中山金杯2021 最終予想

中山金杯2021 予想|ラップ分析で選ぶ本命馬!穴馬勝負の一戦!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、2021年の競馬の始まり「中山金杯」の最終予想について特集します。ご紹介する内容は、中山金杯の最終予想となる本命馬と対抗馬、単穴馬と推奨穴馬についてです。

中山金杯をラップからしっかりと予想していきます。ぜひ最後までお読みください。

中山金杯2021 本命

それでは早速ですが、中山金杯の本命馬についてご紹介します。今年の中山金杯の本命馬は穴馬一発勝負で「カデナ」を推奨します。

中山金杯2021 カデナ

こちらはカデナの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。このラップマトリックスからカデナのラップ適性を分析すると、中速ラップの持続型のレースに強いことが分かります。中山金杯で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード12秒00~12秒20」についても、小倉大賞典で勝利しており高評価。高いラップ適性が見込めます。

この小倉大賞典は良馬場でありながら、馬場差+2.0と非常に時計のかかる低速馬場でした。良馬場想定でありながらも時計がかかる馬場で持続力勝負という点は、今年の中山金杯の舞台と重なります。このラップ適性及び馬場傾向が合致する重賞で勝利しているという点が、今年の中山金杯でカデナを本命で推奨する最大の理由です。

またカデナは寒い時期に強いという点も後押します。

もちろん斤量58.0kgという最重量斤量、脚質的に追込脚質で展開待ちな点は気になりますが、その悪条件を拭い去るほどの好走条件が揃っています。このような背景から、今年の中山金杯はカデナで勝負したいと思います。

中山金杯2021 対抗・単穴

ここからは、中山金杯の対抗と単穴についてご紹介します。今年の中山金杯の対抗にはダーリントンホール、単穴にはディープボンドを推奨します。

まず対抗のダーリントンホールですが、時計のかかる低速ラップにおいてオールラウンダーなラップ適性を示していることが魅力の一頭です。中山金杯に対して高いラップ適性が見込める馬と考えています。中山金杯で求められるラップ適性については、皐月賞で6着という結果を残しています。結果こそ6着であった皐月賞ですが、出遅れ、後方から大外ぶん回しと非常に雑な競馬となり、この馬の力を発揮できていません。そのため度外視でよいでしょう。

中山記念2021 ダーリントンホール

さらに馬場適性についてもプラスに働きます。父ニューアプローチ、母父ピヴォタルという欧州指向の強い血統背景から時計のかかる馬場は得意でしょう。実際に馬場差がプラス0.4となった共同通信杯で重賞制覇を飾っています。

このように高いラップ適性と馬場適性が見込めるダーリントンホール。本命候補の一頭ではありましたが、最終的に長期休養明けのローテーションと鞍上はムラがあるデムーロ騎手という点を考慮して対抗評価までに留めました。

 

次に単穴評価のディープボンドですが、ラップ適性としては中速ラップの持続型からバランス型のレースに強いことがあげられます。中山金杯で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード12秒00~12秒20」についても、近接する京都新聞杯で重賞制覇を飾っており高評価。カデナ、ダーリントンホール同様に中山金杯に対して高いラップ適性が見込めます。

中山金杯2021 ディープボンド2

ただし気になったのが馬場適性。基本的に過去連対した京都新聞杯、未勝利、アザレア賞の3戦はいずれも馬場差がマイナスでやや高速馬場もしくは高速馬場下のレースです。この点から現在の時計のかかる中山芝コースに対する馬場適性は疑問視しています。このような馬場適性を考慮してラップ適性とメンバー内における能力は認めつつも、最終的に単穴評価までに留めました。

中山金杯2021 推奨穴馬

この記事の最後に、中山金杯の推奨穴馬についてご紹介します。中山金杯の推奨穴馬ですが「テリトーリアル」を推します。

中山金杯2021 テリトーリアル

こちらはテリトーリアルの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。このラップマトリックスからテリトーリアルのラップ適性を分析すると、中速ラップの持続型のレースに強いことが分かります。中山金杯で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード12秒00~12秒20」に対する好走実績はありませんが、近接するカシオペアステークスを勝利している点は高評価。また昨年の中山金杯で11番人気で3着と激走した点からレース適性が見込めます。

このテリトーリアルは血統的に欧州指向の強い馬で速い時計勝負や速い上り勝負のレースはまったく向きません。一方で時計のかかるレースではしっかりと力を発揮してきます。このような点から、今の時計のかかる中山芝コースとの相性は高いものが期待でき、激走を予感させます。

本来であれば本命まで考えた一頭ですが、爆発力に欠けて重賞を勝ちきるイメージが湧かなかったため、今回は推奨穴馬に留めました。それでも期待値は高く、積極的に買いたい一頭と予想します。

中山金杯2021 まとめ

ここまで中山金杯の本命馬、対抗馬、単穴馬、推奨穴馬についてご紹介しました。

連下以下で推奨したい馬については、バイオスパーク、ヴァンケドミンゴの2頭があげられます。この2頭については中速ラップの持続力型のレースに対する高いラップ適性が見込め、好走確率は高いと評価しています。ただし、両馬ともに好走したレースはいずれも平坦コース。このような点から馬券に絡みそうだが、最終的に2着・3着候補までとして連下評価に留めました。

 

以上、この記事では中山金杯の最終予想についてご紹介しました。

今回、ご紹介した内容が馬券を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。