ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【平安ステークス2020 予想】ラップ×血統で選ぶ推奨馬を公開

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「平安ステークス」の予想について特集します!

今回ご紹介する内容は、予想のポイントとなるラップ分析と好走血統、そして枠順確定前の推奨馬の2点です。

馬券予想にぜひご参考下さい!



平安ステークス ラップ分析・好走血統

この記事の初めに、平安ステークスの予想のポイントとなるラップ分析と好走血統についてご紹介します。


まず初めにご紹介するのが、平安ステークスのラップ分析です。

こちらは、直近5年の平安ステークスの1ハロン毎のラップの推移をまとめたグラフです。なお、スタート後の1900mから1800mまでの100mのラップは除いています。

平安ステークス ラップ傾向
平安ステークス ラップ傾向

平安ステークスは、前傾ラップを基本とした持続力型のレースであることが特徴です。

1ハロンごとのラップをグラフにまとめたラップ傾向を確認すると、ラップの高低差がありながらも、ゴールに向けてラップが低速化していることが分かります。

また特徴的なのが、1コーナーまでのポジション争いによるラップの高速化以降については、最速ラップが3コーナーの出入り口となっていること。つまり、終いの末脚勝負では3コーナー前後で最も速い脚を使い、以降はスピードを維持する持続力勝負、あるいは底力勝負になっているといえます。


次に、脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性についてご紹介します。

こちらは、直近5年の平安ステークスのラップ適性をまとめた表です。
このラップ適性は、ターゲットフロンティアのレースペースチェンジ指数(RPCI)から脚質型を、勝ち時計から1ハロンの平均値を算出したラップスピードによって成り立っています。

平安ステークス ラップ適性
平安ステークス ラップ適性

平安ステークスのラップ適性における脚質型は、直近5年で持続力型が4回、平均においても持続力型となっており、持続力型勝負が基本のレースです。

またラップスピードについては、多少のバラつきがありますが、12.20~12.40あたりで捉えたいところです。

このような傾向をふまえて、平安ステークスで求められるラップ適性は「持続力型×ラップスピード12.20~12.40」に設定したいと思います。


続いてご紹介するのが、予想のポイントの2点目となる好走血統についてです。

こちらは、直近3年の平安ステークスの3着内に入った好走馬の3代までの血統をまとめた表です。

平安ステークス 好走血統
平安ステークス 好走血統

平安ステークスで活躍が目立つ血統は、キングカメハメハを代表種牡馬とするキングマンボ系の血統です。

このキングマンボ系の血統は、直近3年の連対馬6頭中4頭が内包しており、信頼が置けます。昨年2019年の勝馬チュウワウィザード、2017年の勝馬グレイトパールの父はキングマンボ系のキングカメハメハです。


このキングマンボ系の血統は、母型の血統の特徴を引き出すことが大きな特徴で、芝・ダート兼用の万能血統といえます。

また器用に立ち回れ、レース巧者の馬が多く、コーナーでうまくスピードに乗れることも特徴の一つといえます。

個人的に、直近の平安ステークスでキングマンボ系の血統が好走している理由は、このコーナーリングスピードの上手さにあると捉えています。

先ほどもご紹介した通り、平安ステークスはラップ傾向として、上りは3コーナー前後で最速ラップを刻みます。このラップ傾向の特徴とキングマンボ系の血統の個性が合致しているのではないかと考えます。


以上、ここまで平安ステークスのラップ分析と好走血統についてご紹介しました。
次以降でご紹介する推奨馬については、このラップ分析と好走血統を判断軸に選んでいきます!



平安ステークス ラップ×血統で選ぶ推奨馬

それでは、ここからは平安ステークスの推奨馬についてご紹介します。

なお今回の推奨馬については、単勝オッズ1桁台が想定される有力馬の中での推奨馬と穴馬における推奨馬について、各1頭、計2頭ご紹介します!


推奨馬① ロードレガリス

ラップ×血統で考える有力馬の推奨馬はロードレガリスです。

【評価のポイント】

ラップ適性:A、血統適性:B

①3走前の3歳以上2勝クラスのレース内容から、高いラップ適性が見込める。

②欧州色の強い血統背景は好印象。

まず評価のポイントの1点目は、「3走前の3歳以上2勝クラスのレース内容から、高いラップ適性が見込める」ことです。

地方から中央へ再転厩後は、京都ダート1800m~1900mのレースを4戦して4勝。
そのレース内容も素晴らしいものがあります。

その中でもラップ適性として評価できるのは、3走前の京都ダート1800mで行われた3歳以上2勝クラス。
このレースのラップ適性は「持続力型×ラップスピード12.34」と平安ステークスで求められるラップ適性とピッタリとハマり高評価です。

また前走のアルデバランステークスも、持続力型に近いバランス型となり、ラップスピードは12.35ですから好印象です。

ロードレガリス ラップ適性
ロードレガリス ラップ適性

血統に目を向けると、父はハーツクライ、母父フサイチペガサス、母の母父サドラーズウェルズの配合のロードレガリス。

一見、欧州色が強い血統背景のため、毎年GⅢ競走でもダートの一線級が出走してくる平安ステークスでどうかと感じます。ただし、平安ステークスは父欧州型血統が3連勝中など、ダート戦でも欧州色が強い血統が活躍する傾向にあります。

その点からは、この血統における欧州色の強さはプラスに捉えたいところです。


今回はオメガパフューム、ゴールドドリームなどダート界の主力メンバーに力試しを挑むロードレガリス。力関係は測りかねますが、ラップ適性は非常に高いものが見込め、血統適性も悪くありません。

好勝負が期待できそうです!


推奨馬② マグナレガーロ

ラップ×血統で考える穴馬の推奨馬はマグナレガーロです。

【評価のポイント】

ラップ適性:A、血統適性:A

①前々走の3歳以上2勝クラスのレース内容から、高いラップ適性が見込める。

②好走血統のキングマンボ系のキングカメハメハ産駒は高評価。

まず評価のポイントの1点目は、「前々走の3歳以上2勝クラスのレース内容から、高いラップ適性が見込める」ことです。

有力馬の推奨馬であるロードレガリスと同様に、京都ダート1800m~1900mのレースを連勝中のマグナレガーロ。

その中でもラップ適性として評価できるのは、前々走の京都ダート1800mで行われた3歳以上2勝クラス。
このレースのラップ適性は「持続力型×ラップスピード12.34」と平安ステークスで求められるラップ適性とピッタリとハマります。

また3走前の平安ステークスと同コースで行われた3歳以上500万下では、脚質型は底力型となりましたが、平安ステークスと近いラップ傾向を示しています。

前走のこちらも平安ステークスと同コースとなる京都ダート1900mで行われた舞鶴ステークスも非常に強い勝ち方を見せています。

このレース内容から、高いラップ適性とコース適性が見込めます。


次にマグナレガーロの血統に目を向けると、父は好走血統のキングマンボ系のキングカメハメハ。

この父キングカメハメハは、昨年の勝馬チュウワウィザード、2017年の勝馬グレイトパールを送り出しており、高い血統適性を誇ります。


このようにラップ適性、血統適性ともに非常に高いものが見込めるマグナレガーロ。

オメガパフューム、ゴールドドリーム、ヴェンジェンス、そして先ほど推奨馬で取り上げたロードレガリスとかなりのメンバーが揃いましたが、一発は期待できる素材です。

その走りに期待します!



以上、この記事では「平安ステークス」のラップ分析と好走血統、推奨馬について特集しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.