negishi

根岸ステークス2021 予想|ラップ分析で選ぶ本命馬!穴馬勝負の一戦!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、日曜日の東京の重賞レース「根岸ステークス」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は根岸ステークスの予想のポイントとなるラップ分析と有力馬タイムフライヤー・レッドルゼルのラップ適性、そして最終予想となる本命馬についてです。

ぜひ最後までお読みください。

根岸ステークス2021 ラップ分析

この記事の初めに根岸ステークスの予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

根岸ステークス2021 ラップ分析

こちらは直近5年の根岸ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスから根岸ステークスのラップ適性を分析すると、脚質型は底力型から持続力型、ラップスピードについては11秒70~11秒90が基本となっています。
いかにもダート短距離重賞らしい傾向といえるラップマトリックスです。

東京競馬場の金曜日時点のダートの馬場状態は週半ばの雨や雪によって「重」となっていますが、土・日の天気予報は晴れですからレース開催時は良馬場で開催されるのではないでしょうか。
そのため、例年通りのラップ適性を判断軸において良いと考えます。

このような背景をふまえて考える今年の根岸ステークスで求められるラップ適性ですが、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒70~11秒90」に設定します。

次以降にご紹介する有力馬タイムフライヤーやレッドルゼルのラップ適性、また最終予想となる本命馬については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を進めていきます。

根岸ステークス2021 有力馬ラップ適性

それでは、ここからは根岸ステークスの有力馬であるタイムフライヤーとレッドルゼルのラップ適性について、A、B、Cの3段階で評価を行っていきます。

根岸ステークス2021 タイムフライヤー

まず初めにタイムフライヤーを取り上げます。

こちらはタイムフライヤーの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

根岸ステークス2021 タイムフライヤー

このラップマトリックスからタイムフライヤーのラップ適性を分析すると、中速ラップの底力型もしくは持続力型のレースで結果を残していることが分かります。
ダート中距離戦の持続力勝負に強いといったところでしょうか。

根岸ステークスで求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11秒70~11秒90」に対しては、武蔵野ステークスで2着の結果を残しており悪くありません。
そのためラップ適性の評価については「B」とします。

ただ本質的には中距離指向の強い馬と考えており、ダート1400mの根岸ステークスでどうでしょうか。
また、いかに砂を被らずにレースを進められるかもポイントです。

そのような点をふまえると「どこまで能力で補えるか!?」といった印象の一頭です。

根岸ステークス2021 レッドルゼル

続いてレッドルゼルを取り上げます。

こちらはレッドルゼルの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

根岸ステークス2021 レッドルゼル

このラップマトリックスからレッドルゼルのラップ適性を分析すると、超高速ラップから高速ラップにおける超底力型~持続力型のレースに強いことが分かります。
タイムフライヤーと一転、完全なダート短距離馬のラップ適性といえます。

根岸ステークスで求められるラップ適性に対しては、過去3戦しており2勝、2着1回と連対を外しておらず高評価。
ラップ適性は「A」評価です。

根岸ステークスは東京ダート1400mの全体のレース傾向と相反して、差し・追い込みが決まりやすいレースです。
その点も、差し脚鋭いレッドルゼルを後押しします。

ただ個人的にはダート1200mがベストで1400mはやや長い印象。
ましてや今回は距離延長ローテですから、その点はマイナス材料。

そのためラップ適性は高く評価しつつも、本命馬とはしていません。

根岸ステークス2021 本命馬

それではここからは、根岸ステークスの最終予想として本命馬についてご紹介していきます。

今年の根岸ステークスの本命馬ですが、穴馬狙いで「ヘリオス」を推奨します。

こちらはヘリオスのダート転向後7戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

根岸ステークス2021 ヘリオス

このラップマトリックスからヘリオスのラップ適性を分析すると、高速ラップから中速ラップの底力型のレースに強いことが分かります。

このヘリオスのラップ適性は根岸ステークスで求められるラップ適性とも合致しており高評価。
実際に根岸ステークスで求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11秒70~11秒90」に対しては、3戦3勝と抜群の成績を残しています。

なかでも評価ができるのが前走の同コースで行われた霜月ステークス。
このレースのラップ適性は「底力型×ラップスピード11.83」と根岸ステークスで求められるラップ適性と合致しますし、レース内容もメイショウテンスイ、テイエムサウスダン、ブルベアイリーデを寄せ付けない力強い内容でした。

ラップ適性は「A」評価で高いコース適性も期待できる。
これがヘリオスを根岸ステークスの本命馬で推奨する最大の理由です。

2走前の室町ステークス7着の凡走については直線で不利があり、最後はレースを諦めており参考外。
ダート短距離路線転向後のパフォーマンスは高いものを示しています。

今回メンバーレベルは一気に上がりますが、ここでも好勝負を期待したい一頭。

このような背景から、今年の根岸ステークスは「ヘリオス」で勝負します!

根岸ステークス2021 まとめ

この記事では日曜日の東京の重賞レース「根岸ステークス」の最終予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。