keibachiebukuro

【毎日杯2021予想】ラップ分析で選ぶ「渾身の本命馬・推奨穴馬」を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、土曜日の阪神メインのG3競走「毎日杯」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、毎日杯の予想の前提となるラップ分析と有力馬のラップ適性、そして最終予想となる推奨穴馬、本命馬についてです。

毎日杯をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

毎日杯2021 ラップ分析

毎日杯2021_ラップ分析

この記事の初めに毎日杯の予想の前提となるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の毎日杯のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

毎日杯のラップ適性の特徴は、直線が長い大箱阪神芝1800mらしい瞬発力勝負のレースであること。
過去5年の毎日杯の脚質型は道悪開催となった昨年を除けば、バランス型が1回、瞬発力型が2回、超瞬発力型が1回となっており、瞬発力勝負の一戦となっていることが分かります。。
ラップスピードについては、やや高速ラップ~中速ラップ「ラップスピード11秒80~12秒00」が基本です。

天気予報を見る限り、レース開催日の土曜日までは天候が持ちそうで良馬場開催が想定されます。
そのため、今年の毎日杯は例年通りのラップ適性と考えてよいでしょう。

このような点をふまえて考える今年の毎日杯で求められる最終的なラップ適性ですが、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒00」に設定します。

次以降にご紹介する有力馬のラップ適性、最終予想となる本命馬・推奨穴馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を選んでいます。

毎日杯2021 有力馬 ラップ適性

ここからは毎日杯の最有力馬となるグレートマジシャンのラップ適性についてご紹介していきます。

毎日杯2021_グレートマジシャン

上図はグレートマジシャンのデビュー戦、前走セントポーリア賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからグレートマジシャンのラップ適性を分析すると、現時点では「瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒10」のレースで結果を残していることが分かります。
ここまで2戦で示すグレートマジシャンのラップ適性は、毎日杯で求められるラップ適性とも合致して高評価。

A、B+、B、B-、Cの5段階で行うラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

このように高いラップ適性が見込めるグレートマジシャン。
本来であれば本命で推しても良い馬ですが、デビュー2戦のメンバーレベルが低評価と考えており、出走馬との能力比較を疑問視しています。
最終的にその点が払拭できず、本命馬までには至っていません。

毎日杯2021 推奨穴馬

それでは、ここからは毎日杯の最終予想として推奨穴馬と本命馬についてご紹介していきます。
まず初めに推奨穴馬をご紹介します。

今年の毎日杯の推奨穴馬ですが、ダディーズビビットを推奨します。

毎日杯2021_ダディーズビビット

上図はダディーズビビットのデビュー戦から前走シンザン記念までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからダディーズビビットのラップ適性を分析すると、「瞬発力型×ラップスピード11秒70~12秒10」のレースを得意にしていることが分かります。
持続力勝負となったシンザン記念やサウジアラビアロイヤルカップで凡走した一方で、瞬発力勝負となった3戦は連対を外しておらず、明らかに瞬発力勝負で高いパフォーマンスを発揮してくる馬です。

毎日杯で求められるラップ適性に対しては、適性が合致する野路菊ステークスで2着、適性が近接する新馬戦、こうやまき賞で1着。
このような背景からダディーズビビットは毎日杯に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は「B+」と高評価です。

前走のシンザン記念の大敗が気になることと、距離が200m長い印象を受けるため推奨穴馬までで留めましたが、ラップ適性からは好走が期待できる一頭。
前走からの一気の変わり身に要注意の特注穴馬と予想します。

毎日杯2021 本命馬

それではこの動画の最後に毎日杯の本命馬をご紹介します。

今年の毎日杯の本命馬ですが、シャフリヤールを推奨します。

毎日杯2021_シャフリヤール

上図はシャフリヤールのデビュー戦、前走共同通信杯のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからシャフリヤールのラップ適性を分析すると、現時点では「瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒20」のレースで結果を残していることが分かります。
全兄にはG1馬アルアインがいる同馬ですが小柄な馬体からもわかる通り、兄とは異なり、ディープインパクト産駒らしい瞬発力を活かす競馬が得意な馬ではないかと考えています。

毎日杯で求められるラップ適性に対しては、前走の共同通信杯が合致して3着という結果を残しています。
この共同通信杯は、勝ったのはクラシック主役候補のエフフォーリア、2着のヴィクティファルスは次走のスプリングステークスを勝利しており、 ハイレベルレースと言えます。
ラップ適性が合致かつハイレベルレースであった共同通信杯で3着という結果は、高く評価できます。

そのためラップ適性の評価は「B+」と高評価です。

まだまだ2戦1勝馬のため、未知な部分が大きいですがラップ適性は高いものが見込めます。
兄アルアインに続く、毎日杯制覇に期待したいです。

今年の毎日杯の本命馬にはシャフリヤールを推奨します。

毎日杯2021 まとめ

以上、この記事では毎日杯の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。