血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【毎日杯2020 最終予想】信頼の鉄板血統!今年はこの馬が本命だ!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞競走「毎日杯」の最終予想について特集します。
新型コロナウイルスの影響が気になる状況ではありますが、競馬については通常通り開催されることを前提に予想を行っていきたいと思います。

この記事でご紹介する内容は、毎日杯の予想のコンセプトとなる血統傾向と予想印の2点です。

馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!毎日杯の最終予想

毎日杯の最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



毎日杯の予想のコンセプト

まず初めに、毎日杯の予想のコンセプトとなる血統傾向についてご紹介します。

こちらは毎日杯の過去5年の3着内に入った好走馬の3代までの血統をまとめた表です。

毎日杯 血統
毎日杯 好走血統
※クリック・タップすると拡大します。

この毎日杯の好走馬の血統を分析して導く好走血統は1点で、「ディープインパクト産駒」となります。

この好走血統のディープインパクト産駒ですが、2019年2着のウーリリ、3着のヴァンドギャルド、2018年2着のギベオン、2017年1着のアルアイン、2着のサトノアーサー、2015年3着のアンビシャスと過去5年で6頭の馬が馬券に絡んでいます。

毎日杯が行われる阪神芝1800mは、阪神芝外回りの大箱コース。
やはり、ディープインパクト産駒特有のキレ味が活きます。


この好走血統に加えて抑えておきたいのが、直近の阪神芝コースで活躍する血統である「トレンド血統」です。

このトレンド血統についてですが、こちらも「ディープインパクト産駒」となります。

先週の日曜メインの阪神大賞典では、ディープインパクト産駒のトーセンカンビーナが2着、メイショウテンゲンが3着。また土曜日メインの若葉ステークスではアドマイヤビルゴが快勝しています。

今開催の阪神芝コースの種牡馬別成績を分析しても、ディープインパクト産駒が54頭出走して6勝、2着10回、3着5回、複勝率にして38.9%と好成績をあげています。

好走血統、トレンド血統ともに「ディープインパクト産駒」となれば、毎日杯でも「ディープインパクト産駒」を中心に予想を組み立てざる負えません。


なお血統傾向以外の毎日杯の予想のポイントとしては、下記があげられます。
この傾向についても、要チェックです。

【毎日杯のラップ適性】

〇ラスト3Fから一気にラップが速くなる「瞬発力型」


【毎日杯の過去5年のレース傾向】

〇1番人気の信頼度が高い

〇1馬枠に注目

〇上り3F最速の馬が馬券に絡む

ここまで、毎日杯の予想のポイントについてご紹介しました!


毎日杯の予想印と根拠

それでは、ここからは毎日杯の予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)⑥ストーンリッジ

今年の毎日杯の本命は、⑥ストーンリッジです!

予想のコンセプトの際にもお伝えしましたが、血統傾向としてディープインパクト産駒の好走傾向がここまで如実に出ているのであれば、ディープインパクト産駒から狙わざる負えない一戦と考えています。

その中で本命としたのが、直近の阪神芝コースの前有利な馬場傾向で先行できる強みがあるディープインパクト産駒のストーンリッジです。

血統は母がクロウキャニオンでボレアス、マウントシャスタ、カミノタサハラ、ベルキャニオンの全弟にあたります。兄のマウントシャスタは2009年の毎日杯で2着と好走しており、毎日杯で高いレース適性を示す牝系です。

父ディープインパクト×母父フレンチデピュティの配合は、マカヒキやショウナンパンドラと同じ配合です。この配合は、「パワー先行型ディープインパクト産駒」といった印象です。

その配合を表現するかのように、前駆主体の力強い走りはパワフル。そのパワフルな走りとディープにしてはピッチな走りからは、急坂コースに対する高い適性が見込めます。

最終追切も栗東坂路で4F53.6-ラスト1F12.1の自己ベストをマーク。走りにも力感があって、状態は良さそうです。

ここは好勝負できると予想します!


〇(対抗)⑧サトノインプレッサ

対抗には、⑧サトノインプレッサを推奨します!

毎日杯のレースが行われる当日の天候は、現状崩れることが予想されます。
その中でストーンリッジに次ぐ2番手評価で推したいのが、既に道悪適性を示しているディープインパクト産駒のサトノインプレッサです。

このサトノインプレッサは新馬戦、こぶし賞の過去2戦ともに重馬場をこなして勝ちきっています。この実績は、母の母父Pleasant Tapのリボーの血が活きている印象です。
ただ、その「しなやかな走り」からは重馬場巧者という印象は受けませんので、良馬場を主体として道悪もこなすといった馬でしょう。いずれにせよ、道悪適性を示している点は評価ができます。

血統に目を向けると、母サプレザは2009年~2011年の英国のサンチャリオットSを三連覇。また2009~2011年にかけてマイルCSで3着・4着・3着と好走しており、日本でも馴染みが深い馬です。

サトノインプレッサは首の使い方がうまく、体全体を使ったしなやかな走りでいかにもディープインパクト産駒といった印象。素質は非常に高いと捉えています。

最終追切については栗東CWで強めに追って6F80.6-ラスト1F12.2の優秀な時計をマークしています。仕掛けられてからの伸びも良好で、ここは好走が期待できます!


▲(単穴)②アルジャンナ

単穴には、②アルジャンナを推します!

母コンドコマンドは、米国のダート7ハロンの2歳G1スピナウェイSを勝った活躍馬。初年度産駒で、ディープインパクトと配合されたのがアルジャンナです。

母系の血統はインリアリティ系のTiz Wonderful、ボールドルーラー系のGeneral Meetingと米国的スピードが特徴で、米国牝系にディープインパクトの配合はディープインパクト産駒の成功パターンとえいます。

このように血統背景は申し分ないアルジャンナですが、今回は脚質と道悪適性について疑問符がつきます。

現状の阪神芝コースの逃げ・先行有利な馬場は追込脚質のアルジャンナにとって有利に働くとは思えませんし、大跳びな走りからは時計が出る良馬場がベストと考えています。

最終追切では栗東坂路で加速ラップで自己ベストをマークしており、状態面は良さそうですが、脚質・道悪適性の2点が気になり、今回は単穴評価に留めました。


△(連下)⑤ダノンアレー、①アーヴィンド

最後に連下には⑤ダノンアレー、①アーヴィンドを抑えます!

ダノンアレーは好走血統のディープインパクト産駒。
直近2戦はつばき賞、アルメリア賞と2戦連続2着が続いていますが、堅実性はあります。先行できる脚質も魅力ですので、3着候補では抑えておきたい一頭です。

アーヴィンドはディープ系のキズナ産駒の一頭。
ダートのデビュー戦を勝った1戦1勝馬ですが、Secretariatの5×5のクロスを内包しており、柔らかさも備える血統背景なので芝もこなすと捉えています。未知の魅力という点では面白い一頭です!



以上、この記事では血統を軸にして「毎日杯」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が馬券を予想する上で、ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.