京都金杯2021 最終予想

京都金杯2021|ラップ分析で選ぶ3頭!渾身の最終予想!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、2021年の競馬の始まり「京都金杯」の最終予想について特集します。ご紹介する内容は、京都金杯の本命馬と対抗馬、推奨穴馬についてです。

京都金杯をラップからしっかりと予想していきます。ぜひ最後までお読みください。

京都金杯2021 本命馬

それでは早速ですが、京都金杯の本命馬についてご紹介してきます。

今年の京都金杯の本命馬ですが、「④ピースワンパラディ」を推奨します。

京都金杯2021 ピースワンパラディ

こちらはピースワンパラディの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからピースワンパラディのラップ適性を分析すると、高速ラップの持続力型もしくはバランス型のレースに強いことが分かります。高速ラップの持続力型もしくはバランス型となったレースは、ポートアイランドステークス、キャピタルステークス、湘南ステークスと3戦して2勝、2着1回と好成績をあげています。

京都金杯で想定するラップ適性についても、前々走のポートアイランドステークスで2着、前走のキャピタルステークスで1着と連対を外しておらず高評価。このような点から、京都金杯に対して高いラップ適性が見込めます。

次に馬場適性について目を向けると、軽い時計が出る高速馬場から重たく時計のかかる低速馬場まで幅広くこなしており、馬場状態は不問です。この点は安心材料です。

左回り1600mはこの馬にとってベストなコースと考えており、中京芝1600mで開催される今年の京都金杯だからこそ狙いたい一頭。

高いラップ適性、馬場不問の馬場適性、コース適性。このような背景から、今年の京都金杯はピースワンパラディを本命で推奨します。

京都金杯2021 対抗馬

続いて、京都金杯の対抗馬についてご紹介します。

京都金杯の対抗馬ですが、「⑩シュリ」を推奨します。

京都金杯2021 シュリ2

こちらはシュリのデビュー戦から前走リゲルステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからシュリのラップ適性を分析すると、脚質型は持続力型から瞬発力型、ラップスピードは高速ラップから低速ラップまでとマルチなラップ適性を示していることが分かります。今年の京都金杯で想定するラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11秒50~11秒70」についても、前々走の同コースで行われた納屋橋ステークスが合致しており、このレースを快勝している点から高いラップ適性が見込めます。

馬場適性については、近2走のレース振りから低速馬場よりは高速馬場の方が良い馬と考えています。現在の中京競馬場の芝コースは、3コーナーから4コーナーの内側には部分的な傷みは見られるもののクッション値はやや硬めに出ています。またレース当日の天気予報は「晴れ」ですから、レース開催時の馬場差は-1.0前後のやや高速馬場に振れると読みます。この馬場傾向もシュリを後押します。

また追切の動きが抜群であったことも見逃せません。重馬場の栗東坂路で行われた追切は4ハロン51.4-ラスト1ハロン11.9の絶好時計をマーク。勝負気配が漂います。

このような点から重賞初挑戦とはいえ、ここも好勝負必須の一頭と考えます。京都金杯の対抗馬にはシュリを推奨します。

ここまで京都金杯の本命馬・対抗馬としてピースワンパラディ、シュリについて特集しました。続いては、京都金杯で馬券の配当妙味を生み出すことが期待される推奨穴馬についてご紹介していきます。

京都金杯2021 推奨穴馬

この記事の最後に京都金杯の推奨穴馬についてご紹介します。

京都金杯の推奨穴馬ですが、「⑫ラセット」を推奨します。

京都金杯2021 ラセット

こちらはラセットの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからラセットのラップ適性を分析すると、高速ラップの底力型もしくは持続力型のレースに強いことが分かります。追い込み脚質で毎回メンバー中上位の末脚を繰り出すラセットですから、展開的に前傾ラップになって末脚が活きる舞台で着順をあげてきます。

今年の京都金杯で想定するラップ適性についても重賞の中京記念、リステッド競争のポートアイランドステークス、米子ステークスで馬券に絡む走りを見せており高評価。このような背景から京都金杯に対して、高いラップ適性が見込めます。

馬場適性についても低速馬場よりは高速馬場の方が良く好印象です。

このように高いラップ適性と終いの末脚は確かなものが見込めるラセット。追い込み脚質のため展開待ちな点は否めませんが、ハマった時の一発は強力です。予想以上に展開が前向きで前傾ラップになった際の後方大外一気。この内容にレースが傾いた際には十分に勝ち負けまで考えられます。

このような背景から、今年の京都金杯の推奨穴馬としてラセットを推奨したいと思います。

京都金杯2021 予想 まとめ

この記事では京都金杯の最終予想として本命馬と対抗馬、そして推奨穴馬についてご紹介しました。

本命馬にはピースワンパラディ、対抗馬にはシュリ、推奨穴馬にはラセットを推奨します。この3頭の走りに期待したいと思います。

今回、ご紹介した内容が馬券を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。