ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【アーリントンカップ2020 最終予想】血統×ラップから選ぶ信頼の本命馬!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞レース「アーリントンカップ」の最終予想についてご紹介します。僕の予想法である「血統×ラップ」、この2つを軸にしっかりと予想していきます。

馬券予想にぜひご参考ください!



動画でご紹介!アーリントンカップの最終予想

アーリントンカップの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



アーリントンカップの好走血統

それでは、アーリントンカップの予想に入ります。

まず初めにご紹介するのがアーリントンカップの予想のポイントとなる好走血統についてです。
なお、予想のもう一つの軸となるラップ分析については過去の記事でご紹介をしています。まだチェックされていない方は、下記の記事もぜひチェック下さい。

競馬知恵袋
【アーリントンカップ2020 ラップ分析】信頼の推奨馬を公開!!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞レース「アーリントンカップ」のラップ分析について特集します! 記事の内容は、まず初めにラップ分析の ...

続きを見る


それでは、アーリントンカップの好走血統についてご紹介していきます。

まずご紹介するのはアーリントンカップが行われる阪神芝1600mコースの直近5年の種牡馬別成績トップ10です。

阪神芝1600m 血統傾向
阪神芝1600m 血統傾向

先週の阪神牝馬ステークスの際にご紹介しましたが、アーリントンカップが行われる阪神芝1600mは主流血統が走るコースです。その中でも主流血統においてもさらに主流と言えるディープインパクト産駒は滅法走り、断トツの成績をあげています。
直近5年のディープインパクト産駒の勝利数は55勝と勝利数2位のダイワメジャーにトリプルスコアをつけています。この成績は圧倒的です。

ではアーリントンカップにおいても、同様の血統傾向を示しているのでしょうか!?

こちらはアーリントンカップの直近3年の3着内に入った好走馬の3代前の血統をまとめた表です。

アーリントンカップ 好走血統
アーリントンカップ 好走血統

面白いことにアーリントンカップは、先ほどご紹介した阪神芝1600mの血統傾向とは逆の血統傾向を示しており、非主流血統が好走しています。

昨年こそキングマンボ系のロードカナロア産駒のイベリスが勝ちましたが、2018年は欧州型ミスタープロスペクター系のレイヴンズパス産駒のタワーオブロンドンが1着。2017年は欧州型ダンジグ系のハービンジャー産駒のペルシアンナイトが1着となっています。
各年の2着、3着に目を向けても、ドリームジャーニー産駒やマツリダゴッホ産駒と根幹距離の重賞では見かけない種牡馬の名前が目立ちます。

その中でも特筆すべきは父欧州型血統で、この父欧州型血統は直近3連勝中の好走血統です。またサンデー系では欧州色の強い父ステイゴールド系の産駒が直近5年で4頭出走して1勝、3着1回、4着1回と好成績。この血統傾向にも押さえておきたいポイントです。

このようにアーリントンカップは、欧州型血統に注目のレースといえます!


アーリントンカップの予想印と根拠

ここからは、アーリントンカップの最終予想となる予想印についてご紹介していきます。


◎(本命) ⑨プリンスリターン

本命は⑨プリンスリターンです。

事前のラップ分析ではランキング第2位で評価した馬。

ラップ適性として前走のシンザン記念の内容が評価でき、このレースのラップ適性はバランス型に寄った持続力型でラップスピードが11.99、そしてラップ高低差が1.5。このシンザン記念のラップ適性は、アーリントンカップで求められるラップ適性「バランス型×ラップスピード11.60~11.80。かつラップ高低差が大きい」 と近いといえます。このラップ適性の高さから好走を予感させます。

血統としても父ストロングリターンは、このレースで3連勝中の好走血統である欧州型血統。母の母父はボールドルーラー系のロイヤルスキーで、母方の3代までにナスルーラの血統を内包という点もアーリントンカップの好走馬の血統構成と合致します。

前走2着のシンザン記念、スムーズな競馬を欠いても5着と善戦した朝日杯フューチュリティステークス、上り33秒台の末脚で勝ちきったききょうステークスと直近3戦のレース内容も評価ができます。

脚質的に瞬発力勝負よりは持続力勝負の馬であるため、取りこぼしも考えられる一頭ではありますが、想定オッズ通りに単勝オッズ5倍前後の人気がつくのであれば馬券の軸に置きたい一頭です。

ここは本命で推奨します!


