ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【新潟大賞典2020】ラップ×血統で予想!本命馬の3連勝に期待

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「新潟大賞典」の最終予想についてご紹介します!

なお新潟大賞典の予想については、私用や仕事で時間の確保が難しく、予想のポイントと本命馬1頭をご紹介させていただきます。ご了承くださいませ。

ラップを軸にして、その上で血統をふまえながらしっかりと予想していきます。
馬券予想にぜひご参考下さい!



動画でご紹介!新潟大賞典の最終予想

この記事の内容は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



新潟大賞典2020 ラップ分析・好走血統

この記事の初めに、新潟大賞典の予想のポイントとなるラップ分析と好走血統について、簡潔にご紹介します。

こちらは、直近5年の新潟大賞典の1ハロン毎のラップの推移をグラフ化したものです。

新潟大賞典 ラップ傾向
新潟大賞典 ラップ傾向

グラフから見て取れるように、新潟大賞典のラップ傾向は、新潟競馬場外回りコースの長い直線を利用した3ハロンの瞬発力勝負の一戦となっています。

また脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性においても、過去5年のうち瞬発力型が2回、古馬重賞レースではあまりみかけない超瞬発力型が1回となっており、平均値から導く脚質型も瞬発力型となっています。

なお、1ハロンのラップの平均であるラップスピードについては、過去5年の最速・最遅のラップスピードを参考に11.80~12.00で考えたいところです。

ここまでのラップ分析をまとめると、1ハロン毎のラップをグラフ化したラップ傾向としては、新潟外回りコースの長い直線を利用した3ハロンの末脚勝負の一戦といえます。

またラップ適性については、「瞬発力型×ラップスピード11.80~12.00」と捉えています。


続いて、予想のポイントの2点目の好走血統についてご紹介します。

こちらは、新潟大賞典の直近3年の3着内に入った好走馬の3代までの血統をまとめた表です。

新潟大賞典 好走血統
新潟大賞典 好走血統

直近で活躍が目立つのは、キングマンボ系の血統です。

このキングマンボ系の血統は、昨年はルーラーシップ産駒のメールドグラースが1着、キングカメハメハ産駒のロシュフォールが3着。一昨年はキングカメハメハ産駒のスズカデヴィアスが1着と好成績をあげています。

新潟芝2000m外回りコースの種牡馬別成績でも、キングマンボ系の血統は良績をあげており、直近5年でキングカメハメハ産駒が複勝率33.3%、ルーラーシップ産駒も同じく複勝率33.3%と活躍しています。

このような血統傾向から、新潟大賞典は父キングマンボ系が好走血統といえます。キングカメハメハ産駒やルーラーシップ産駒など父キングマンボ系の出走予定馬には注目したいところです。


以上、ここまで新潟大賞典の予想のポイントとして、ラップ分析と好走血統についてご紹介しました。
次以降でご紹介する本命馬については、ラップ分析を軸にして、好走血統など血統傾向もふまえながら選定しています。


新潟大賞典2020 本命馬

◎(本命)⑦ブラヴァス

本命は、⑦ブラヴァスです!

【評価のポイント】

①直近2戦は瞬発力型、超瞬発力型のレースを2連勝しており、高いラップ適性が見込める。

②好走血統の父キングマンボ系。根幹距離・瞬発力型に強い牝系も魅力。

G12勝馬ヴィルシーナの初仔で、3歳夏を越えてメキメキと力をつけてきた同馬。

まず、評価のポイントの一点目としてあげられるのが、前々走の再度山特別、前走の但馬ステークスで高いラップ適性を示していること。

前々走の再度山特別は、ラップ適性で「超瞬発力型×ラップスピード11.99」となったレース。そして前走の但馬ステークスは、ラップ適性が「瞬発力型×ラップスピード12.01」となりました。
この2戦のラップ適性は、新潟大賞典で求められるラップ適性とピッタリとハマるわけではありませんが、かなり近い適性を示しており、高く評価できます。

また1ハロンごとのラップをグラフ化したラップ傾向においても、新潟大賞典のラップ傾向に似た変化を示しています。

ブラヴァス ラップ適性
ブラヴァス ラップ適性

このような内容から、ブラヴァスは高いラップ適性が見込めます。


次に評価のポイントの2点目は、好走血統の父キングマンボ系で根幹距離・瞬発力型に強い牝系であること。

ブラヴァスの血統は、父キングカメハメハ、母ヴィルシーナ、母父ディープインパクトの配合です。

好走血統のキングマンボ系の父キングカメハメハは、昨年3着のロシュフォール、一昨年勝馬のスズカデヴィアスを送り出しており高評価です。

またブラヴァスの牝系は、活力ある牝系のハルーワスウィート牝系。
ハルーワスウィート牝系は距離としては根幹距離、ラップ適性としては瞬発力型に強い牝系です。この点も、ブラヴァスを本命で推奨する理由の一つです。


このように高いラップ適性が見込め、好走血統かつ牝系など血統適性も高いブラヴァス。昇級初戦での重賞初挑戦となりますが、好走に期待して、本命で推奨します!



以上、この記事では「新潟大賞典」の予想について特集しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.