keibachiebukuro

【菊花賞2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬・対抗馬を公開!

この記事では、菊花賞(2021年)の最終予想として本命馬をご紹介します。

馬券予想にご参考ください。

菊花賞2021 本命馬

それでは早速ですが、菊花賞の本命馬をご紹介します。

今年の菊花賞の本命馬ですが、⑤レッドジェネシスを推奨します。

スライド5

上図はレッドジェネシスのデビュー戦から前走神戸新聞杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからレッドジェネシスのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒90〜12秒60」のレースを得意にしていることがわかります。ディープインパクト産駒ながら瞬発力戦になると分が悪く、粘りや持続力が求められる持続力型やバランス型のレースで高いパフォーマンスを発揮してきます。

菊花賞で求められるラップ適性「持続力型・バランス型× 12秒20~12秒40 」に対しては、ゆきやなぎ賞での快勝があり高評価です。
上り3ハロンも36秒台に良績が集中しており、菊花賞で想定する上りがかかる持続力型やバランス型の中長距離戦のレースという条件下は、この馬にとって好条件と言えるでしょう。

ラップ適性から、その期待値は高い一頭。
今年の菊花賞は、⑤レッドジェネシスを本命で推奨します。

菊花賞2021 対抗馬など

ここからは対抗馬や単穴馬、推奨穴馬についてご紹介します。

まずレッドジェネシスに続く2番手・対抗評価として取り上げるのが、⑭ステラヴェローチェ。
粘りや持続力が活きる底力型や持続力型、バランス型に強い馬で菊花賞に対しても高いラップ適性が見込めます。レッドジェネシスに匹敵する高評価です。

続く単穴馬として推奨するのが、⑱オーソクレース。
持続力よりは瞬発力勝負が向く馬と考えているため阪神芝3000mよりは例年の京都芝3000m開催での菊花賞の方が向く馬と考えていますが、それでもラップ適性は水準以上のものが見込めます。
血統から長距離適性の高さが伺えますし、鞍上ルメール騎手の魅力も考慮すれば上位2頭同様に勝ち負けが期待できる一頭でしょう。

連下評価で抑えておきたいのが、③タイトルホルダー。
低速ラップではオールラウンダーなラップ適性を誇る馬ですから、ここも安定したパフォーマンスを見せてくれるでしょう。前走の消化不良の内容を払拭する走りが期待できます。

最後に推奨穴馬として取り上げるのが、⑮ヴァイスメテオール。
距離適性は未知数ながら、菊花賞に対するラップ適性は高いものが見込めます。個人的に能力面の評価も高く、乗り方一つで上位陣を切り崩す可能性は十分です。