〇(対抗) ⑩ギルデッドミラー

対抗には⑩ギルデッドミラーを推します。

事前のラップ適性のランキングで1位で取り上げた馬で、ラップ適性はメンバー中最も高い能力が見込めます。

デビュー2戦目となったサフラン賞では結果こそ3着に敗れましたが、レースのラップ適性は「バランス型×ラップスピード 11.79」かつラップ高低差1.3。このラップ適性はアーリントンカップのラップ適性とピッタリとハマります。

サフラン賞の1着がマルターズディオサ、2着がマジックキャッスルですから、このレースはかなりメンバーレベルが高かったといえます。サフラン賞のギルデッドミラーの走破時計は1.34.6で、この時計はアーリントンカップの例年の好走時計を満たします。

そのためサフラン賞程度走れば、今回も馬券圏内は確保できると予想します。

父がアーリントンカップで好走血統のステイゴールド系のオルフェーヴルであることも評価ができますし、阪神巧者のストロングタイタンの半妹であることから阪神コースへの高い適性も見込めます。

実際に前走の阪神芝1400mで行われた3歳1勝クラスの勝ちっぷりは圧巻でした。

鞍上が岩田望来騎手に乗り替わることは不安材料と言わざる負えませんが、能力は十分に通用すると予想します。ここは対抗で推奨します!


▲(単穴)⑥タイセイビジョン

単穴には、⑥タイセイビジョンを推奨します!

京王杯2歳ステークスを勝ち、朝日杯フューチュリティステークスでも2着と好走。実績的にはメンバー中ナンバー1と言える同馬。その実績から、今回は断然の人気を集めるでしょう。

ラップ適性においては、高速ラップに対する高い適性を示すことが特徴の馬と言え、「底力型×ラップスピード 11.60」となった前走の朝日杯フューチュリティステークス、「バランス型×ラップスピード 11.54」となった前々走の京王杯2歳ステークスを好走しています。

このラップ適性や前走の朝日杯フューチュリティステークスのレース内容を見ると、個人的にマイルは少し長い印象でベストは芝1400mと捉えています。
そのため、今回は単穴評価としました。

ただし父は好走血統である欧州型血統のタートルボウルですし、阪神コースも2戦して1勝、2着1回と連対を外していません。

侮れない一頭であることは間違いありません。


☆(星)①ノルカソルカ

穴馬候補の特注馬の星評価には、①ノルカソルカを推奨します!

前走1着の3歳未勝利戦のパフォーマンスが高く評価できる馬。
中京芝1600mで行われたこのレースの勝ち時計は稍重ながら1分34秒3の好時計。グリーンチャンネルの先週の結果分析によるタイムランクは「A」とハイレベルな時計を叩き出しています。

このレースのラップ適性も「底力型×ラップスピード11.69」とハイレベルで、格上挑戦の重賞挑戦とはいえ、ここで好走しても何ら可笑しくありません。

逃げてこのラップですから、秘めたる能力は高いものが見込めます。
2歳時秋の新馬戦では、毎日杯を勝ったサトノインプレッサをあと一歩まで追い詰めた素質馬です。

父は好走血統の欧州型血統であるエピファネイア。エピファネイア産駒は先週の桜花賞を勝ったデアリングタクトをはじめ、ここまで阪神芝1600mは複勝率50%超えと驚異的な成績を残しています。

ラップ、血統的に高く評価できる一頭で、すんなり逃げて自分の形に持ち込められれば激走が期待できます!


△(連下) ⑫グランレイ

最後に連下として、⑫グランレイを抑えます!

気性的な難しさがある馬ですが、父が欧州型血統のルーラーシップであることは評価ができますし、11.80以内の高速ラップのマイル戦での好走実績もある馬です。

乗り難しい馬でデビュー以来過去5戦コンビを組んできた池添騎手から太宰騎手への乗り替わりはマイナス材料ですが、同コースで行われた2歳G1朝日杯フューチュリティステークスで3着の実績がある馬ですから、無印というわけにはいきません。



以上、この記事では「アーリントンカップ」の最終予想について特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券を予想する上で、ご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.