keibachiebukuro

新潟記念2021予想|ラップ分析でザダル、トーセンスーリヤを評価!

 この記事では、注目の重賞競走「新潟記念(2021年)」の予想を特集します。

 ご紹介する内容は、新潟記念で求められるラップ適性と有力馬となるザダル、トーセンスーリヤ、リアアメリアの評価についてです。なお、今回から従来の予想ツール「ラップマトリックス」に加えて、上り3ハロンの適性「上り適性」と「馬場適性」を加えて予想を進めていければと思います。

 馬券予想にぜひご参考ください。

新潟記念2021 ラップ分析

 まず初めに、新潟記念で求められるラップ適性について考察していきます。

新潟記念2021_個別ラップ

 上図は、過去5年の新潟記念の1ハロン毎の個別ラップの推移をまとめたグラフです。新潟記念は、持続力と直線での末脚のキレ「瞬発力」がバランスよく求められるレースです。

 実際に過去5年平均の個別ラップのグラフを見ても、昨年は超瞬発力型のレースになったにも関わらず、道中のラップはそこまで緩んでいない中で直線は一定の末脚の速さが求められていることが分かります。

 なお、過去5年の平均上り3ハロンは「34秒3」となっています。昨年は超瞬発力型で例年とは異なる特殊なレースとなったことを加味すれば、上り3ハロンの「上り適性」は「34秒台後半」が一つの基準です。

 続いて、この個別ラップの傾向をふまえ、独自の予想ツールである「ラップマトリックス」でラップ分析をさらに進めていきます。

新潟記念2021_ラップマトリックス

 上図は過去5年の新潟記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。このラップマトリックスとは縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数でターゲットフロンティアでも使用される数値「RPCI」を取り、該当レースのラップ傾向をまとめたグラフです。  

 ラップマトリックスから新潟記念のラップ適性を分析すると、脚質型はバランス型、ラップスピードは11秒70~11秒90が基本となっています。

 このような背景をふまえて1週前時点で考える今年の新潟記念で求められるラップ適性ですが、「バランス型×ラップスピード11秒70~11秒90」に設定します。

 ラップ適性「バランス型×ラップスピード11秒70~11秒90」、そして上り適性は「3ハロン:34秒台後半」。次以降でご紹介する有力馬の評価については、この求められる適性を判断軸に行っていきます。

新潟記念2021 ザダル ラップ適性

 ここからは新潟記念の有力馬となるザダル、トーセンスーリヤ、リアアメリアのラップ分析から考える評価についてご紹介します。まず初めに取り上げるのが「ザダル」です。

新潟記念2021_ザダル

 上図はザダルの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。プロットしたグラフにはレース名、馬場状態、レース全体の上り3ハロン、馬場差、着順を示しています。なお馬場差は数値がマイナスにいくほど高速馬場、プラスにいくほど低速馬場となります。

 ラップマトリックスから考えるザダルのラップ適性の特徴ですが、中距離戦の高速ラップから中速ラップを得意にしていることが分かります。この条件下であれば脚質型は問わず、オールラウンダーなラップ適性を誇ります。

 新潟記念で求められるラップ適性「バランス型×ラップスピード11秒70~11秒90」に対しては、3歳時のプリンシパルステークスが合致します。また前走の重賞制覇を飾ったエプソムカップのラップ適性が近接します。このラップ適性が近接するエプソムカップは上り3ハロン34秒台後半となっており、新潟記念で求められる上がり適性「3ハロン:34秒台後半」とも合致しています。

 このような背景からザダルは新潟記念に対して、高いラップ適性が見込めます。A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

 高いラップ適性が期待できるザダルですが、馬場適性としては超高速馬場もしくは高速馬場に良績が集中しています。そのため馬場状態は良馬場希望でしょう。今の新潟競馬場は開催が進み馬場が荒れてきているため、パンパンの良馬場がザダルにとってベストです。

 水分を含まない良馬場であれば大崩れは考えづらい一頭です。逆に馬場が渋り、中速馬場や低速馬場になってくると疑問符がつきます。いずれにせよ、高いラップ適性から本命候補の一頭です。

新潟記念2021 トーセンスーリヤ ラップ適性

 次に「トーセンスーリヤ」を取り上げます。

新潟記念2021_トーセンスーリヤ

 上図はトーセンスーリヤの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

 ラップマトリックスから考えるトーセンスーリヤのラップ適性の特徴ですが、中距離戦の持続力型のレースを得意にしていることが分かります。

 新潟記念で求められるラップ適性に対しては、昨年の同コースで行われた新潟大賞典が近接しており、まずまずの評価ができます。この新潟大賞典や前走の勝利した函館記念を見る限り、上がり適性は「3ハロン:35秒台中盤から35秒台後半」です。そうなると、やや時計がかかってほしいところです。

 このような背景を総合的に判断して、トーセンスーリヤの新潟記念に対するラップ適性の評価は「B+」とします。

 馬場適性としては中速馬場から低速馬場が向く馬です。やはり、馬場的にパンパンの良馬場よりはやや渋ってほしいところです。

 水分を含まない良馬場であれば適性としてはザダルに劣りますが、開催が進む新潟競馬場の馬場で少しでも水分を含む状態であれば、トーセンスーリヤの適性値は一気に高まります。この馬も本命候補の一頭と考えています。

新潟記念2021 リアアメリア ラップ適性

 この記事の最後に「リアアメリア」を取り上げます。

新潟記念2021_リアアメリア

 上図はリアアメリアの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

 ラップマトリックスから考えるリアアメリアのラップ適性の特徴ですが、マイルから中距離の瞬発力型のレースを得意にしていることが分かります。

 新潟記念で求められるラップ適性に対しては、7着に終わったエリザベス女王杯が合致します。上がり適性としては「3ハロン:33秒台後半から34秒台中盤」が向く馬で、瞬発力型を得意にする点も考慮すると、とにかく速い上りが求められる瞬発力勝負のレースが良い馬です。

 その点で考えると、持続力と瞬発力がバランスよく求められる新潟記念に対するラップ適性は、やや疑問です。そのためラップ適性の評価は、B-に近い「B」とします。

 馬場適性としては超高速馬場から高速馬場を得意にしており、この馬の個性である「スピードの絶対値」と「瞬発力」が活きる舞台出ないと好走は見込めません。

 昨年のような超瞬発力型の特殊なレースになる可能性は低いと考えますし、開催が進む新潟競馬場の馬場はやや荒れ気味で超高速馬場もしくは超高速馬場に近い高速馬場になる可能性も低いです。近走の成績を踏まえても、ここは厳しいのではないかと評価しています。