keibachiebukuro2

【中山牝馬ステークス2022 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、「中山牝馬ステークス(2022年)」の最終予想として、ラップ分析から選ぶ本命馬をご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

中山牝馬ステークス2022 本命馬

それでは早速ですが、中山牝馬ステークスの本命馬についてご紹介します。

今年の中山牝馬ステークスの本命馬ですが、「⑪ルビーカサブランカ」を推奨します。

最終的な本命候補はルビーカサブランカとテルツェットの2頭。
その上でテルツェットは斤量が厳しい印象が強く、安定感を取って充実著しいルビーカサブランカを本命とします。

こちらは、ルビーカサブランカのラップマトリックスです。
プロットしたグラフには、直近のレース名と馬場状態、着順、上がり3ハロンを記載しています。その上で青いゾーンは得意とするラップ適性、赤いゾーンはレースで求められるラップ適性となっています。

ラップマトリックスからルビーカサブランカのラップ適性を分析すると、「持続力型〜瞬発力型×ラップスピード11.90〜12.15」のレースを得意にしていることが分かります。

今年の中山牝馬ステークスで想定するラップ適性は、過去の良馬場開催で傾向を示す「持続力型〜バランス型×ラップスピード11.95〜12.10」。

この求められるラップ適性に対してルビーカサブランカの戦績としては、オリオンステークス1着、五稜郭ステークス3着と馬券圏内を外しておらず、好成績を残しています。
そのため、中山牝馬ステークスに対して高いラップ適性が見込めると考えます。

直近の安定した走り、ある程度流れるであろう展開、徐々に荒れつつある馬場傾向などラップ適性だけでない好走条件も揃っています。

馬券圏内は確保してくれると予想して、今年の中山牝馬ステークスは「⑪ルビーカサブランカ」を本命で推奨します。

中山牝馬ステークス2022 まとめ

この記事では中山牝馬ステークス(2022年)の最終予想を特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。