nakayama2021

【中山記念2021 予想】ラップ分析から選ぶ「渾身の本命馬」!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、伝統のG2競争「中山記念」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、中山記念の予想の前提となるラップ分析と本命馬に次ぐ対抗馬、そして最終予想となる本命馬についてです。

中山記念をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

中山記念2021 ラップ分析

中山記念2021 ラップ分析

この記事の初めに中山記念の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の中山記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

中山記念のラップ適性の特徴は、中山芝1800mコースらしいワンペースな持続力の適性が求められること。
過去5年の中山記念の内3回は脚質型が持続力型と最も多くなっています。

ラップスピードについては多少バラつきがありますが、良馬場であれば高速ラップ~中速ラップ「ラップスピード11秒70~12秒00」が基本です。
土曜日のレースを見る限り、今の中山芝コースは掴みづらい点はありますが幕張ステークスの結果からやや高速馬場傾向、そして完全な前有利な傾向と読みます。

このような背景をふまえて、今年の中山記念で求められるラップ適性は「持続力型×ラップスピード11秒70~11秒90」に設定します。

次以降にご紹介する本命馬に次ぐ対抗馬、そして本命馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を推奨します。

中山記念2021 推奨馬ラップ適性

ここからは中山記念の対抗馬と本命馬についてご紹介します。
なお対抗馬、本命馬のラップ適性の評価については、A、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っています。

まず中山記念の対抗馬ですが、「⑦バビット」を推奨します。

バビット ラップ適性

中山記念2021 バビット

上図はバビットのデビュー戦から前走有馬記念までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからバビットのラップ適性を分析すると、高速ラップから低速ラップにおける持続力型のレースを得意にしていることが分かります。
持続力型のレースは、重賞レースのセントライト記念やラジオNIKKEI賞の重賞勝利を含む5戦して3勝、2着2回と抜群の成績をあげています。

とにかくワンペースな逃げを打ち、持続力勝負に持ち込んで良い馬と言えるでしょう。

このようなラップ適性を示すバビットですから、当然ながら中山記念に対するラップ適性も高いものが見込めます。
実際に中山記念で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11秒70~11秒90」に対しては、近接するラジオNIKKEI賞で圧勝を見せており高評価。

ラップ適性は「A」評価と高く評価します。

気になる状態については、最終追切こそ時計は平凡で軽めに追われていますが、1週前追切では栗東坂路で一杯に追われて自己ベストタイの好時計をマーク。
しっかりと力を発揮できる状態です。

また現在の中山芝コースの前有利な馬場傾向も逃げ脚質のバビットにとっては大きなプラス材料です。
ここは直近2走の大敗からの巻き返しが期待でき、勝ち負けが見込める一頭と評価します!

中山記念2021 本命馬

それでは、この記事の最後に中山記念の本命馬についてご紹介します。

今年の中山記念の本命馬ですが、「①トーセンスーリヤ」を推奨します!

トーセンスーリヤ ラップ適性

中山記念2021 トーセンスーリヤ

上図はトーセンスーリヤの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからトーセンスーリヤのラップ適性を分析すると、高速ラップから中速ラップにおける持続力型~瞬発力型まである程度幅広い適性のレースで結果を残していることが分かります。
その中でもベストパフォーマンスをあげるとすれば、やはり重賞制覇を飾った昨年の新潟大賞典。

この新潟大賞典のラップ適性は「持続力型×ラップスピード11.86」と中山記念で求められるラップ適性とも合致しており、高く評価できます。
新潟大賞典の勝利を理由に、ラップ適性は「A」と高く評価します。

さらにラップ適性に加えて評価したいのが、コース適性。
トーセンスーリヤはここまで中山芝1800mを6戦して2勝、2着1回、3着1回、4着1回、5着1回と掲示板を外しておらず、高い適性を示しています。

状態面についても、最終追切の美浦坂路でラスト強めに仕掛けられて4ハロン52秒5-ラスト1ハロン11秒9の好時計をマーク。
ウッド中心の仕上げの馬が坂路での仕上げという点は気になりますが、ラスト1ハロンの伸びは良く、しっかりと力を発揮できる状態と判断します。

能力を発揮できる状態を前提に高いラップ適性・コース適性が揃いました。
このような背景から今年の中山記念はトーセンスーリヤで勝負します!

中山記念2021 まとめ

この記事では中山記念の予想の前提となるラップ分析と本命馬に次ぐ対抗馬、そして最終予想となる本命馬についてご紹介しました。

今年の中山記念の本命は①トーセンスーリヤ、対抗は⑦バビット。
この2頭の走りに期待します!

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。