keibachiebukuro

【朝日杯フューチュリティステークス2021予想】ドウデュースなど注目馬をラップ分析!

この記事では、「朝日杯フューチュリティステークス(2021年)」の予想第2弾を特集します。

ご紹介する内容は、朝日杯フューチュリティステークスの上位人気馬に次ぐ注目馬2頭ドウデュース、ドーブネのラップ分析とラップ分析から考える推奨穴馬についてです。

なお朝日杯フューチュリティステークスの上位人気馬3頭セリフォス、ジオグリフ、ダノンスコーピオンのラップ分析については、過去の記事で特集しています。その記事をまだチェックされていないという方については、あわせてご参考ください。

【朝日杯フューチュリティステークス2021予想】セリフォス・ジオグリフなど人気馬をラップ分析!

朝日杯フューチュリティステークス2021 ドウデュース

それでは早速ですが、朝日杯フューチュリティステークスの上位人気馬に次ぐ注目馬2頭ドウデュース、ドーブネのラップ分析と評価についてご紹介していきます。

なお、このラップ分析の評価はS、A、B、C、Dの5段階で評価を行なっていきます。

まず初めに「ドウデュース」を取り上げます。

上図はドウデュースのデビュー戦、前走アイビーステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスとは、ラップ分析での予想を進める中で開発した独自の予想ツールです。

縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数「レースペース変化指数」を脚質型として取り、対象レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

ドウデュースのここまで2戦は、超瞬発力型で低速ラップの新馬戦1着、瞬発力型で低速ラップのアイビーステークス1着の成績を残しています。

朝日杯フューチュリティステークスで求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11秒63〜11秒75」に対しては、ラップ適性が合致もしくは近接するレースはありません。
ラップマトリックスからは、ここまで2戦のラップ適性は朝日杯フューチュリティステークスで求められるラップ適性と明らかに異なるラップ適性を示しています。ラップ適性は未知数と言わざる負えません。

そのためラップ適性の評価は、「B」とします。

デビュー2戦で見せるレースセンスの良さ、そして素質は非常に高いものを感じていますが、距離短縮でラップ適性が大きく異なるであろう今回はやや買いづらい面が強い一頭です。

朝日杯フューチュリティステークス2021 ドーブネ

2頭目の注目馬には「ドーブネ」を取り上げます。

上図はドーブネのデビュー戦、前走ききょうステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ここまで2戦は、バランス型で中速ラップの新馬戦1着、持続力型で高速ラップのききょうステークス1着の成績を残しています。

朝日杯フューチュリティステークスで求められるラップ適性に対しては、前走の勝利したききょうステークスが合致して高評価。
距離は異なりますが、前走の勝ちっぷりは余裕があり、評価ができます。

ラップ適性の評価は、「A」と高評価をつけます。

ディープインパクト産駒の良血馬で血統背景から短距離馬という印象は受けませんので、マイル戦への距離延長は問題ないでしょう。
前走でスピードの違いからか逃げてしまった点は気になりますが、新馬戦、前走のききょうステークスで見せたパフォーマンスは非常に高い能力を感じており、個人的には高く評価している一頭。

過去の記事において高評価で取り上げたセリフォス同様に期待値は高いです。

朝日杯フューチュリティステークス2021 推奨穴馬

ここからは過去の記事で取り上げた上位人気馬、今回取り上げた注目馬以外の中からラップ分析で選ぶ「推奨穴馬」をご紹介します。

推奨穴馬には、「トウシンマカオ」を取り上げます。

上図はトウシンマカオのデビュー戦、前走京王杯2歳ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ここまでの2戦は、バランス型で中速ラップの新馬戦1着、同じくバランス型で高速ラップの京王杯2歳ステークス2着の成績を残しています。

朝日杯フューチュリティステークスで求められるラップ適性に対しては、ラップ適性が合致するレースはありませんが、前走の京王杯2歳ステークス2着のレースがやや近接する形となっています。

このラップマトリックスの傾向を評価して、ラップ適性の評価は期待も込めての「A」と高評価をつけたいと思います。

前走は東京芝1400mの重賞レースとなりましたが、新馬戦では新潟芝1600mのレースを楽勝していますので距離は問題ないでしょう。
先行力、追走力、終いの確かな脚とここ2戦で見せるパフォーマンスからは、かなりのレースセンス・素質を感じさせる馬です。

穴馬として狙うならこの馬でしょう。

朝日杯フューチュリティステークス2021 まとめ

この記事では、朝日杯フューチュリティステークスの予想第2弾として上位人気馬に次ぐ注目馬2頭ドウデュース、ドーブネのラップ分析とラップ分析から考える推奨穴馬についてご紹介しました。

今回取り上げきれなかった出走予定馬の中においても、オタルエバーやカジュフェイス、プルパレイなどラップ適性を高く評価できる馬はいます。
ただ3頭ともに逃げて結果を残しているということで展開、馬場傾向からは買いづらく、推奨穴馬からは漏れています。

最後にその点も補足をさせていただきます。

今回、ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。