NO IMAGE

【小倉大賞典2021】ラップ分析で予想!渾身の本命馬を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、日曜日の小倉の重賞レース「小倉大賞典」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、小倉大賞典の予想のポイントとなるラップ分析と注目馬のラップ適性、そして最終予想となる本命馬についてです。

ラップ分析から小倉大賞典をしっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読みください。

小倉大賞典2021 ラップ分析

小倉大賞典2021 ラップ適性

この記事の初めに小倉大賞典の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の小倉大賞典のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

小倉大賞典のラップ適性の特徴は、小倉芝中距離戦らしい持続力の適性が求められることです。
過去5年の小倉大賞典の脚質型の内3回が持続力型となっています。
過去5年の平均値を取った脚質型も持続力型となっており、ラップ適性として強く持続力の適性が求められることが分かります。

ラップスピードについては若干バラつきがありますが、ラップスピード11秒80前後が基本と考えます。

このような背景をふまえて、今年の小倉大賞典で求められるラップ適性は「持続力型×ラップスピード11秒70~12秒00」に設定します。

次以降にご紹介する注目馬、本命馬のラップ分析については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

小倉大賞典2021 注目馬ラップ適性

ここからは小倉大賞典の注目馬のラップ適性として、想定1番人気の「⑮ボッケリーニ」のラップ適性についてご紹介します。

なお、このラップ適性はA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っていきます。

ボッケリーニ ラップ適性

小倉大賞典2021 ボッケリーニ

上図はボッケリーニの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからボッケリーニのラップ適性を分析すると、高速ラップ~中速ラップの持続力型~瞬発力型のレースを得意にしていることが分かります。
極端な高速時計や低速時計にならなければ、中距離戦においてある程度オールラウンダーなラップ適性を発揮できるのがボッケリーニの特徴です。

小倉大賞典で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11秒70~12秒00」に対しては、3走前の小倉日経オープンで2着の実績があります。
また適性が近接するカシオペアステークスや花見小路特別でも好走実績があり、ラップ適性は高評価です。

そのような背景から、ラップ適性は「B+」と高く評価します!

前走の中日新聞杯では初重賞制覇を飾っていますし、直近4走のレースは連対を外しておらず安定感があります。全兄のラブリーデイと同じように5歳を迎えて本格化といった印象です。

高いラップ適性に加えて近走で示す充実度から、ある程度人気を集めそうですが、ここも馬券圏内はしっかりと確保してくれると予想します!

この後、ご紹介する本命馬同様に注目したい一頭です。

小倉大賞典2021 本命馬

それではここからは、小倉大賞典の最終予想として本命馬についてご紹介していきます。

今年の小倉大賞典の本命馬ですが、「⑦フェアリーポルカ」を推奨します。

フェアリーポルカ ラップ適性

小倉大賞典2021 フェアリーポルカ

こちらはフェアリーポルカの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからフェアリーポルカのラップ適性を分析すると、高速ラップ~低速ラップにおける底力型もしくは持続力型のレースで結果を残していることが分かります。
オークス、秋華賞16着の大敗は気になりますが、このラップ適性においては中山牝馬ステークスや福島牝馬ステークスでの重賞制覇を飾っています。

今年の小倉大賞典で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11秒70~12秒00」に対しては、福島牝馬ステークスで勝利を飾っており高評価。
成績にムラがある点を考慮して、ラップ適性の評価は「A」ではなく「B+」としますが、好走を予感させる適性を示します。

寒い時期に良績が集中しており冬馬の可能性が高く、また芝1800mはここまで5戦して3勝と抜群の相性を示しています。
この点もフェアリーポルカを後押します。

また追切の動きが非常に良く、状態面の良さが伺える点も高評価です。
フェアリーポルカの最終追切は、重馬場の栗東坂路で行われましたが4ハロン52秒8、ラスト1ハロン11秒9の好時計をマーク。
鞍上の和田騎手からも「反応が良くて、鋭さを感じた」とかなり前向きなコメントが出ています。

小倉大賞典に対する高いラップ適性、距離適性などの好走要因、そして状態面の良さ。
このような背景から、今年の小倉大賞典は「⑦フェアリーポルカ」を本命で推奨します!

小倉大賞典2021 まとめ

この記事では小倉大賞典の予想のポイントとなるラップ分析と注目馬のラップ適性、そして最終予想となる本命馬についてご紹介しました。

今年の小倉大賞典の本命馬は「⑦フェアリーポルカ」。
好走条件が揃ったフェアリーポルカの大駆けに期待したいと思います!

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。