【羽田盃2020 予想】3年連続勝利中の好走血統に注目!今年はこの馬だ!

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の地方重賞「羽田盃」の予想について特集します
ご紹介する内容は、羽田盃の好走血統と血統から考える推奨馬の2点です。

血統を軸にしっかりと予想していきますので、馬券予想にぜひご参考下さい。



動画でご紹介!羽田盃の好走血統と推奨馬

羽田盃の好走血統と推奨馬は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



羽田盃の好走血統

まず初めに、羽田盃の好走血統についてご紹介します。

こちらは、直近3年の羽田盃の3着内に入った好走馬の3代までの血統をまとめた表です。

羽田盃 好走血統
羽田盃 好走血統

まず好走血統の特徴としてあげられるのが、フォーティーナイナー系の血統を内包する馬の活躍です。

このフォーティーナイナー系の血統については、2019年2着のウィンターフェル、3着のステッペンウルフ、2018年1着のヤマノファイト、2017年2着のヒガシウィルウィン、3着のキャンドルグラスと直近3年で5頭の好走馬を送り出しています。

この活躍振りは、かなり信頼が置けるといえます。


そのフォーティーナイナー系の血統以上に注目したいのが、ロベルト系のブライアンズタイムの血統です。

このロベルト系ブライアンズタイムの血統は、2019年のミューチャリー、2018年のヤマノファイト、2017年のキャプテンキングと3連勝中で、2017年2着のヒガシウィルウィンも内包しています。

直近3連勝中の血統ですから、高い信頼度に加えて勢いも感じます。


ここまでご紹介した好走血統の内容をまとめると、羽田盃の好走血統は直近3連勝中のロベルト系ブライアンズタイムの血統。そして直近3年で5頭の好走馬を送り出すフォーティーナイナー系の血統。

この2点となります。

次以降の血統的推奨馬については、この好走血統を判断軸に選んでいきたいと思います。



羽田盃の血統的推奨馬

ここからは、羽田盃の好走血統をふまえた血統的推奨馬をご紹介させていただきます。

血統から考える推奨馬は、②ブラヴールです!

 ブラヴール  血統表
ブラヴール 血統表

ブラヴールの血統は、父セレン、母チャームアスリープ、母父ディンバーカントリーの配合。父セレンは南関東重賞4勝、母チャームアスリープが南関東牝馬三冠の活躍馬で、南関東ゆかりの血統といえます。

羽田盃の血統適性としては、父セレンの母父で好走血統のブライアンズタイムの血が評価ができます。また父がサンデー系で父の母父がブライアンズタイム、そして母父ミスタープロスペクター系、さらに母型にダンジグという血統構成は、2018年の覇者ヤマノファイトと同じであり、好走を予感させます。

配合論としては、母の母父ディンバーカントリーはスタミナの源泉となるハイペリオンの血量が豊富なスワップスをクロスしていますし、父の母父ブライアンズタイムや母の母父ザグレブが持つグロースタークをクロスしています。
スタミナとパワーに優れる母型に、サンデー系でもダート向きな瞬発力を配した、そのような配合と捉えています。


このようにブラヴールは好走血統のブライアンズタイムを持ち、配合的にも羽田盃の好走パターンに合致する。なおかつ父も母も南関東で活躍した血統。
となれば、血統的推奨馬として取り上げないわけにはいかないでしょう!


なお、②ブラヴール以外の血統的推奨馬には④ヴァケーション、⑧グリーンロードをあげたいです。

ヴァケーションは、好走血統のブライアンズタイムを内包するエスポワールシチー産駒。グリーンロードは、2019年勝馬のミューチャリーや2018年3着のハセノパイロなど、このレースで好走馬を複数送り出すパイロ産駒です。

この2頭は、ブラヴール同様に血統的な魅力が大きい2頭です!



以上、この記事では「羽田盃」の好走血統と血統から考える推奨馬について特集しました!

ご紹介した内容が、羽田盃を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。