keibachiebukuro2

【阪神牝馬ステークス2021予想】圧倒的ラップ適性の推奨馬を公開!

この記事では、ヴィクトリアマイルに繋がる注目の重賞レース「阪神牝馬ステークス」の予想を特集します。

ご紹介する内容は、阪神牝馬ステークスの予想のポイントとなるラップ分析と有力馬3頭デゼル、マジックキャッスル、リアアメリアのラップ適性、そしてラップ適性から考える推奨馬の3点についてです。

阪神牝馬ステークスをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

阪神牝馬ステークス2021 ラップ分析

この記事の初めに阪神牝馬ステークスの予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。

阪神牝馬ステークス2021_個別ラップ

上図は直近5年の阪神牝馬ステークスの個別ラップをまとめたグラフです。

阪神牝馬ステークスのラップの特徴は、大箱阪神芝1600mらしい直線での瞬発力勝負のレースであること。
直近5年の個別ラップのグラフの推移からは、残り600m・上り3ハロンを起点にしてラップが高速化して、終いの末脚勝負の一戦となっていることが分かります。

次にこの個別ラップをふまえて、独自の予想ツールであるラップマトリックスで分析を進めていきます。

阪神牝馬ステークス2021_ラップマトリックス

上図は直近5年の阪神牝馬ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスから阪神牝馬ステークスのラップ適性を分析すると、脚質型はバランス型に近い持続力型やバランス型、もしくは瞬発力型であることが分かります。
ラップスピードについては、ラップスピード11秒60~11秒80が基本です。

このような背景をふまえて考える今年の阪神牝馬ステークスで求められるラップ適性ですが、良馬場開催を想定して「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒60~11秒80」に設定します。

次以降にご紹介する有力馬3頭デゼル、マジックキャッスル、リアアメリアのラップ適性については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

阪神牝馬ステークス2021 有力馬ラップ適性

それでは、ここからは阪神牝馬ステークスの有力馬3頭デゼル、マジックキャッスル、リアアメリアのラップ適性について評価を行っていきます。

なお、このラップ適性についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っていきます。

デゼル ラップ適性

阪神牝馬ステークス2021_デゼル

まず初めに「デゼル」を取り上げます。

こちらはデゼルのデビュー戦から前走初音ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからデゼルのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード11秒70~11秒90」のレースを得意にしていることが分かります。
強い勝ち方を見せたスイートピーステークスや初音ステークスのレース内容を見る限り、中距離戦の高速馬場下で高いパフォーマンスを発揮してくることがデゼルの特徴です。

阪神牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、ラップ適性が合致するレースはありません。
ただスイートピーステークスや初音ステークスのラップ適性が近接していることをふまえると、ラップ適性は見込めそうです。
そのためラップ適性の評価は、「B+」と高評価をつけます。

今回は初のマイル戦になりますので、そのマイル戦への適性が予想の最大のポイントと言えます。
ラップ適性自体は高い適性が見込めますが、その点を考慮すると相手候補の一頭までで考えたい一頭です。

マジックキャッスル ラップ適性

阪神牝馬ステークス2021_マジックキャッスル

次に「マジックキャッスル」を取り上げます。

こちらはマジックキャッスルのデビュー戦から前走愛知杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからマジックキャッスルのラップ適性を分析すると、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒50~12秒10」のレースを得意にしていることが分かります。
ディープインパクト産駒ながら前傾ラップの底力型やワンペースな持続力型で高いパフォーマンスを発揮してくることがマジックキャッスルの特徴です。
もちろんディープインパクト産駒特有の瞬発力勝負についても適応力を兼ね備えます。

このようなオールラウンダーなラップ適性を示すマジックキャッスルですから、阪神牝馬ステークスに対しても高い適性が見込めます。
実際に阪神牝馬ステークスに対するラップ適性に対しては、2歳時とはなりますがマルターズディオサの僅差の2着のサフラン賞があり、評価ができます。
そのためラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

近走のレース内容は目を見張るものがありますし、秋華賞の走りからある程度馬場が悪くなって時計がかかる条件下になっても適応できる点は魅力。
ここも前走に引き続き、勝ち負けが期待できます。

現時点では本命候補の一頭と予想します。

リアアメリア ラップ適性

この記事の最後に「リアアメリア」を取り上げます。

阪神牝馬ステークス2021_リアアメリア

こちらはリアアメリアのデビュー戦から前走中山牝馬ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからリアアメリアのラップ適性を分析すると、「瞬発力型×ラップスピード11秒70~12秒10」のレースで結果を残していることが分かります。
米国牝系に父ディープインパクトの配合らしい軽いスピードが特徴の馬で、高速馬場の瞬発力勝負が向く馬です。

阪神牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、後方一気の勝利で非常に高いパフォーマンスを発揮したアルテミスステークスが該当して高評価。
この1戦のレース内容と、明らかに瞬発力勝負が向く馬であることも加味すると阪神牝馬ステークスに対して非常に高いラップ適性が見込めと考えます。
そのためラップ適性の評価は、最上級の「A」評価をつけます。

このように非常に高いラップ適性が見込めるリアアメリア。
あとは馬場がこの馬向きの状態になるかどうかです。

好走するためには良馬場が必須ですし、少しでも馬場が渋るとこの馬の軽いスピードと鋭いキレが削がれます。
良馬場条件下でこの馬の個性が活きる馬場になれば、マジックキャッスル同様に本命候補の一頭と考えます。

阪神牝馬ステークス2021 まとめ

今回ご紹介した内容から現時点で考える阪神牝馬ステークスの推奨馬ですが、「リアアメリア」を推します。
ただし天候が晴れて良馬場の良いコンディションでレースが開催されるのであれば、という条件をつけさせてください。

なお気になる馬場状態も含めた最終的な本命馬については、レース前日の金曜日に別の動画でご紹介をできればと思います。

以上、この記事では阪神牝馬ステークスの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。