keibachiebukuro2

【フローラステークス2021予想】ラップ分析から選ぶ本命馬・対抗馬!

この記事では、「フローラステークス」の最終予想を特集します。

ご紹介する内容は、フローラステークスの予想の前提となるラップ分析と対抗馬、そして本命馬についてです。

フローラステークスをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

フローラステークス2021 ラップ分析

この記事の初めにフローラステークスの予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。

フローラS2021_個別ラップ

上図は直近5年のフローラステークスの個別ラップをまとめたグラフです。

フローラステークスのラップの特徴は、東京の長い直線を利用した上り3ハロンの瞬発力勝負であること。
また中盤のラップが比較的緩まないことも特徴です。

そのため勝ち時計は例年1分58秒台~1分59秒台中盤と、この時期の3歳牝馬限定重賞競走にしては高速決着となっています。

次にこの個別ラップをふまえて、独自の予想ツールであるラップマトリックスで分析を進めていきます。

フローラS2021_ラップマトリックス

上図は直近5年のフローラステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからフローラステークスのラップ適性を分析すると、脚質型は持続力型~瞬発力型と各年によってバラツキが生じています。
今年のメンバー構成を見る限り例年よりはペースが緩みそうで、脚質型はバランス型や瞬発力型になると読みます。
なおラップスピードについては、11秒80~12秒00が基本です。

このような背景をふまえて考える今年のフローラステークスで求められるラップ適性ですが、良馬場想定で「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒00」に設定したいと思います。

次以降にご紹介する対抗馬・本命馬については、この求められるラップ適性に対して高いラップ適性を示す馬を選んでいます。

フローラステークス2021 対抗馬

それではここからは、フローラステークスの対抗馬についてご紹介します。

今年のフローラステークスの対抗馬ですが、「⑨パープルレディー」を推奨します。

フローラS2021_パープルレディー

こちらはパープルレディーのデビュー戦から前走ゆりかもめ賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからパープルレディーのラップ適性を分析すると、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード12秒10~12秒60」のレースで結果を残していることが分かります。
ディープインパクト産駒らしい瞬発力勝負のバランス型や瞬発力型で高いパフォーマンスを発揮しています。

フローラステークスで求められるラップ適性に対しては、ここまでの4戦でラップ適性が合致するレースはありません。
ただし、東京芝中距離戦においてフローラステークスで求められるラップ適性の脚質型と合致するバランス型・瞬発力型のレースとなった未勝利戦、ゆりかもめ賞を連勝している点は高評価。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

今回は良好な馬場コンディションの超高速馬場での開催が想定されますので、この馬の軽快なスピードが活きそうです。
また距離に対する不安がない点も魅力。

レース前日の土曜日の段階では週初めに想定していた以上に人気を集めていますが、それでも上位評価したい一頭。
パープルレディーを対抗馬として推奨します。

フローラステークス2021 本命馬

それでは、この記事の最後にフローラステークスの本命馬についてご紹介します。

今年のフローラステークスの本命馬ですが、「③ユーバーレーベン」を推奨します。

フローラS2021_ユーバーレーベン

こちらはユーバーレーベンのデビュー戦から前走フラワーカップまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからユーバーレーベンのラップ適性を分析すると、「底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒60~12秒50」のレースで結果を残していることが分かります。
脚質型として底力型から瞬発力型まで幅広いラップ適性を誇り、さらにラップスピードも高速ラップから超低速ラップまで問わない。3歳春の時期でこの幅広いラップ適性を誇るというのは、競走馬として高い能力を備えていると考えています。

フローラステークスで求められるラップ適性に対しては、アルテミスステークス9着と唯一馬券圏外となっています。
ただし、このアルテミスステークスは位置取りが良くなく、この馬の能力を全く発揮できていません。そのためアルテミスステークスの結果については参考外と捉えています。

本質的にはオールラウンダーなラップ適性を示す馬ですから、フローラステークスに対しても一定のラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、「B+」と前向きな評価です。

このようにオールラウンダーなラップ適性からラップ適性が見込めるユーバーレーベンですが、超高速馬場下での瞬発力勝負自体は決してこの馬のベストな条件とは言えません。
それでもユーバーレーベンを本命で推す理由は、この馬の能力を高く評価しているからです。

札幌2歳ステークスではソダシと同タイムの2着、阪神ジュベナイルフィリーズはソダシ、サトノレイナスとコンマ1秒差の3着。
個人的に今回のメンバーにおいては能力的に抜けていると評価しています。

高い能力評価に好走するための一定のラップ適性は見込めるユーバーレーベン。
今回は距離延長も後押します。

オークスでぜひ見たいと考えている馬ですので、ここはオークス出走権2着以内をしっかりと確保してほしいところです。
今年のフローラステークスは、ユーバーレーベンを本命で推奨します。

フローラステークス2021 まとめ

以上、この記事ではフローラステークスの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。