NO IMAGE

【新潟大賞典2021】ラップ分析で選ぶ「渾身の本命馬」を公開!

この記事では、注目の重賞競走「新潟大賞典」の予想を特集します。

ご紹介する内容は新潟大賞典の本命馬についてです。

ぜひ最後までお読みください。

新潟大賞典2021 本命馬

それでは早速ですが、新潟大賞典の本命馬についてご紹介します。

今年の新潟大賞典の本命馬ですが、「①ボッケリーニ」を推奨します。

新潟大賞典2021_ボッケリーニ

こちらはボッケリーニの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからボッケリーニのラップ適性を分析すると、「底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒70~12秒20」のレースを得意にしていることが分かります。

極端な道悪馬場で時計がかかる場合を除いた中距離戦であれば、底力型~瞬発力型まで幅広く対応するオールラウンダーなラップ適性がボッケリーニの特徴と言えます。

今年の新潟大賞典で求められるラップ適性は、良馬場想定で「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒00」を想定します。
この求められるラップ適性に対しては、条件戦ながら2戦して2勝。また適性が極めて近接する中日新聞杯では重賞制覇を飾っています。

このような背景からボッケリーニは新潟大賞典に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級の「A」をつけます。

今回はポタジェ、ダノンマジェスティ、サンレイポケットなど骨揃いのメンバーが集まりましたが、新潟大賞典で求められる瞬発力への適性については、このボッケリーニがメンバー中No.1と考えています。

最内枠、斤量など懸念点もないわけではありませんが、その懸念点は高いラップ適性がカバーしてくれると捉えています。

このような背景から今年の新潟大賞典はボッケリーニを本命で推奨します。

新潟大賞典2021 まとめ

以上、この記事では新潟大賞典の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。