keibachiebukuro2

【NHKマイルカップ2021】ラップ分析で予想!ルークズネストなど準有力馬解説!

この記事では、3歳マイル王決定戦「NHKマイルカップ」の予想を特集します。

ご紹介する内容はNHKマイルカップの予想第2弾として、NHKマイルカップの準有力馬のラップ適性とラップ適性から考える特注馬についてです。
なお準有力馬のラップ適性については、ルークズネスト、ピクシーナイト、ソングラインの3頭を取り上げます。
またNHKマイルカップの有力馬となるグレナディアガーズ、バスラットレオン、シュネルマイスター、ホウオウアマゾンのラップ適性については下記の記事でご紹介しています。

関連記事

この記事では、3歳マイル王決定戦「NHKマイルカップ」の予想を特集します。ご紹介する内容はNHKマイルカップの予想第1弾として、NHKマイルカップの予想のポイントとなるラップ分析と有力馬のラップ適性についてです。なお有力馬のラッ[…]

keibachiebukuro2

それではNHKマイルカップの準有力馬と特注馬についてご紹介していきます。

NHKマイルカップ2021 準有力馬ラップ適性

それでは、早速ですがNHKマイルカップの準有力のラップ適性と評価についてご紹介しています。

ルークズネスト ラップ適性

NHKマイルC2021_ルークズネスト

まず初めに「ルークズネスト」を取り上げます。

こちらはルークズネストのデビュー戦から前走ファルコンステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからルークズネストのラップ適性を分析すると、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒40~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。

モーリス産駒からラップスピードは低速化した方が良いのかなというイメージを抱いていましたが、実際は低速ラップは駄目で高速ラップになるほどパフォーマンスを上げてくる傾向にあります。

NHKマイルカップで求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11秒50~11秒60」に対しては、適性が合致するレースはありませんが、適性が近接するファルコンステークスやシンザン記念で好走を見せています。
ルークズネストが示すラップ適性がNHKマイルカップで求められるラップ適性をしっかりとカバーしている点もふまえると、ルークズネストはNHKマイルカップに対して高いラップ適性が見込めると考えます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級の「A」をつけます。

ファルコンステークスの結果ならびに大飛びな走りから東京芝1600mは歓迎でしょう。
評価的には過去の動画で非常に高い評価をつけたバスラットレオンに匹敵すると一頭。

想定単勝オッズ2桁以上の出走予定馬の中では、抜ける形で魅力を感じる一頭です。

ピクシーナイト ラップ適性

NHKマイルC2021_ピクシーナイト

次に「ピクシーナイト」を取り上げます。

こちらはピクシーナイトのデビュー戦から前走アーリントンカップまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからピクシーナイトのラップ適性を分析すると、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒60~11秒90」のレースで結果を残していることが分かります。

ルークズネストと同じモーリス産駒で、この馬も血統的なイメージと反して低速ラップよりは高速ラップに強い傾向を示しています。
この点は興味深いところです。

NHKマイルカップに対するラップ適性は、適性が近接するシンザン記念を勝利しており高評価。
ただ前走の馬券圏外を外した結果が期待した割に案外でしたので、その点で評価を割引、ラップ適性の評価は「B+」とします。

今回2戦2勝の左回りコースに変わることはプラス材料と考えます。
ただ、どうしても前走のレース内容が気になります。
G1を勝つほどの爆発力はない印象を受けるため、3着候補までの1頭と評価しています。

ソングライン ラップ適性

NHKマイルC2021_ソングライン

準有力馬の最後には「ソングライン」を取り上げます。

こちらはソングラインのデビュー戦から前走桜花賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからソングラインのラップ適性を分析すると、「底力型~持続力型×ラップスピード11秒50~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。

ラップ適性からは、同じキズナ産駒でマイル戦の持続力勝負に強いマルターズディオサとイメージが重なります。

NHKマイルカップに対するラップ適性は、適性が近接する紅梅ステークスを勝利しており高評価。
前走の桜花賞は道中で大きな不利を受けての15着ですから度外視でよいでしょう。
ラップ適性の評価は「B+」と高評価をつけます。

ここまで勝利したレースは牝馬限定戦ということで能力的にどこまで通用するかは未知数ですが、ラップ適性からは適性の高さがうかがえる一頭。
3連系の馬券ではマークはしておきたい一頭と評価します。

NHKマイルカップ 特注馬

それではここからは、ラップ適性から考えるNHKマイルカップの特注馬についてご紹介します。

NHKマイルカップの特注馬ですが、「リッケンバッカー」を取り上げます。

NHKマイルC2021_リッケンバッカー

こちらはリッケンバッカーのデビュー戦から前走アーリントンカップまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからリッケンバッカーのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード11秒70~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。

中速ラップ~低速ラップのレースでの成績は奮いませんが、ラップスピード11秒80を切るようなある程度の高速ラップになれば連対を外しておらず、ロードカナロア産駒らしいスピードが売りと言える馬です。

NHKマイルカップに対するラップ適性は、適性が合致するレースや近接するレースはありませんが、このラップ適性の傾向からは高い適性が見込めるのではないかと考えます。
そのためラップ適性の評価は「B+」と高評価をつけます。

前走のアーリントンカップは直線でやや窮屈になる苦しい競馬になりながらも2着を確保。
勝ったホウオウアマゾン同様に評価ができるレース内容でした。

デビュー以来、馬体重は20㎏以上増えており成長力も魅力ですし、鞍上が思い切りのある横山武史騎手という点も買い材料です。
NHKマイルカップで高配当を生み出す超穴馬は、このリッケンバッカーと考えています。

NHKマイルカップ2021 まとめ

以上、この記事ではNHKマイルカップの予想についてご紹介しました。

なおNHKマイルカップの最終予想となる本命馬については、レース前日の土曜日に別の記事でご紹介をさせていただきます。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。