keibachiebukuro

【中山牝馬ステークス2021】ラップ分析で予想!有力馬を徹底解説!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、注目の重賞競走「中山牝馬ステークス」の予想について特集します。

ご紹介する内容は、中山牝馬ステークスの予想のポイントとなるラップ分析と有力馬、特注馬のラップ適性についてです。

中山牝馬ステークスをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

中山牝馬ステークス2021 ラップ分析

中山牝馬2021 ラップ分析

この記事の初めに中山牝馬ステークスの予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の中山牝馬ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

中山牝馬ステークスのラップ適性の特徴は、中山芝中距離戦にしては珍しい瞬発力勝負が求められるレースであること。
特殊な馬場で開催された昨年を除けば、脚質型はバランス型に寄った持続力型が1回、瞬発力と持続力の双方が求められ4ハロン勝負のバランス型が1回、そして瞬発力型が2回となっており、過去5年平均の脚質型はバランス型となっています。

ラップスピートについては、中速ラップ~低速ラップ「ラップスピート12秒00~12秒30」が基本です。

このような点をふまえて考える今年の中山牝馬ステークスで求められるラップ適性ですが、「バランス型・瞬発力型×ラップスピート12秒00~12秒30」に設定します。

次以降にご紹介する有力馬、特注馬のラップ分析については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

中山牝馬ステークス 有力馬ラップ適性

それでは、ここからは中山牝馬ステークスの有力馬リアアメリア、ドナアトラエンテのラップ適性について評価を行っていきます。

なお、このラップ適性についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っていきます。

リアアメリア ラップ適性

中山牝馬2021 リアアメリア

まず初めに、「リアアメリア」を取り上げます。

こちらはリアアメリアのデビュー戦から前走エリザベス女王杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからリアアメリアのラップ適性を分析すると、「瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒10」のレースで結果を残していることが分かります。
早い時計が出るマイルから中距離戦での瞬発力勝負に強いという点がリアアメリアのラップ適性の特徴です。
一方で底力型や持続力型といったレースになると全くダメで極端な適性を示しています。

中山牝馬ステークスで求められるラップ適性「バランス型・瞬発力型×ラップスピート12秒00~12秒30」に対しては、4着ながら高いパフォーマンスを見せたオークスが合致しており、同じく高いパフォーマンスを見せて勝利したローズステークスや新馬戦が近接します。
このような点から中山牝馬ステークスに対して、リアアメリアは高いラップ適性が見込めると考えます。

ただ中速ラップから低速ラップへの適性が疑問のため、その点を割り引きラップ適性の評価は「B+」までで留めます。

気になる状態面については、1週前追切こそ栗東坂路で4ハロン56秒1-ラスト1ハロン12秒8と平凡でしたが、2週前追切や3月7日(日)の追切では栗東CWで6ハロン82秒台の時計を馬なりでマークしています。
順調に仕上がっていると判断してよいでしょう。

ラップ適性からは瞬発力勝負に強いリアアメリア。
過去5年のラップ適性から瞬発力が求められる中山牝馬ステークスですから、脚質型としては合いそうです。

ただラップスピードがこの馬にとってはやや低速ラップに向いており、この馬の持ち味のスピードがどこまで生かせるかはやや疑問。

そのため良馬場であれば本命~2番手・3番手候補まで視野に入ります。
一方道悪馬場であれば思い切って「切り」の一頭。

1週前時点の予想では、そのように評価しています。

ドナアトラエンテ ラップ適性

中山牝馬S2021 ドナアトラエンテ

次に「ドナアトラエンテ」を取り上げます。

上図はドナアトラエンテのデビュー戦から前走初富士ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからドナアトラエンテのラップ適性を分析すると、「超底力型~超瞬発力型×ラップスピード11秒60~12秒30」のレースで安定した結果を残しており、非常に幅広いラップ適性を発揮していることが分かります。
姉のジェンティルドンナと同様に幅広いラップ適性を有するという点がドナアトラエンテの特徴です。

中山牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、3走前のレインボーステークスが合致しており2着という結果を残しており、まずまずの評価。
ラップ適性は「B+」と高評価です。

気になる状態面ですが、1週前追切は美穂南Wにて併せ馬で行われ、6ハロン64秒5-ラスト1ハロン12秒6の時計を馬なりでマーク。
併せ馬では1秒5追走して馬なりで同入しており、動きも軽快です。能力は十分発揮できる状態と判断してよいでしょう。

非常に幅広いラップ適性からここも安定して力を発揮してくることが予想される一頭。
有力馬の中で斤量53kgという軽斤量も魅力で、凡走は考えづらいです。

ジェンティルドンナの全妹、そして鞍上はルメール騎手ということで実績以上に人気を集めそうな点は気になりますが馬券的には抑えておく必要がある馬と評価します。

中山牝馬ステークス 特注馬ラップ適性

それでは、ここからは中山牝馬ステークスのラップ適性から考える特注馬について2頭ご紹介していきます。

シャドウディーヴァ ラップ適性

中山牝馬S2021 シャドウディーヴァ

まず特注馬の一頭目には「シャドウディーヴァ」を取り上げます。

こちらはシャドウディーヴァの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからシャドウディーヴァのラップ適性を分析すると、成績にバラつきがありますが「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒60~12秒10」のレースを得意にしていることが分かります。
やや時計のかかるレースで力強い末脚を発揮するというのが、シャドウディーヴァの好走パターンと考えます。

中山牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、適性が合致するエリザベス女王杯で15着の結果がありますが、これは距離適性外で度外視。
逆に適性が近接して同コースとなる常総ステークスでの勝利を高く評価したいところです。

このような背景からラップ適性はAに近い「B+」と高く評価します。

1週前追切の段階では時計的に物足りませんが、調教掛けする馬ではありませんからさほど気になりません。

前走東京新聞杯では、この馬には不向きと考える高速ラップでも強い競馬を見せてくれました。
勢いそのままに中山牝馬ステークスに対する高いラップ適性から、ここも好勝負が期待できそうです。

次にご紹介する2頭目の特注馬と同様に本命候補の一頭として高く評価したいです。

シーズンズギフト ラップ適性

中山牝馬S2021 シーズンズギフト

特注馬の二頭目には「シーズンズギフト」を取り上げます。

こちらはシーズンズギフトのデビュー戦から前走ターコイズステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからシーズンズギフトのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード12秒00~12秒40」のレースを得意にしていることが分かります。
エピファネイア産駒らしい瞬発力勝負に強いことがシーズンズギフトの特徴です。

中山牝馬ステークスで求められるラップ適性に対しては、紫苑ステークスで3着、若竹賞で1着と好成績をあげています。
ラップスピードが低速化、また瞬発力勝負になるほど成績が上がっている点を考慮すると、中山牝馬ステークスに対するラップ適性は非常に高いものが見込めると考えます。

このような背景からラップ適性は「A」と最上級の評価です。

状態面に目を向けると、1週前追切では美穂南Wで6ハロン64秒4の自己ベストをマーク。
かかり癖は気になりますが、時計自体は好時計で評価ができます。

気性的な課題が大きい一頭ですが、ラップ適性はメンバー中ナンバー1と考えます。
ある程度人気が見込めることも考慮すると、思い切って狙って面白い一頭かと考えています。
シャドウディーヴァ同様に1週前時点の本命候補の一頭として取り上げたいと思います。

中山牝馬ステークス2021 まとめ

この記事では中山牝馬ステークスの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。