keibachiebukuro2

【マイラーズカップ2021予想】ラップ分析から選ぶ本命馬・対抗馬!

この記事では、「マイラーズカップ」の最終予想を特集します。

ご紹介する内容は、マイラーズカップの予想の前提となるラップ分析と対抗馬、そして本命馬についてです。

マイラーズカップをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

マイラーズカップ2021 ラップ分析

この記事の初めにマイラーズカップの予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。

マイラーズC2021_ラップマトリックス

上図は、京都芝1600mで開催された直近5年のマイラーズカップのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスとは縦軸にラップスピードを取り、横軸には上り3ハロンを起点にしたラップ変化「RPCI」を取り、該当レースのラップ適性をまとめたグラフです。

このラップマトリックスからマイラーズカップのラップ適性を分析すると、脚質型は持続力型もしくはバランス型となっています。
今年は例年の京都芝1600mとは異なる阪神芝1600mでレースが開催されますが、メンバー構成を見る限り、スローからの直線よーいドンの瞬発力勝負はなさそうです。
そのため開催コースは異なりますが、例年通りの持続力型やバランス型を想定しています。

ラップスピードについてはレース開催時の天候は晴れ予報ですし、今年の阪神開催は超高速馬場となっていますのでこちらも例年通りの想定で問題ないでしょう。

このような背景をふまえて考える今年のマイラーズカップで求められるラップ適性ですが、良馬場想定で「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒50~11秒70」に設定したいと思います。

次以降にご紹介する対抗馬・本命馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を選んでいます。

マイラーズカップ2021 対抗馬

それではここからは、マイラーズカップの対抗馬についてご紹介します。

今年のマイラーズカップの対抗馬ですが、「②エアスピネル」を推奨します。

マイラーズC2021_エアスピネル

こちらはエアスピネルのダート転向前の芝レースのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからエアスピネルの芝レースにおけるラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒40~11秒90」のレースを得意にしていることが分かります。

マイラーズカップで求められるラップ適性に対しては、2018年のマイルチャンピオンシップで10着と凡走していますが、2017年の京都金杯で1着、同じく2017年のマイラーズカップで2着と好走実績があり高評価。
ラップ適性が近接する2017年のマイルチャンピオンシップでは、勝馬ペルシアンナイトとハナ差の2着という結果も残しています。

このような背景からエアスピネルはマイラーズカップに対して非常に高いラップ適性が見込めると考えます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

今回は久しぶりの芝レースに戻っての一戦となり、芝重賞マイル戦の速いラップスピードについていけるかどうかは不安ではあります。
それでもラップ適性はピカイチの一頭。

このような背景から、今年のマイラーズカップの対抗馬にはエアスピネルを推奨します。

マイラーズカップ2021 本命馬

それでは、この記事の最後にマイラーズカップの本命馬についてご紹介します。

今年のマイラーズカップの本命馬ですが、「⑤ケイデンスコール」を推奨します。

マイラーズC2021_ケイデンスコール

こちらはケイデンスコールの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからケイデンスコールのラップ適性を分析すると、「持続力型×ラップスピード11秒50~11秒70」のレースを得意にしていることが分かります。

マイラーズカップで求められるラップ適性に対しては、前走の中山記念、復活勝利を飾った前々走の京都金杯と直近2走のレースが合致しており高評価。
マイラーズカップに対するケイデンスコールのラップ適性は高いものが見込めます。
3走以前の不安定な結果を考慮して多少評価を割り引きますが、それでもラップ適性の評価は「B+」と高評価です。

例年よりもメンバーレベルが低く混戦模様の今年のマイラーズカップで最終的にケイデンスコールを本命にした理由は、ここまでご紹介した高いラップ適性に加えて近走のレース内容。

復活勝利を飾った前々走の京都金杯は、うまく内を立ち回り快勝。
迎えた前走の中山記念は直線でヒシイグアスに蓋をされる厳しい競馬となりながら、ラストは馬群を割って力強く伸びてヒシイグアスとクビ差の2着。
復活を印象付ける直近2走のレース内容は素晴らしいものがあります。

直近2走のレース内容をふまえれば、今回のメンバーでは能力面で抜けている印象。
高いラップ適性も重なって、今回も勝ち負けが期待できるでしょう。

このような背景から、今年のマイラーズカップの本命馬にはケイデンスコールを推奨します。

マイラーズカップ2021 まとめ

以上、この記事ではマイラーズカップの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。