ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【京都新聞杯2020 予想】ラップ×血統から導く渾身の推奨馬を公開!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞レース「京都新聞杯」の予想について特集します
ご紹介する内容は、京都新聞杯のラップ分析とラップ分析から選ぶ推奨馬3頭のランキングです。

しっかりと予想していきます。
馬券予想にぜひご参考下さい。



動画でご紹介!京都新聞杯の予想

京都新聞杯の予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



京都新聞杯のラップ分析

まず初めに、京都新聞杯のラップ分析についてご紹介します。

このラップ分析は、1ハロン毎のラップをグラフ化したラップ傾向と、脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性の2つの手法で分析を行います。

まずラップ傾向についてですが、こちらは直近5年の京都新聞杯の1ハロン毎のラップをまとめたグラフです。

京都新聞杯 ラップ適性
京都新聞杯 ラップ適性

京都新聞杯は、京都競馬場芝外回りコースで行われるレースです。
京都芝外回りコースと言えば、やはり3コーナーの淀の下り坂でしょう。

そのコースの特徴を示すかのように、京都新聞杯のラップ傾向は淀の下り坂地点の3コーナーの残り4ハロン地点でラップが高速化しての4ハロン勝負の一戦となっています。

先週の天皇賞春のフィエールマンのラップ適性のように、淀の下り坂を軽快に下って終いの末脚を伸ばす、といったレーススタイルが求められるレースです。


ラップ適性としても、過去5年のレースペースチェンジ指数「RPCI」の平均値は55.2で、脚質型でバランス型を示しています。

京都新聞杯 ラップ適性

なおラップスピードについては、過去5年の最速・最遅のラップスピードから11.95~12.05で考えたいところです。


ここまでのラップ分析をまとめると、1ハロン毎のラップをグラフ化したラップ傾向としては淀の下り坂を起点にした4ハロン勝負の一戦といえます。また、脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性については、瞬発力型も視野に入れた「バランス型×ラップスピード11.90~12.05」に設定できます。


次以降の出走予定馬のランキングについては、ラップ分析を軸に選定して、ご紹介していきます!



京都新聞杯 出走予定馬ランキング

ここからは、京都新聞杯の出走予定馬の中でラップ分析から考える期待値が高い馬について、3頭ランキング形式で紹介します!


第3位:アリストテレス

ラップ分析で考える期待値が高い馬、ランキング第3位はアリストテレスです!

デビュー以来、ここまで5戦して全て連対と高い安定感を誇る同馬。

前々走の若駒ステークスで2着と、内回りとはいえ京都コースに対する適性を示している点は評価ができます。

また、前走のすみれステークスのラップ適性は「バランス型×ラップスピード12.06」。京都新聞杯で求められるラップ適性 「バランス型×ラップスピード11.90~12.05」 とほぼピッタリハマるレースで、勝馬レクセランスと同タイムの2着と好走を見せており高評価です。

1ハロン毎のラップの推移をグラフ化するラップ傾向としても、前走のすみれステークスは京都新聞杯のラップ傾向とかなり近い傾向を示しています。

アリストテレス ラップ適性
アリストテレス ラップ適性

現3歳世代が初年度産駒となるエピファネイア産駒で、このエピファネイア産駒は距離が延びれば延びるほど複勝率が上がるスタミナ豊富な種牡馬です。その点から、前走同様にスタミナが求められる芝2200mの距離はプラスです。

またアリストテレスの牝系は、グレースアドマイヤ牝系。
このグレースアドマイヤ牝系はアドミラブルやエスポワールなど活躍馬を複数送り出す優秀な牝系で、ラップ適性として瞬発力型のレースに強い傾向を示しています。
この牝系からも好走を予感させます。


このような背景から、ここでも十分好走が期待できる一頭です!


第2位:アドマイヤビルゴ

ラップ分析で考える期待値が高い馬、ランキング第2位はアドマイヤビルゴです!

デビュー以来、ここまで新馬戦、若葉ステークスと連勝中の同馬。

ラップ適性として、新馬戦は「瞬発力型×ラップスピード12.34」、若葉ステークスは「バランス型×ラップスピード11.86」となったレースです。

なかでも前走の若葉ステークスの内容は、高く評価ができます。勝ち時計である1.58.6は優秀ですし、仕掛けてからの伸び脚も素晴らしいものがありました。またラップ適性としても京都新聞杯で求められるバランス型ですし、ラップ傾向も京都新聞杯の傾向と近いものを示しています。

アドマイヤビルゴ ラップ適性
アドマイヤビルゴ ラップ適性

父ディープインパクトは、芝レースのラップ適性として瞬発力型にレースが傾くほど複勝率が上がる傾向にあり、優れた瞬発力を産駒に伝えます。その点から、京都芝外回りコースの4ハロンの末脚勝負は持ってこいでしょう。

また全兄であるサトノソロモンは昨年の京都新聞杯で3着と好走しています。血統からの後支えがあることも心強いです。


ここまで瞬発力型の新馬戦、バランス型の若葉賞を快勝していることから、バランス型から瞬発力型のラップ適性が想定される京都新聞杯でも好走確率は高いと見込みます。

断然人気が想定されますが、馬券的に外せない一頭でしょう!


第1位:マンオブスピリット

ラップ分析で考える期待値が高い馬、ランキング第1位はマンオブスピリットです!

デビュー戦の新馬戦こそ5着と案外な結果に終わりましたが、距離延長で臨んだ前々走の未勝利戦を快勝し、前走の重馬場のつばき賞も勝利。2連勝中と勢いにのっています。

特に直近2走の未勝利戦、つばき賞の内容は高く評価ができます。

まず前々走の未勝利戦はラップ適性で「バランス型×ラップスピード12.09」となったレース。このラップ適性は距離は異なりますが、京都新聞杯で求められるラップ適性とピッタリとハマります。
また、このレースの上り3Fのラップが12.0-11.6-11.6。このラップのレースを、マンオブスピリットは残り100mで力強く外から差し切って勝っており、加速ラップで駆け抜けているでしょう。
2着は先日の青葉賞で人気を集めたフライライクバードですから、レースレベルも高いです。

次に前走のつばき賞ですが、このレースのラップ適性も京都新聞杯で求められるラップ適性とハマる「バランス型×ラップスピード12.23」。
2着、3着、4着が4コーナー1番手から3番手という完全な前残りの競馬を、後方2番手から直線一気の差し切り勝ち。
京都新聞杯で求められるラップ適性とハマるレースで、強さを見せつける差し切り勝ちですから、高く評価できます。

マンオブスピリット ラップ適性
マンオブスピリット ラップ適性

また、この2レースは京都新聞杯と同コースである京都芝外回りコースで行われたレースです。さらに、その上で1ハロン毎のラップの推移をグラフ化するラップ傾向も似ています。

ラップ分析からは非常に評価ができます。


血統としては、半兄にチャレンジカップを勝ったフルーキーがおり、このフルーキーはバランス型・瞬発力型のレースに強い馬でした。この点も好印象です。


まとめると、とにかく直近2戦のラップ適性とラップ傾向、レース内容が素晴らしい馬。この内容であれば、アドマイヤビルゴを抑えてランキング第1位で評価したいです!



以上、この記事では「京都新聞杯」のラップ分析から考える推奨馬について特集しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.