ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【フローラステークス2020 最終予想】血統×ラップから選ぶ穴馬で大勝負!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞レース「フローラステークス」の最終予想についてご紹介します。この記事でご紹介する内容は、予想のポイントである好走血統と予想印の2点です。

僕の予想法である「ラップ×血統」、この2つを軸にしっかりと予想していきます。
馬券予想にぜひご参考ください!



動画でご紹介!フローラステークスの最終予想

フローラステークスの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



フローラステークスの好走血統

それでは、フローラステークスの予想に入ります。

まず初めにご紹介するのが、フローラステークスの予想のポイントとなる好走血統についてです。
なお、予想のもう一つの軸となるラップ分析については過去の記事でご紹介をしています。まだチェックされていない方は、下記の記事もぜひチェック下さい。

競馬知恵袋
【フローラステークス2020 予想】ラップ分析からは穴馬だ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、オークスに向けた注目のトライアルレース「フローラステークス」のラップ分析について特集します! ご紹介する内容 ...

続きを見る


それでは、フローラステークスの好走血統についてご紹介していきます。

まずご紹介するのは、フローラステークスが行われる東京芝2000mコースの直近5年の種牡馬別成績トップ10です。

東京芝2000m 好走血統
東京芝2000m 好走血統

フローラステークスが行われる東京芝2000mは、日本競馬の王道コースらしく主流血統が活躍するコースです。

勝利数トップは33勝でディープインパクト、続いて勝利数2位にステイゴールド、3位にキングカメハメハと続きます。この3頭は勝率10%超え、かつ複勝率30%超えの成績ですから、信頼度が高いといえます。


ではフローラステークスにおいては、どのような血統傾向を示しているのでしょうか!?

こちらはフローラステークスの直近3年の3着内に入った好走馬の3代までの血統をまとめた表です。

フローラS 好走血統
フローラS 好走血統

フローラステークスの直近3年の好走馬の血統の特徴として、まずあげられるのがハービンジャー産駒の活躍です。

このハービンジャー産駒は2018年3着のノームコア、2017年1着のモズカッチャン、2着のヤマカツグレースと直近3年で3頭の好走馬を送り出しています。
また2019年2着のシャドウディーヴァは、母父にハービンジャーと同じデインヒルの血統を内包するダンシリを内包します。

このような血統傾向から、フローラステークスではまずデインヒルの血統を内包する馬に注目と言えます。


続いて抑えておきたいのが、トニービンの血統です。

このトニービンの血統については、2019年2着のシャドウディーヴァ、2018年2着のパイオニアバイオが内包していますし、2015年2着のディアマイダーリンも父がハーツクライでトニービンの血統を内包しています。

この血統傾向も、一つのポイントと捉えています。


ここまでご紹介したフローラステークスの好走血統をまとめると、下記の2点となります。

【好走血統】

①デインヒルの血統

②トニービンの血統

次以降にご紹介する最終予想については、この好走血統と過去の記事でご紹介したラップ適性を判断軸に予想印を打っていきます!


フローラステークスの予想印と根拠

ここからは、フローラステークスの最終予想となる予想印についてご紹介していきます。


◎(本命) ⑯フアナ

本命は、⑯フアナです。

ここまで3歳新馬戦、3歳未勝利と2戦しており、その2戦を過去の記事でご紹介したラップ適性で高く評価したフアナ。

デビュー戦となった3歳新馬戦は、アドマイヤビルゴに敗れての2着。勝馬のアドマイヤビルゴの活躍は周知の通りですし、3着のフィニステールについても次走の未勝利戦を勝利しています。その点から、メンバーランクが高い一戦であることがうかがえます。

2戦目の前走2歳未勝利は、「バランス型×ラップスピード11.99」のラップ適性となったレースで、このラップ適性はフローラステークスで求められるラップ適性 「バランス型×ラップスピード11.95~12.15」 とピッタリとハマり、非常に評価ができます。

血統に目を向けると、アドミラブルなどを送り出すグレースアドマイヤ牝系に父はルーラーシップ。フローラステークスの好走血統に位置付けたトニービンの3×4のクロスを内包していることも高評価で、血統からは明らかに左回りの大箱コースがベストです。

東京芝2000mで不利な外枠に入った点はマイナス材料ですが、想定単勝オッズは2桁台。このオッズで狙えるなら、思い切って狙いたい一頭です!


