keibachiebukuro2

新潟記念2020最終予想|本命馬公開!ラップ×血統適性申し分なし!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「新潟記念(G3)」の最終予想についてご紹介します。

ご紹介する内容は新潟記念の推奨馬3頭、そして推奨馬の中から選ぶ本命馬についてです。

新潟記念2020 推奨馬

この記事の初めに、新潟記念の本命候補となる推奨馬を3頭ご紹介します。

推奨馬の判断基準はラップ適性が軸で、その上で血統や馬場傾向をふまえて判断しています。

新潟記念2020 推奨馬 ⑰ブラヴァス

新潟記念の推奨馬の1頭目は「ブラヴァス」です。

 

ラップスピードと脚質型の2軸で考えるラップマトリックスからブラヴァスのラップ適性を考えると、底力型から超瞬発力型までオールラウンダーな適性を持っていることが分かります。

適性がオールラウンダーであるということは個性が弱く勝ち味に欠ける面がありますが、混戦模様の今年の新潟記念で安定感があるという点は評価したいところです。

またラップスピードでは低速ラップを得意としている傾向にあり、例年以上に馬場が荒れてパワーを必要とする今の新潟競馬場の芝コースも合いそうです。

新潟記念2020_ブラヴァス ラップ適性

血統についても、近親馬のマーティンボロが2014年の新潟記念を勝利しており高評価。

また父キングカメハメハ×母父サンデー系(ディープインパクト)の配合は、昨年の勝馬ユーキャンスマイルと同じであり、この点からも好走を予感させます。

このような背景から、まず推奨馬の一頭目にはブラヴァスを推したいと思います。

新潟記念2020 推奨馬 ⑭カデナ

新潟記念2020の推奨馬の2頭目には「カデナ」を取り上げます。

過去の記事で1週前推奨馬として取り上げたカデナ。

今年の大阪杯4着、小倉大賞典勝利といった実績を考えれば能力的にはメンバー中最上位争いの一頭といえます。

 

まずカデナのラップ適性ですが、ラップマトリックスから考える好走ゾーンは「底力型~バランス型×ラップスピード11秒80~12秒10」。芝1800mから芝2000mのレースでやや時計のかかる馬場を得意としています。

このラップ適性は新潟記念で求められるラップ適性と近く、実際にその重なるゾーンに大阪杯や小倉記念といった好走レースが位置しています。

このようなことから、新潟記念に対する高いラップ適性が見込めます。

カデナ ラップマトリックス

 

血統についても父ディープインパクト、母父フレンチデピュティの配合であり、パワータイプのディープインパクト産駒は今の新潟の芝コースとも相性が良さそうです。

実際にレース前日の土曜日の新潟メイン「長岡ステークス」では、同じ父ディープインパクト、母父フレンチデピュティの配合のクリアザトラックが10番人気で3着と激走を見せています。

先週までは新潟芝コースではディープインパクト産駒が不振でしたが、レース前日の芝レースでは3頭の馬が馬券に絡み復調傾向です。この点も後押します。

このような背景から、1週前推奨馬でも推したカデナを推奨馬の2頭目として取り上げます。

新潟記念2020 推奨馬 ⑤ジナンボー

新潟記念2020の推奨馬の最後となる3頭目には、「ジナンボー」を推します。

 

このジナンボーは、新潟記念に対する高いラップ適性が魅力の馬。

ジナンボーのラップマトリックスから考える好走ゾーンと新潟記念で求められるラップ適性はピッタリとハマっており高評価です。

実際に昨年の新潟記念で2着と好走。レース適性は申し分ありません。

新潟記念2020_ジナンボー ラップ適性2

血統についても父ディープインパクト×母父が欧州型血統のキングカメハメハは新潟記念の好走血統にあたり高評価。

このような背景から今年も好走が期待できると考え、推奨馬の3頭で推します。

新潟記念2020 本命馬

ここまで新潟記念2020の推奨馬についてブラヴァス、カデナ、ジナンボーの3頭を取り上げ、その理由についてご紹介してきました。

最後に推奨馬3頭から選ぶ新潟記念2020の本命馬ですが・・・、「ブラヴァス」とします。

推奨馬の中でも最終的に本命候補として残ったのはブラヴァスとカデナの2頭。

その中でも近走のレース内容の充実ぶりと毎レース安定して力を発揮できる個性を持つブラヴァスを最上位評価に取りました。

前走の七夕賞は勝ったクレッシェンドラヴに足元をすくわれる形となりましたが、外々を回る強い競馬で2着と好走。勝ったクレッシェンドラヴとは進路取りの差が出た印象で、そのレース内容は高く評価できます。

馬場傾向として明らかな外伸びの状況での外枠は好枠と考えますし、カデナとも斤量差が2kgあります。

それにレース前日の土曜日の芝レースでは、父欧州型キングマンボ系の馬が6レース中3連対と好走しています。

このような背景から、ブラヴァスが今年の新潟記念に対する適性が最も高い馬と考えて本命馬で推奨します。

 

以上、注目の重賞競走「新潟記念2020(G3)」の最終予想についてご紹介します。

ご紹介した内容が、新潟記念2020を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。