keibachiebukuro2

オールカマー2020予想|ラップ×血統!三強ではなく一強だ!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「オールカマー(G2)」の予想についてご紹介します。

ご紹介する内容はオールカマーの予想のポイントとなるラップ分析と想定単勝オッズ1桁人気が想定されるフィエールマン、カレンブーケドール、ミッキースワローの有力馬3頭のラップ適性についてです。

馬券予想にぜひご参考ください。

オールカマー2020 ラップ分析

この記事の初めにオールカマーのラップ分析についてご紹介します。

こちらは直近5年のオールカマーの推移をまとめたグラフです。

オールカマー ラップ傾向

オールカマーは中山コース独特の持続力とトライアルレースらしい瞬発力の双方が求められることが特徴です。

実際に個別ラップの推移をみると、残り6ハロンから持続的にラップが加速しており、上り3ハロンは34秒台後半の瞬発力勝負になっていることが分かります。

 

次に、この直近5年のラップ傾向を脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップマトリックスに落とし込んでいきます。

このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、対象レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

オールカマー ラップマトリックス

オールカマーのラップマトリックスを確認すると、上り3ハロンのラップと上がり3ハロンを除く平均ラップの差から導く脚質型は持続力型が1回、バランス型が2回、瞬発力型が2回となっています。
ラップマトリックスの脚質型で考えれば、バランス型や瞬発力型が中心です。
次に1ハロン平均のラップスピードについては、11秒90から12秒10が基本となっています。
このような背景をふまえて考えるオールカマーで求められるラップ適性ですが「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒10」に設定します。
この求められるラップ適性で高く適性を示す馬を評価したいところです。

オールカマー2020 有力馬ラップ適性

それではここからは、先ほどご紹介した求められるラップ適性を判断軸に想定単勝オッズ1桁人気が想定されるフィエールマン、カレンブーケドール、ミッキースワローの有力馬3頭の適性についてご紹介していきます。

フィエールマン

フィエールマン ラップマトリックス

まず初めに取り上げるのが、1番人気想定の「フィエールマン」です。

3歳時に菊花賞を勝ち、昨年、今年の天皇賞(春)を連覇。現在、長距離王者に君臨するフィエールマン。成績として馬券圏外は海外遠征の凱旋門賞、有馬記念4着の2戦のみと安定感があります。

ラップマトリックスから考えるフィエールマンのラップにおける個性は、瞬発力勝負に強いことがあげられます。

バランス型~超瞬発力型のレースは6戦して5勝、2着1回とほぼ完ぺきな成績を残している一方、底力型・持続力型のレースは3戦して未勝利という成績が、その個性を物語ります。

そのような視点で考えれば、オールカマーに対するラップ適性は非常に高いものが見込めます。

フレッシュな状態に強いディープインパクト産駒らしく長期休養明けもまったく苦にしません。また5歳秋を迎えても、ここまで10戦でまだまだ競争寿命においてもフレッシュです。

帰厩後の追切の動きも非常に良く、ここは一頭抜けていると考えています。

カレンブーケドール

カレンブーケドール ラップマトリックス

次に取り上げるのが、想定2番人気の「カレンブーケドール」です。

春はドバイ遠征を予定し、一旦ドバイに遠征しながらも開催が中止となり帰国。ここは仕切り直しの一戦となります。

ラップマトリックスから考えるカレンブーケドールにおける個性は、中距離戦の底力型や持続力型のレースに強いことが特徴です。またラップスピードは中速~低速がベストでしょう。

代表的なレースは昨年のジャパンカップ2着の激走。1番枠という利点を活かしたことも好走の理由として挙げられますが、豪華メンバーに入っての2着は高く評価ができます。

ただし、タフな流れを先行して粘りこむタイプの馬と考えているため、今回のオールカマーに対するラップ適性はやや疑問視しています。

ディープインパクト産駒ですので休み明け自体は苦にする印象はありませんが、海外帰りという点を考慮すれば状態の見極めは重要でしょう。

斤量54.0kgを活かしてどこまで善戦できるか!?

現在の中山の時計がかかる馬場は味方しそうですが、勝ちきれない側面が強い馬であることもふまえると2着、3着候補の馬と考えます。

ミッキースワロー

 

ミッキースワロー ラップマトリックス2

最後に取り上げるのが「ミッキースワロー」です。

ラップマトリックスから考えるミッキースワローにおける個性は、底力型・持続力型を基本としつつ瞬発力型までこなすオールラウンダーな適性があげられます。

昨年のオールカマーで2着ですし、中山芝2200mは過去5戦して2勝、2着2回、4着1回と抜群です。

このような背景から一定のラップ適性と非常に高いコース適性が見込めるといえます。

ただ血統的に母父のトニービンやクロスするノーザンダンサー色が強い馬のため、休み明けは若干パフォーマンスを落とす傾向にあり、過去8戦して2着3回、3着1回と勝ちきれていません。

当然ながら次走を見据えた叩きとなる一戦となりそうですから、その点でどうでしょうか。

カレンブーケドールよりも爆発力があるので打倒フィエールマンで期待できる面はありますが、フィエールマンとの真っ向勝負になると分が悪い印象を受けます。

 

この記事ではオールカマーの予想のポイントとなるラップ分析とフィエールマン、カレンブーケドール、ミッキースワローの有力馬3頭のラップ適性についてご紹介しました。

最後に見解を述べておくと、1番人気想定ですが、やはりフィエールマンが抜けているという印象です。

バランス型や瞬発力型のレースに対する高いラップ適性、休み明けで発揮するパフォーマンスの高さなど好走条件は揃っています。

重や不良と言った重たい道悪馬場になると話は変わりますが、1週前の予想ではフィエールマンを推奨したいところです。

一方でカレンブーケドールは道悪馬場になって一気に浮上の余地を秘める、ミッキースワローはハマる展開になればといったところでしょうか。

 

以上、オールカマーの予想を特集しました。

ご紹介した内容が、オールカマーを予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。