ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【高松宮記念2020 最終予想】好走血統の穴馬で勝負!激走に期待!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、春のスプリント王決定戦「高松宮記念」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、高松宮記念の予想のコンセプトとなる血統傾向と予想印の2点です。
馬券予想にぜひご参考ください!



動画でご紹介!高松宮記念の最終予想

高松宮記念の最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



高松宮記念の予想のコンセプト

まず初めに、高松宮記念の予想のコンセプトとなる血統傾向についてご紹介します。

この予想のコンセプトとなる血統傾向は、高松宮記念の過去5年の好走馬の血統から導く好走血統と直近の中京芝コースで好走するトレンド血統の2点です。

まず好走血統については2点!
「アドマイヤムーンを筆頭とするフォーティナイナー系の血統」、「ストームバード系など米国型ノーザンダンサー系の血統」 があげられます。

「アドマイヤムーンを筆頭とするフォーティナイナー系の血統」は、直近の高松宮記念で3年連続で連対している信頼の血統です。 一方、「ストームバード系など米国型ノーザンダンサー系の血統」についても、昨年の高松宮記念で父か母父にこの血統を内包する馬が1着から3着までを独占しています。

双方ともに信頼が置ける血統傾向です。


次に直近の中京芝コースで好走する血統傾向であるトレンド血統は1点!
「父か母父がダンジグ系の血統」です。

この「父か母父がダンジグ系の血統」についてですが、今開催の中京芝1200mで行われたレース、計5戦全てで馬券に絡む活躍振りです。

このトレンド血統にも注目です。


なお血統傾向以外に、ラップ適性やレース傾向といった高松宮記念の予想のポイントについては、下記があげられます。
この傾向についても、しっかりと抑えておきたいところです。

【高松宮記念のラップ適性】

・超高速ラップの底力型


【高松宮記念の過去5年のレース傾向】

・逃げ馬が不振

・2枠が絶好枠

・前走馬体重480㎏以上の馬が好走

・シルクロードステークス組が走る

ここまで、高松宮記念の予想のコンセプトについてご紹介しました!


高松宮記念の予想印と根拠

それでは、ここからは高松宮記念の予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)⑫セイウンコウセイ

今年の高松宮記念の本命は、⑫セイウンコウセイです!

2017年の勝馬で昨年2019年も2着と高松宮記念で高いレース適性を示すセイウンコウセイ。
血統としても、父は直近の高松宮記念で3年連続で連対している好走血統のフォーティナイナー系のアドマイヤムーン。この血統背景は、高く評価ができます!

牝系に目を向けてもパテントリークリア牝系にあたる馬で、このパテントリークリア牝系からは、セイウンコウセイの他に2015年のNHKマイルカップを勝ったクラリティスカイが出ています。活力ある牝系で好印象です。
さらにパテントリークリア牝系は左回りに強く、特に中京芝コースでは単勝回収率・複勝回収率が100%を超える良績をあげています。

道悪が想定される馬場も向きますし、この血統背景であれば、思い切って狙って面白い一頭と考えています!


〇(対抗)⑥ダノンスマッシュ

対抗には、⑥ダノンスマッシュを推奨します!

母父が米国型ノーザンダンサー系でダンジグの後継種牡馬ハードスパンの血統構成で、好走血統の「父か母父に米国型ノーザンダンサー系」、トレンド血統の「父か母父にダンジグ系の血統」の双方を満たすダノンスマッシュ。

また父ロードカナロアは産駒デビュー以来、中京芝1200mを得意としており、ここまで22戦して5勝、2着1回、3着4回、複勝率45.5%と抜群の成績を残しています。

この血統背景に前走のオーシャンステークスの勝ちっぷりも相まって、ダノスマッシュの期待値はかなり高いです。

3枠6番の好枠に入りましたので、前走のような出遅れさえなければ馬券圏内は固いでしょう!確実に狙う予想なら、馬券の軸に最適な馬と捉えています。


▲(単穴)⑧グランアレグリア

単穴には、⑧グランアレグリアを推します!

父ディープインパクト、母父エーピーインディ系のタピットの配合で、好走血統にもトレンド血統にも該当しない同馬。

それでも推したい理由は、父ディープインパクトの中京芝1200mの相性の良さにあります。

直近5年の中京芝1200mの種牡馬別成績を分析すると、ディープインパクト産駒が77戦して10勝と勝利数トップの好成績をあげています。この勝利数は、88戦して5勝で勝利数2位のダイワメジャーにダブルスコアをつけています。
またディープインパクト産駒の複勝率についても35.1%と優秀です。

このように印象以上に中京芝1200mで好走傾向のディープインパクトを父に持つグランアレグリア。さらに、今回は最も高いパフォーマンスを発揮する傾向にあるフレッシュな休み明けのローテーションです。

スプリント適性が若干疑問視されていますが、あっさり勝ちきってもおかしくない一頭と捉えています!


☆(星)⑱ノームコア

続いて、穴馬として注目したい星評価には⑱ノームコアを推奨します!

父が欧州型ダンジグ系のハービンジャーでトレンド血統の「父か母父にダンジグ系の血統」に該当するノームコア。

確かにマイルもこなす中距離血統のハービンジャ産駒で、「電撃のスプリント戦でどうか!?」という点は不安材料です。

ただし、昨年のヴィクトリアマイルで超高速ラップへの対応力を示しています。
それに今回大外枠を引いた点は、「腹を括った競馬する」という意味では逆に良かったのではないかと考えています。

展開がハマれば、大外一気の豪脚が見られる可能性もあり得ると予想します!


△(連下)⑨タワーオブロンドン、③ダイアトニック、⑮ナックビーナス

最後に連下には、⑨タワーオブロンドン、③ダイアトニック、⑮ナックビーナスを抑えます!

タワーオブロンドンは、父レイヴンズパスで母父ダラカニと欧州型血統が先行する血統背景。ただし、父レイヴンズパスはゴーンウエスト系に分類される種牡馬。高松宮記念で求められる血統傾向である米国色を一定割合担保しており、悪くはありません。
前走オーシャンステークスを叩いての上積みも期待できますし、うまく捌ければ勝ち負けまで考えられる一頭です!

ダイアトニックは、中京芝1200mで良績のロードカナロア産駒の一頭。本質的には京都芝1400mがベストな舞台と考えていますが、絶好枠の2枠は魅力ですし、距離短縮ローテのロードカナロア産駒は侮れません。

最後にナックビーナスは、今開催の中京芝1200mのレースで大活躍するダイワメジャー産駒。今開催の中京芝1200mのレースでは、ダイワメジャー産駒が7頭出走して2着2回、3着3回と好走しており、複勝率は71.4%と抜群です。
この血統傾向からは、馬券圏内も考えられる一頭です!



以上、この記事では血統を軸にして「高松宮記念」の最終予想について特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券を予想する上で、ご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.