keibachiebukuro2

【金鯱賞2021】ラップ分析で最終予想!「渾身の本命馬」を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、豪華メンバーが揃った「金鯱賞」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、金鯱賞の予想の前提となるラップ分析と推奨穴馬、そして最終予想となる本命馬についてです。

ラップ分析から金鯱賞をしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

金鯱賞2021 ラップ分析

金鯱賞2021 ラップ分析

この記事の初めに金鯱賞の予想の前提となるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の金鯱賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

金鯱賞のラップ適性の特徴は、古馬重賞レースでは珍しい脚質型が超瞬発力型まで視野に入る瞬発力勝負のレースであること。
実際に過去5年の金鯱賞の平均の脚質型は瞬発力型となっています。
ラップスピードについては、「ラップスピード11秒90~12秒20」が基本です。

ただし、レース前日の馬場状態は不良。
レース開催日の天気予報は晴れとなっていますが、良馬場まで一気に回復する可能性は低いと考えます。
そのため道悪馬場開催を想定して、ラップスピードの低速化と脚質型の持続力型への移行を考えたいところです。

このような点をふまえて最終的に考える金鯱賞で求められるラップ適性ですが、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード12秒00~12秒30」に設定します。

次以降にご紹介する推奨穴馬と本命馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を選んでいます。

金鯱賞2021 推奨穴馬

それでは、ここからは金鯱賞の推奨穴馬についてご紹介していきます。
なお、この推奨穴馬ならびに後程ご紹介する本命馬のラップ適性についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っています。

今年の金鯱賞の推奨穴馬ですが、「⑩ポタジェ」を推します。

金鯱賞2021 ポタジェ2

上図はポタジェのデビュー戦から前走白富士ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからポタジェのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒80~12秒30」のレースで結果を残していることが分かります。
瞬発力型のレースにおいても連対を外していませんが、勝ちきれていないという視点で考えると瞬発力勝負よりは持続力勝負の方が向く馬と考えています。

1週前時点では脚質型を瞬発力型~超瞬発力型で考えていた金鯱賞ですが、道悪馬場開催の影響で持続力型への適性も求められそうです。
この馬場によるラップ適性の変化が、ポタジェの評価を推奨穴馬まで高めました。

実際に金鯱賞で求められるラップ適性に対しては、3戦1勝、2着2回ながら適性が近接する白富士ステークスや生田特別では高いパフォーマンスを発揮して勝利。
最終的なラップ適性は「B+」と高評価です。

先行・好位から進める脚質で大崩れがなく安定感がありますし、馬場も超高速馬場から時計のかかる低速馬場までこなせる点も魅力。

このような背景から今年の金鯱賞はポタジェを穴馬として推奨します。

金鯱賞2021 本命馬

それでは、この記事の最後に金鯱賞の本命馬についてご紹介します。
今年の金鯱賞の本命馬ですが、「①デアリングタクト」を推奨します。

金鯱賞2021 デアリングタクト2

上図はデアリングタクトのデビュー戦から前走ジャパンカップまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからデアリングタクトのラップ適性を分析すると、「超底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒70~12秒20」のレースで結果を残していることが分かります。
マイルの超高速ラップという条件下を除けば、マイル~中距離戦で幅広いオールラウンダーなラップ適性を誇ることがデアリングタクトのラップ適性における特徴です。

金鯱賞で求められるラップ適性「持続力型~瞬発力型×ラップスピード12秒00~12秒30」に対しては、新馬戦、オークス、秋華賞と3戦して3勝。いずれのレースも高いパフォーマンスを発揮しています。
そのため金鯱賞に対して非常に高いラップ適性が見込めると考えます。

ラップ適性は「A」と最上級の評価です。

デアリングタクトもポタジェ同様に馬場状態を問わないため、開催時の馬場状態が読めない今年の金鯱賞においては安心感があります。

気にしていた状態についても、最終追切は栗東坂路で4ハロン52秒9の自己ベストに近い好時計を馬なりでマーク。
次走を見据えた仕上げではあると思いますが、状態面としてはしっかりと力を発揮できる状態と判断します。

1週前の良馬場想定の予想であればグローリーヴェイズとの本命争いでしたが、道悪馬場開催も視野に入る馬場状態であればデアリングタクトの「能力×ラップ適性」が抜けています。

このような背景から今年の金鯱賞はデアリングタクトを本命で推奨します。

金鯱賞2021 まとめ

この記事では金鯱賞の予想の前提となるラップ分析と推奨穴馬、そして本命馬についてご紹介しました。

今年の金鯱賞の本命馬はデアリングタクト。そして推奨穴馬にはポタジェを推奨します。
この2頭の走りに期待します。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。