keibachiebukuro

【京成杯2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、「京成杯(2021年)」の最終予想として、ラップ分析から選ぶ本命馬をご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

京成杯2021 本命馬

それでは早速ですが、京成杯の本命馬についてご紹介します。

今年の京成杯の本命馬ですが、「⑪テンダンス」を推奨します。

上図は、テンダンスのデビューから3戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

今年の京成杯で想定するラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒10〜12秒20」に対しては、デビュー戦の新馬戦2着が合致します。
この新馬戦は2着に敗れたとはいえ、一定のパフォーマンスを見せていますので評価ができます。

また京成杯で求められる持続力の能力が色濃くでて、脚質型が持続力型となった未勝利戦の圧勝は高く評価しています。
そのため高いラップ適性が見込めると考えます。

タイプとしては、「先行してキレる」瞬発力型のレースに強い先行馬ではなく、「先行して粘る」底力型や持続力型のレースに強い先行馬と考えており、その点から中山芝2000mのレースは合うでしょう。


前走の東スポ杯2歳ステークスはレベルが高いレースでしたし、後方有利の展開の中で先行して3着ですから能力・実績面も評価ができます。

また、この実績で単勝オッズが5.0倍以上つくのであれば、配当面も評価して良いでしょう。

このような背景から、今年の京成杯の本命馬には「⑪テンダンス」を推奨します。

以上、この記事では京成杯の最終予想を特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。