keibachiebukuro

新潟2歳ステークス2021予想|ラップ分析で選ぶ推奨馬を公開

 この記事では、「新潟2歳ステークス(2021年)」の予想を特集します。ご紹介する内容は、新潟2歳ステークスで求められるラップ適性と推奨馬・有力馬の評価についてです。馬券予想にご参考ください。

新潟2歳ステークス2021 ラップ分析

 まず初めに、今年の新潟2歳ステークスで求められるラップ適性について考察していきます。

新潟2歳ステークス2021_個別ラップ

 上図は、過去5年の新潟2歳ステークスの1ハロン毎の個別ラップの推移をまとめたグラフです。新潟2歳ステークスは、新潟芝1600mの日本で最も長い直線約660mを利用した瞬発力勝負のレースであることが特徴です。

 個別ラップのグラフから、ラスト3ハロンで一気にラップが高速化。そしてラスト2ハロン目は、10秒台後半のラップとなっており、スピードの絶対値・末脚のキレが求められることが分かります。

 続いて、この個別ラップの傾向をふまえ、独自の予想ツールである「ラップマトリックス」でラップ分析をさらに進めていきます。

新潟2歳ステークス2021_ラップマトリックス

 上図は過去5年の新潟2歳ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。このラップマトリックスとは縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数でターゲットフロンティアでも使用される数値「RPCI」を取り、該当レースのラップ傾向をまとめたグラフです。  

 ラップマトリックスから新潟2歳ステークスのラップ適性を分析すると、脚質型は瞬発力型もしくは超瞬発力型、ラップスピードは11秒80~12秒00が基本となっています。

 このような背景をふまえて、1週前時点で考える新潟2歳ステークスで求められるラップ適性ですが、天候がやや気になるものの良馬場設定で考え、「瞬発力型・超瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒00」に設定します。次以降でご紹介する推奨馬や有力馬の評価については、この求められるラップ適性を判断軸に行っていきます。

新潟2歳ステークス2021 推奨馬

 ここからは、ラップ分析から考える新潟2歳ステークスの推奨馬について2頭ご紹介します。

推奨馬① オタルエバー

 まず初めに取り上げるのが、「オタルエバー」です。

新潟2歳ステークス2021_オタルエバー

 上図はオタルエバーのデビュー戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。オタルエバーのデビュー戦は、新潟2歳ステークスと同コースとなる新潟芝1600mで行われました。オタルエバーは、このデビュー戦を逃げてノーステッキで2着に4馬身差をつける圧勝を見せています。

 デビュー戦のラップ適性は、「瞬発力型×ラップスピード11秒82」。このラップ適性は、新潟2歳ステークスで求められるラップ適性と合致します。またデビュー戦の個別ラップの推移を分析しても、新潟2歳ステークスのラップ傾向と非常に似た傾向を示しています。

新潟2歳ステークス2021_オタルエバー_個別ラップ

 このような背景からオタルエバーは、新潟2歳ステークスに対して非常に高いラップ適性が見込めると考えます。A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級評価の「A」とします。

 デビュー戦を逃げて勝利という脚質面を考えると2戦目で脆さを見せる可能性はありますが、ラップ適性には大きな魅力を感じています。本命候補の一頭として評価しています。

推奨馬② アライバル

 次に2頭目の推奨馬には、「アライバル」を取り上げます。

新潟2歳ステークス2021_アライバル

 上図はアライバルのデビュー戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。アライバルのデビュー戦は、東京芝1600mで行われ、アライバルは2着に2馬身1/2差をつけ快勝しています。ラスト1ハロンでステッキを入れられてからの反応は素晴らしいものがありました。また、このデビュー戦は、後に2着以下の馬が2頭勝ち上がりを見せており、レースレベルも高いです。

 ラップ適性に目を向けると、デビュー戦のラップ適性は、「超瞬発力型×ラップスピード12秒10」。道悪馬場によってラップスピードこそ足りないものの、そのラップ適性は新潟2歳ステークスで求められるラップ適性と近接しています。

 個別ラップの傾向についても近い傾向にありますので高評価。ラップ適性の評価は、「B+」をつけます。

新潟2歳ステークス2021_アライバル_個別ラップ

 血統は瞬発力勝負が得意なククナの半弟にあたりますので、その点からも期待が持てます。この馬もオタルエバー同様に評価は高く、本命候補の一頭と考えています。

新潟2歳ステークス2021 有力馬

 ここからは新潟2歳ステークスの推奨馬以外の有力馬の評価についてご紹介していきます。この有力馬の評価については、セリフォス、クレイドル、ウインピクシスの3頭を取り上げます。

有力馬① セリフォス

 まず「セリフォス」ですが、中京芝1600mで行われたデビュー戦のラップ適性は「バランス型×ラップスピード11秒88」。このラップ適性自体は、新潟2歳ステークスで求められるラップ適性と近接しており、悪くありません。

新潟2歳ステークス2021_セリフォス

 ただし、個別ラップに分析を進めた場合、その質が異なっています。

新潟2歳ステークス2021_セリフォス_個別ラップ

 ダイワメジャー産駒で仕上がりは早いでしょうし、新馬戦のレース内容から素質は高く評価している一頭ではあります。ただラップ適性から瞬発力勝負になると、キレ負けする可能性があります。そのため、相手候補までの評価です。

有力馬② クレイドル

 次に「クレイドル」を取り上げます。東京芝1600mで行われたデビュー戦のラップ適性は「バランス型×ラップスピード11秒93」。このデビュー戦のラップ適性は、新潟2歳ステークスで求められるラップ適性と近接しています。

新潟2歳ステークス2021_クレイドル

 個別ラップで分析を進めた場合でも、デビュー戦と新潟2歳ステークスでは若干傾向が異なるものの大きな方向性での違いはありません。一定のラップ適性は見込めると考え、ラップ適性の評価は「B+」に近い形での「B」評価と考えています。

新潟2歳ステークス2021_クレイドル_個別ラップ

 ステラヴェローチェの半妹で父クロフネですから、ベストはワンペースな持続力型と考えますが、スピードの総合能力は高く高速決着は歓迎でしょう。2着、3着候補として、しっかりと抑えておきたい一頭です。

有力馬③ ウインピクシス

 最後に「ウインピクシス」ですが、福島芝1800mで行われたデビュー戦のラップ適性は「バランス型×ラップスピード12秒46」。ラップマトリックスから分かるように、このデビュー戦のラップ適性は新潟2歳ステークスで求められるラップ適性とは大きく離れています。

新潟2歳ステークス2021_ウインピクシス

 個別ラップの傾向を分析しても同様です。

新潟2歳ステークス2021_ウインピクシス_個別ラップ

 デビュー戦のレース内容自体は非常に高いパフォーマンスを発揮していますが、ラップ適性の視点からは評価ができず、能力でどこまで補えるかといった印象の馬です。