〇(対抗) ⑨スカイグルーヴ

対抗には、⑨スカイグルーヴを推します。

このスカイグルーヴも本命のフアナ同様に、事前のラップ適性で高く評価した馬です。

ここまで2歳新馬戦、京成杯と2戦していますが、2歳新馬戦のラップ適性が「瞬発力型×ラップスピード12.14」、京成杯のラップ適性が「持続力型×ラップスピード12.11」。この2戦ともに、フローラステークスで求められるラップスピード「11.95~12.15」内で好走している点が評価できます。

その中でも、フローラステークスと同舞台となる2歳新馬戦における加速ラップでの楽勝は圧巻でした。このレース内容から、東京芝2000mに対する高いコース適性が見込めます。

血統背景についても、父がロベルト系のエピファネイア。
フローラステークスは、ロベルト系の血統を内包する馬の活躍も目立つレースですから、悪くありません。

また父がエピファネイアで母父キングカメハメハ、そしてサンデーサイレンスを奇跡の血量でクロスされる、という配合は先日桜花賞を勝ったデアリングタクトと同じです。現時点でのエピファネイア産駒の成功パターンといえ、好印象といえます。

このようにラップ適性、血統背景ともに申し分ありませんから、ここでも好勝負必須です。対抗評価で推奨します!


▲(単穴)⑪レッドルレーヴ

単穴には、⑪レッドルレーヴを推奨します。

ここまで2歳新馬戦、3歳未勝利戦、フラワーカップと3戦していますが、ラップスピード12秒前後の中距離戦において底力型から瞬発力型まで対応できる能力を示しており、このオールラウンダーな資質を評価したい馬です。

このあたりは、いかにも万能血統のキングカメハメハ産駒と言えます。

血統については、父キングカメハメハで母父はディープインパクト、そして牝系はダイナカール牝系。全兄にはランフォザローゼスがいますし、エリートな良血馬です。

この血統背景から考えると、時計が出る高速ラップの大箱東京コースのバランス型勝負の一戦はベストでしょう。

上位2頭に匹敵する単穴で評価します!


△(連下) ①エレヴァテッツァ、③ウインマリリン、⑦ホウオウピースフル

最後に連下として、①エレヴァテッツァ、③ウインマリリン、⑦ホウオウピースフルを抑えます!

まずエレヴァテッツァは、母父に好走血統のトニービンを持つディープインパクト産駒。この血統背景は非常に評価ができますし、好枠の内枠に入った点も買い材料。跳びが大きい馬のため、大箱コースに変わる点もプラスで注目したい一頭です。

ウインマリリンは前走のミモザ賞の勝ちっぷりが評価できます。ただし、レース内容や血統背景からは小回り急坂コースがベストと捉えており、今回は連下評価までです。

最後にホウオウピースフルは、実力では上位3頭に匹敵する馬と捉えています。しかし、個人的にブラストワンピースの半妹で父オルフェーヴルのため、ラップスピードの高速化に疑問符を持っているため、連下評価までとしました。


また予想印は打ちませんでしたが、穴馬としては⑥ウィスパリンホープを推したいです。

血統的な魅力が大きい一頭で、父はトニービンの血統を内包するハーツクライ。そして母父は好走血統のデインヒルと同じ欧州型ダンジグ系のケープクロスです。さらに鞍上は横山典弘騎手。

馬券的には面白い一頭かと思います。




以上、この記事では「フローラステークス」の最終予想について特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券を予想する上で、ご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.