特集します!

ご紹介する内容は、毎日杯の好走血統とラップ適性、レース傾向、そして1週前推奨馬の4点です。

馬券予想にご参考いただけるようしっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読み下さい。



動画でご紹介!毎日杯の予想のポイント

毎日杯の予想のポイントは、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



毎日杯の好走血統

まず初めに、毎日杯の好走血統についてご紹介します

こちらは、毎日杯の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の3代までの血統をまとめた表です!

毎日杯 血統
毎日杯 血統

毎日杯の好走馬の血統を分析して導く好走血統は1点!
それは、「ディープインパクト産駒」です!

この好走血統のディープインパクト産駒ですが、2019年2着のウーリリ、3着のヴァンドギャルド、2018年2着のギベオン、2017年1着のアルアイン、2着のサトノアーサー、2015年3着のアンビシャスと過去5年で6頭の馬が馬券に絡んでいます。

2016年こそ馬券に絡めていませんが、これはこの年のディープインパクト産駒がディープイクシードの一頭しか出走しなかったことに起因します。

毎日杯が行われる阪神芝1800mは、阪神芝外回りの大箱コース。
やはり、ディープインパクト産駒特有のキレ味が活きます。


このように過去5年の毎日杯で好成績をあげるディープインパクト産駒ですが、対象期間を過去10年に延ばして成績を分析してみても、27頭中3勝、2着5回、3着5回、複勝率48.1%と抜群です。

なかでも1番人気、2番人気に限定した「人気のディープインパクト産駒」の成績は11頭中、3勝、2着3回、3着3回、4着1回、5着1回と掲示板を外していません。

このような成績から、毎日杯で「ディープインパクト産駒」は非常に信頼度が高い血統といえます。


毎日杯の好走血統の該当馬

なお1週前の毎日杯の出走予定馬で、好走血統に該当する馬は下記となります。

【好走血統 該当馬】

〇ディープインパクト産駒
・アルジャンナ
・サトノインプレッサ
・ストーンリッジ
・ダノンアレー
・プラムフェイズ



毎日杯のラップ適性

それでは次に、毎日杯の予想のポイントの2点目としてラップ適性についてご紹介します!

こちらは毎日杯の過去5年の1ハロン毎の個別ラップをまとめたグラフです。

毎日杯 ラップ傾向

毎日杯のラップ傾向の特徴は、ラスト3Fから一気にラップが速くなり末脚勝負。
つまり、「瞬発力型」のラップ適性を示しています。

このあたりは、やはり大箱の阪神芝外回りコースでの一戦といったところでしょうか!


過去5年の毎日杯の上り3F1位の馬の成績をみても、6頭該当馬がいて1勝、2着2回、3着2回、4着1回と好成績。

このラップ傾向と上り3F1位の馬の成績から、毎日杯は上り3Fで速い脚を使える馬が狙い目のレースと言えます。



毎日杯のレース傾向

ここからは、毎日杯のレース傾向についてご紹介します!

毎日杯を予想する上で、抑えておきたいレース傾向は3点です。

【毎日杯 レース傾向】

・1番人気の信頼度が高い

・1馬枠に注目

・上り3F最速の馬が馬券に絡む

まず1点目のレース傾向は、「1番人気の信頼度が高い」ことです。

過去5年の毎日杯は1番人気馬が2勝、2着1回、3着2回と全て馬券に絡む好成績をあげています。

2017年はサトノアーサーが2着、2018年はブラストワンピースが1着、2019年はヴァンドギャルドが3着と好走しています。

今年は事前の想定人気では、アルジャンナが1番人気想定です。
しかも、このアルジャンナは好走血統のディープインパクト産駒。

レース傾向からいくと、アルジャンナの期待値はかなり高いといえそうです!


続いて2点目のレース傾向は、「1番枠に注目」です。

過去5年の毎日杯では、1番枠に入った馬が2勝、2着2回、5着1回、7着1回と好成績をあげています。

また特筆すべきは、直近3年連続で連対していること。2017年はサトノアーサーが2着、2018年はブラストワンピースが1着、2019年はランスオブプラーナが1着と好走しています。

今年も最内1番枠に入った馬は、要チェックでしょう!


最後にレース傾向の3点目ですが、「上り3F最速の馬が馬券に絡む」ことです。

ラップ適性のパートでもご紹介しましたが、毎日杯は末脚勝負の一戦であり、上り3F最速の馬が毎年馬券に絡みます。過去5年の毎日杯の上り3F1位の馬の成績は、6頭該当馬がいて1勝、2着2回、3着2回、4着1回と抜群です。

とにかく終いで鋭くキレる馬を狙いたいところです!



毎日杯の1週前推奨馬

それでは、この記事の最後に毎日杯の1週前時点での推奨馬を1頭ご紹介します!

1週前時点の推奨馬は「ストーンリッジ」です!


好走血統のディープインパクト産駒で、母父はフレンチデピュティの配合のストーンリッジ。父ディープインパクト×母父フレンチデピュティの配合は、2019年2着のウーリリ、2018年2着のギベオンと同じであり、好走血統の中でもさらに好走血統といえる血統背景です。

また全兄には2009年の毎日杯で2着のマウントシャスタがいます。
このように血統的には、文句のつけようがないほどの好走血統です!

また母クロウキャニオンからはストーンリッジやマウントシャスタの他に、レパードステークスを勝ったボレアス、弥生賞を勝ったカミノタサハラ、共同通信杯2着のベルキャニオンなど多くの活躍馬が出ており、非常に優秀な牝系です。

このクロウキャニオンの仔は、ディープインパクトを積極的に配合されることも重なり、大箱コースで良績で特に東京、京都外回り、阪神外回りで滅法強い特徴を持ちます。
実際に、クロウキャニオンの仔の阪神芝1600mの成績は19戦して2勝、2着3回、3着3回、複勝率42.1%。阪神芝1800mに至っては7戦ですが2勝、2着2回、複勝率57.1%と抜群です。


新馬戦、前走のきさらぎ賞と過去2戦、スローの瞬発力勝負で好走しており、ラップ適性も問題ありません。


また、ストーンリッジを推奨馬として後押ししたい理由がもう一点あり、それが現在の阪神の芝コースの馬場傾向です。

現在の阪神芝コースは良好な馬場コンディションが続いており、内・外の馬場差は少ない状況です。そのため、逃げ・先行有利なレースが続いています。

実際に先週の阪神芝コースの連対数を脚質別で分析すると、逃げが7頭、先行が13頭、差しが3頭、追込みが3頭となっており、明らかに逃げ・先行有利の成績となっています。

今週も天気が崩れなければ、この馬場傾向は続くと考えます。

このような馬場傾向も考慮して、1週前推奨馬は同じディープインパクト産駒で1番人気が想定されるアルジャンナではなく、先行力があって高い安定感を誇るストーンリッジを推奨馬にしました!

あとは直前の追切から状態をしっかりと見極めて、最終ジャッジを下したいところです。



以上、この記事では「毎日杯」の予想のポイントと推奨馬について特集しました!

なお毎日杯の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
最終予想についても、ぜひご参考下さい!

競馬知恵袋
【毎日杯2020 最終予想】信頼の鉄板血統!今年はこの馬が本命だ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「毎日杯」の最終予想について特集します。新型コロナウイルスの影響が気になる状況ではありますが、 ...

続きを見る

ご紹介した内容が、毎日杯の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.