keibachiebukuro

神戸新聞杯2020最終予想|この馬には逆らえない!本命馬公開!!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「神戸新聞杯(G2)」の最終予想についてご紹介します。

ラップを軸に神戸新聞杯の本命馬、本命馬に継ぐ推奨馬をご紹介していきます。馬券予想にぜひご参考ください。

神戸新聞杯2020 本命馬

それでは早速ですが、神戸新聞杯の本命馬についてご紹介します。

今年の神戸新聞杯の本命馬は②コントレイルです!

父ディープインパクト以来の無敗の三冠馬を目指すコントレイル。ここはあくまでも通過点の様相が強いです。

馬券妙味は全くありませんが、ここは逆らわらずにコントレイルを本命馬で推奨します。

コントレイル ラップ適性

コントレイル ラップマトリックス

こちらはコントレイルのデビューから前走日本ダービーまでの過去5戦のラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

ラップマトリックスから考えるコントレイルのラップにおける個性は、競走馬としての圧倒的な能力を基盤とするオールラウンダーなラップ適性にあります。

最もパフォーマンスを発揮するラップ適性は、東京スポーツ杯2歳Sのような「バランス型・瞬発力型の高速ラップ」がベストと考えますが、圧倒的な能力で同世代ではラップ適性を問わずに押し切ってしまう強さがあります。

神戸新聞杯で求められるラップ適性「バランス型×ラップスピード12秒10~12秒30」については過去に該当するレースはありませんが、近接するホープフルステークスの勝利とオールラウンダーなラップ適性から問題なく対応してくるでしょう。

 

現在の中京の馬場状態についても、先週同様にやや高速馬場傾向でこの馬向きの状態となっています。

最終追切についても、栗東坂路で馬なりで4ハロン51.6-ラスト1ハロン12.5の好時計をマーク。休み明けでも、しっかりとパフォーマンスを発揮できる状態にあると判断します。

次走の菊花賞になれば多少の死角が生まれる可能性があると考えていますが、ここでは死角が見当たりません。

今年の神戸新聞杯は、コントレイルの勝ちっぷりに注目したいと思います!

神戸新聞杯2020 推奨馬

ここからは本命馬コントレイルに継ぐ推奨馬について1頭ご紹介します。

神戸新聞杯の推奨馬は⑱ヴェルトライゼンデです。

日本ダービー3着、ホープフルステークス2着とメンバー中ではコントレイルに次ぐ実績馬の同馬。

ラップスピードで12秒10を超えるような中速ラップから低速ラップの中距離戦は得意とする条件です。

軽度の骨折明け、ローテーションとして熱発でセントライト記念を回避、叩いて良くなる仕上げのタイプの馬と不安要素もあり、狙い目は次走の菊花賞とは思いますが、ここでも馬券に絡む好走が期待できると予想します。

 

以上、この記事では神戸新聞杯の最終予想についてご紹介しました。

ご紹介した内容が神戸新聞杯を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。