keibachiebukuro

【阪神牝馬ステークス2021予想】ラップ分析から選ぶ本命馬!

この記事では、ヴィクトリアマイルに繋がるトライアルレース「阪神牝馬ステークス」の最終予想を特集します。

なお仕事の関係から、今回の最終予想は本命馬のみをご紹介させていただきます。
その点はご了承いただければと思います。

それでは、阪神牝馬ステークスをラップ分析から予想していきます。

阪神牝馬ステークス2021 本命馬

それでは、早速ですが阪神牝馬ステークスの本命馬についてご紹介します。

今年の阪神牝馬ステークスの本命馬ですが、「⑧リアアメリア」を推奨します。

阪神牝馬ステークス2021_リアアメリア

上図はリアアメリアのデビュー戦から前走中山牝馬ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからリアアメリアのラップ適性を分析すると、「瞬発力型×ラップスピード11秒70~12秒10」のレースで結果を残していることが分かります。
米国牝系に父ディープインパクトの配合らしい軽いスピードが特徴の馬で、高速馬場の瞬発力勝負が向く馬です。

今年の阪神牝馬ステークスで求められるラップ適性は、良馬場想定で「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒60~11秒80」を見込めます。
この阪神牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、後方一気の勝利で非常に高いパフォーマンスを発揮したアルテミスステークスが該当して高評価。

このアルテミスステークスのレース内容と、明らかに瞬発力勝負が向くラップ適性の傾向を加味すると、リアアメリアは阪神牝馬ステークスに対して非常に高いラップ適性が見込めると考えます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級の「A」評価をつけます。

馬場状態は1週前にリアアメリアが好走するための絶対条件として考えていた良馬場開催が見込め、この馬のスピードとキレが活きそうです。
また左回りコース専用で右回りコースは苦手という評価もある馬ですが、右回りコースでの凡走はラップ適性が合わなかったことが敗因と考えており、個人的には気になりません。

このように今回はリアアメリアの好走条件が揃いました。
今年の阪神牝馬ステークスは、リアアメリアで勝負します。

阪神牝馬ステークス2021 まとめ

以上、この記事では阪神牝馬ステークスの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。