keibachiebukuro

【京都牝馬ステークス2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬!混戦を抜け出す一頭!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、土曜日の阪神の重賞レース「京都牝馬ステークス」の最終予想について特集します。

なお仕事の関係で記事制作の時間が十分に確保できないため、京都牝馬ステークスについては本命馬のみをご紹介させていただきます。

京都牝馬ステークス2021 本命馬

それでは早速ですが、今年の京都牝馬ステークスの本命馬についてご紹介していきます。

今年の京都牝馬ステークスの本命馬ですが、「④イベリス」を推奨します。

イベリス ラップ適性

京都牝馬S イベリス

こちらはイベリスの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからイベリスのラップ適性を分析すると、成績のバラつきはありますが超高速ラップもしくは高速ラップの底力型や持続力型のレースを得意にしていることが分かります。

阪神芝1400mで開催される今年の京都牝馬ステークスで想定するラップ適性は「底力型・持続力型×ラップスピード11秒40~11秒60」。
この求められるラップ適性に対しては、UHB賞で3着の実績があり、まずまずといった評価です。

ラップ適性は「B+」と評価します。

正直、本命馬のラップ適性で「B+」の評価というのは心許ない気もしますが、今回のメンバー中においてはイベリスがメンバー中ナンバー1のラップ適性と考えます。

今の阪神の芝コースの高速馬場に対する馬場適性も高く、前残りの馬場傾向は先行力があるイベリスにとって大きなプラス材料です。

このような背景から、今年の京都牝馬ステークスは「④イベリス」を本命で推奨します!

 

以上、この記事では京都牝馬ステークスの最終予想についてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。