【京都金杯2020 予想】推奨馬!抜群のコース適性を誇る馬を狙いたい!

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、2020年の競馬予想を占う意味で重要な一戦 「京都金杯」 の枠順確定前の推奨馬を特集します!

しっかりと予想していますので、ぜひ最後までお読み下さい!!


[toc]

【京都金杯2020 予想】推奨馬!抜群のコース適性を誇る馬を狙いたい!

それでは京都金杯の枠順確定前の推奨馬をご紹介します!

【京都金杯 枠順確定前推奨馬】

・ソーグリッタリング


京都金杯の枠順確定前の推奨馬は「ソーグリッタリング」です!

このソーグリッタリングを現時点で推奨する理由について、血統の観点からご紹介します。


京都金杯でソーグリッタリングを推奨する理由!

ソーグリッタリング
ソーグリッタリング 血統表

ソーグリッタリングの血統は父ステイゴールド、母ソーマジック、母父シンボリクリスエスの配合です。

血統のポイントは「ロベルト系を内包するステイゴールド産駒の京都外回りコースに対する高い適性」。

母系にロベルト系の血統を内包するステイゴールド産駒といえば、パフォーマープロミスやステイフーリッシュ、血統の5代まで拡大すれば名馬ゴールドシップなどがあげられます。共通する個性は「一瞬のキレ」には劣るものの、スピードの持続力に長け、長くいい脚を使えることです。
このような個性から、この配合は淀の下り坂からスピードアップして持続力勝負になりやすい京都外回りコースで好走します。

実際にソーグリッタリングの京都外回りコースの成績は、7戦して3勝、2着3回、3着1回と抜群の成績を残しています。
2016年の京都金杯の勝馬であるウインプリメーラが、同じロベルト系を内包するステイゴールド産駒であることも後押します。この馬も京都外回りコースはめっぽう強い馬でした。

ステイゴールド×ロベルト系の配合が生み出す京都外回りコースの高い適性を期待して、ソーグリッタリングを枠順確定前の推奨馬とします。



以上、この記事では京都金杯の枠順確定前の推奨馬について特集しました。

なお、京都金杯の最終予想については下記の記事でご紹介しています。ぜひ、ご参考下さい!

[st-card id=14290 label=”必見!” readmore=”on”]

馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。