ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【マーチステークス2020 最終予想】好走血統の穴馬で勝負!激走に期待!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞競走「マーチステークス」の予想について特集します。

ご紹介する内容は、マーチステークスの予想のコンセプトとなる血統傾向と予想印の2点です。
馬券予想にぜひご参考ください!



動画でご紹介!マーチステークスの最終予想

マーチステークスの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



マーチステークスの予想のコンセプト

初めに、マーチステークスの予想のコンセプトとなる血統傾向についてご紹介します。

この予想のコンセプトとなる血統傾向は、マーチステークスの過去5年の好走馬の血統から導く好走血統と直近の中山ダートコースで活躍するトレンド血統の2点です。

まずは、好走血統についてご紹介します。

マーチステークスの好走血統は1点!
それは「ヴァイスリージェント系の血統」です。

こちらはマーチステークスの過去5年の好走馬の3代までの血統をまとめた表ですが、マーチステークスでは「ヴァイスリージェント系の血統」を内包する馬が過去5年で7頭も馬券に絡む活躍をみせています。昨年2019年のサトノティターン、2017年のインカンテーション、2015年のマイネルクロップと3勝をあげていることも見逃せません。

マーチステークス 好走血統
マーチステークス 好走血統
※クリック・タップすると拡大します。

マーチステークスでは、好走血統の「ヴァイスリージェント系の血統」に注目です。


次に、直近の中山ダートコースで活躍する血統であるトレンド血統について取り上げます。

このトレンド血統は、「父サンデー系」です。
今開催の中山ダート1800mでは、父サンデー系の出走馬が好走傾向です。

先週までの開催で中山ダート1800mのレースは32戦行われていますが、サンデー系のゴールドアリュール、キズナ、ハーツクライ、ネオユニヴァースが2勝をあげており勝利数はトップ。しかも複勝率は4頭ともに50.0%を超えています。

マーチステークスの予想を進める上で、好走血統に加えてこのトレンド血統についても注目といえます。

ここまで、マーチステークスの予想のコンセプトについてご紹介しました!


マーチステークスの予想印と根拠

それでは、ここからはマーチステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)⑯アシャカトブ

本命は、⑯アシャカトブです!

マーチステークスで5年連続で馬券に絡む好走血統の「ヴァイスリージェント系の血統」を内包するシニスターミニスター産駒のアシャカトブ。シニスターミニスター産駒は2017年にインカンテーションがマーチステークスを勝っています。

母父はキングカメハメハで、中山ダート1800m巧者の血統。
その血統背景を示すかのように、アシャカトブはここまで中山ダート1800mを5戦して3勝、2着1回と抜群の成績をあげています。

今回は、前走上総ステークスから斤量が3.0kg減となる54.0kgの軽斤量となります。その点も魅力です。

気になる状態ですが、前走から中2週ということで在厩で調整されて、中間は追切を3本こなしています。最終追切では体全体を使った伸びのある動きを見せており、好気配です。

ここは好走血統を根拠に、穴狙いでアシャカトブを本命とします!


〇(対抗)⑩スワーヴアラミス

対抗には、⑩スワーヴアラミスを推奨します!

父はトレンド血統のサンデー系のハーツクライ。
ハーツクライ産駒は今開催の中山ダート1800mのレースにおいて、8戦して2勝、3着2回と活躍をみせています。

母父はサドラーズウェルズ系のスライゴベイ。
父ハーツクライ×母父サドラーズウェルズ系の配合は、中山ダート1800mに強い配合で、直近5年の中山ダート1800mで25戦して複勝率36.0%、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えています。

この血統背景は高く評価ができます!

スワーヴアラミスはダートに転向後11戦していますが、いずれも馬券圏内と非常に堅実です。直近3戦のリステッド競走、オープン競走でも高い能力を見せています。

状態面に目を向けると、前走アルデバランステークス後にグリーンウッドでの外厩調整を挟んで3月上旬に帰厩。帰厩後は、追切を15本と精力的にこなしています。2週前の3月11日に一杯に追われて以降は馬なりでの調整が続いていることが若干気になりますが、動き自体は悪くありませんので、ここでも力は発揮してくるでしょう。

固めの予想で進めるなら、馬券の軸には最適な一頭です!


▲(単穴)⑫ワイルドカード

単穴には、⑫ワイルドカードを推します!

父ストリートセンスは非根幹距離のダート1800mに強い血統。
産駒デビュー以来、ダート1800mでの成績は、126戦して複勝率27.8%(ストリートセンス ダート平均複勝率25.4%)、単勝回収率、複勝回収率ともに100%超えと好成績を残しています。

実際にワイルドカード自身もダート1800mは、ここまで6戦して3勝、2着1回、3着1回と抜群の成績を残しています。

状態面においては、最終追切で美浦南Wで自己ベストに近い好時計をマーク。脚の捌きが非常に良く、状態面の良さを伺わせます。

前走同様に好勝負が期待できそうです!


☆(星)⑥ルールソヴァール

続いて、穴馬で注目したい星評価には⑥ルールソヴァールを推奨します!

父は好走血統のヴァイスリージェント系のフレンチデピュティ。
2017年のみやこステークスで2着、2018年には交流重賞の佐賀記念を勝った実力馬です。

中山ダート1800mは7戦して1勝、2着3回と高いコース適性も誇ります。

今回は前走のスレイプニルステークスから10月の長期休養明けとなりますが、追切では連対時に近い好時計を出しています。

叩いていいタイプの馬ではありますが、状態面はまずまずとなれば、血統背景からはマークしておきたい一頭です。
大穴として狙うなら、面白い一頭でしょう!


△(連下)⑭メイショウワザシ、②クリンチャー、⑦タイムフライヤー

最後に連下には、⑭メイショウワザシ、②クリンチャー、⑦タイムフライヤーを抑えます!

メイショウワザシは中山ダート1800mで美味しい血統のアイルハヴアナザー産駒。アイルハヴアナザー産駒は、直近5年の中山ダート1800mで単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超える信頼できる血統です。
リアンヴェリテとのハナ争いは気になりますが、血統的に好走が期待できます。

クリンチャーはトレンド血統の父サンデー系のディープスカイ産駒の馬。前走の仁川ステークスで2着とダートでの走りに目途が立ちました。能力的には上位争いできる馬ですので、内枠をうまく立ち回ることができれば、前走同様に馬券圏内は考えられます。

最後にタイムフライヤーですが、この馬も父はトレンド血統のサンデー系のハーツクライ。2歳時にはG1ホープフルステークスを勝っており、前走のフェブラリーステークスは5着と、実績はメンバー中最上位です。前向きな気性と根幹距離で良績の馬のため、今回の1800mへの距離延長ローテを嫌って連下評価としましたが、能力的には上位争いできる一頭です!



以上、この記事では血統を軸にして「マーチステークス」の最終予想について特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券を予想する上で、ご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.