keibachiebukuro

【アルテミスステークス2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、アルテミスステークス(2021年)の最終予想として本命馬をご紹介します。

馬券予想にご参考ください。

アルテミスステークス2021 本命馬

それでは早速ですが、アルテミスステークスの本命馬をご紹介します。

今年のアルテミスステークスの本命馬ですが、フォラブリューテを推奨します。

アルテミスS2021_フォラブリューテ

上図はフォラブリューテの新馬戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

フォラブリューテの新馬戦は、ラップ適性「瞬発力型×ラップスピード11秒88」となったレースです。このラップ適性は、アルテミスステークスで求められるラップ適性「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒70〜11秒90」とも合致して評価ができます。

実際に新馬戦とアルテミスステークスの過去5年平均の個別ラップの推移を比較しても、同じ瞬発力勝負のレースで非常に似た傾向を示していることが分かります。

フォラブリューテ_個別ラップ

このような背景から、フォラブリューテはアルテミスステークスに対して高いラップ適性が見込めると考えます。

アルテミスステークスは上がり3ハロンの勝負のレースであり、過去5年の上がり3ハロン1位の馬の成績は3勝、2着2回、連対率100%と抜群の成績です。各出走予定馬のここまでのレースを見る限り、フォラブリューテの新馬戦の末脚能力は抜けており、上がり最速最有力候補と言えます。

人気を集めそうですが、東京芝1600mにおいて新馬戦で高いパフォーマンスを見せたノーザンファーム生産馬で鞍上がルメール騎手という構図は、サウジアラビアロイヤルカップを勝利したコマンドラインと重なります。

ここは逆らわずに本命で推奨します。