keibachiebukuro_5

神戸新聞杯2021予想|ラップ分析で選ぶ推奨馬を公開!

この記事では、注目の重賞競走「神戸新聞杯(2021年)」の予想を特集します。

ご紹介する内容は、神戸新聞杯で求められるラップ適性と有力馬となるシャフリヤール、ステラヴェローチェ、ワンダフルタウン、レッドジェネシス、キングストンボーイの評価、そして有力馬の中から選ぶ推奨馬についてです。

馬券予想にぜひご参考ください。

神戸新聞杯2021 ラップ分析

まず初めに神戸新聞杯で求められるラップ適性について考察していきます。

神戸新聞杯2021_ラップマトリックス

上図は、昨年の神戸新聞杯のラップ傾向をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスとは縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数でターゲットフロンティアでも使用される数値「RPCI」を取り、該当レースのラップ傾向をまとめたグラフです。

昨年はフルゲートによる多頭数でラップ適性は「持続力型×ラップスピード12秒05」となった神戸新聞杯ですが、今年は8頭の少頭数で開催が予定されます。メンバー構成を見てもレースを引っ張る逃げ馬が見当たらず、今年は昨年とは異なり、良馬場であればスローペースの瞬発力勝負が予想されます。

そのため今年の神戸新聞杯で求められるラップ適性ですが、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード12秒00~12秒15」に設定します。コース的に上りの速さが求められるわけではありませんが、ラップ適性・展開から末脚の能力は必須で好走条件と言えるでしょう。

次以降でご紹介する有力馬の評価については、この求められる適性を判断軸に行っていきます。

神戸新聞杯 ステラヴェローチェ ラップ適性

ここからは神戸新聞杯の有力馬の評価、そして有力馬の中から選ぶ推奨馬についてご紹介します。

まず初めに「ステラヴェローチェ」を取り上げます。

神戸新聞杯2021_ステラヴェローチェ

上図はステラヴェローチェのデビュー戦から前走日本ダービーまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。プロットしたグラフにはレース名、馬場状態、レース全体の上り3ハロン、馬場差、着順を示しています。

ラップマトリックスから考えるステラヴェローチェのラップ適性の特徴ですが、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒50~12秒50」のレースを得意にしています。

レース内容・血統から本質的に脚質型は底力型や持続力型、ラップスピードは時計がかかるほど良い馬と考えますが、日本ダービーの結果から瞬発力型や高速ラップにも適応するオールラウンダーな適性を兼ね備えます。

神戸新聞杯で求められるラップ適性に対しては初勝利を飾った新馬戦が合致し、末脚勝負でキレ負けした共同通信杯5着の結果が近接します。

一定のオールラウンダーなラップ適性は見込めるとはいえ、少頭数で瞬発力勝負を想定する今年の神戸新聞杯ではやや分が悪い印象。A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は「B+」とします。

皐月賞、日本ダービーに続き馬券圏内を確保する確率は高いと考える一頭ですが、瞬発力勝負を想定するレースとなるとシャフリヤールとの逆転は難しいと予想します。

神戸新聞杯 ワンダフルタウン ラップ適性

2頭目には「ワンダフルタウン」を取り上げます。

神戸新聞杯2021_ワンダフルタウン

上図はワンダフルタウンのデビュー戦から前走日本ダービーまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるワンダフルタウンのラップ適性の特徴ですが、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒20」のレースを得意にしています。

上り35秒前後のやや時計のかかる上り勝負のレースを得意にしており、ルーラーシップ産駒らしいスピードの持続力を活かせる競馬を得意とします。

神戸新聞杯で求められるラップ適性に対しては、重賞制覇を飾った青葉賞と馬券圏内の新馬戦、萩ステークスの3戦が合致して馬券圏内を外していません。

このような背景から高いラップ適性が見込めるといえ、本来であればラップ適性「A」評価でも良い馬ですが、スローからの瞬発力勝負になるとやや分が悪い印象で評価は「B+」までに留めます。

一定のラップ適性は評価しつつも日本ダービーのレース内容を見る限り、上位陣のシャフリヤールやステラヴェローチェとの逆転をここで望むのは厳しいと考えます。

神戸新聞杯 レッドジェネシス ラップ適性

3頭目には「レッドジェネシス」を取り上げます。

神戸新聞杯2021_レッドジェネシス

上図はレッドジェネシスのデビュー戦から前走日本ダービーまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるレッドジェネシスのラップ適性の特徴ですが、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒90~12秒40」のレースを得意にしています。

ワンダフルタウン同様に上りはやや時計がかかる方がよく、スピードの持続力が活かせる持続力型のレースでパフォーマンスを上げてきます。ラップスピードも高速ラップよりは中速ラップや低速ラップの方が良績です。

神戸新聞杯で求められるラップ適性に対しては、6着と着外となったフリージア賞が合致します。

ラップ適性は評価しても及第点レベルと考え、「B」評価とします。

前走の日本ダービーのレース内容を見る限り、ワンダフルタウン同様にシャフリヤールやステラヴェローチェとの逆転を望むのは厳しいと考える一頭です。

神戸新聞杯 キングストンボーイ ラップ適性

4頭目には「キングストンボーイ」を取り上げます。

神戸新聞杯2021_キングストンボーイ

上図はキングストンボーイのデビュー戦から前走青葉賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるキングストンボーイのラップ適性の特徴ですが、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒50」のレースを得意にしています。

スピードが出る超高速馬場や高速馬場で軽いスピードと瞬発力を活かした走りがキングストンボーイの特徴と考えています。

このキングストンボーイのラップ適性は、神戸新聞杯で求められるラップ適性とも合致して高く評価しています。実際にラップ適性が合致する青葉賞では、僅差の2着と好走しています。

ラップ適性の評価は最上級評価の「A」とします。

ルメール騎手鞍上のためオッズが読みにくい状況ですが、実績からある程度オッズがつくと考えれば穴馬筆頭として推したい馬です。

神戸新聞杯2021 推奨馬

それでは、この記事の最後に神戸新聞杯の1週前推奨馬をご紹介します。

推奨馬には、「シャフリヤール」を取り上げます。

神戸新聞杯2021_シャフリヤール

上図はシャフリヤールのデビュー戦から前走日本ダービーまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるシャフリヤールのラップ適性の特徴ですが、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード11秒50~12秒20」のレースを得意にしています。

スピードの絶対値と瞬発力が売りの馬で、持ち前のスピードが活かせる超高速馬場もしくは高速馬場での末脚比べで高いパフォーマンスを発揮してくることがシャフリヤールの特徴です。

神戸新聞杯で求められるラップ適性に対しては適性が合致するレースはありませんが、適性が近接する共同通信杯や適性がやや近接する日本ダービーの結果・レース内容をふまえると非常に高いラップ適性が見込めると評価します。

ラップ適性の評価は最上級評価の「A」をつけます。

日本ダービーはラップ適性、馬場適性、そして展開が向いたとはいえ、馬群を割る末脚は秀逸でした。日本ダービーよりも多少上りがかかるとはいえ、少頭数の瞬発力勝負のレース想定で今回のメンバー構成であれば勝ち負けは必須と予想します。

人気を集めそうですが、ラップ適性からはシャフリヤールには逆らえないと考えます。