今週は小倉記念や関屋記念、クラスターカップなどの地方交流重賞の予想を特集します!
keibachiebukuro

【ラジオNIKKEI賞2020 最終予想】ラップ適性で選ぶ本命馬を公開!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では注目の重賞レース「ラジオNIKKEI賞(G3)」の最終予想として本命馬をご紹介します!

ラジオNIKKEI賞の予想のポイントは下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていないという方は、こちらの記事もご参考ください!

関連記事

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!この記事では注目の重賞競走「ラジオNIKKEI賞(G3)」の予想のポイントとなるラップ分析を特集します!馬券予想にぜひご参[…]

keibachiebukuro

それではラジオNIKKEI賞の最終予想にまいります!

本命馬|⑪パンサラッサ

ラジオNIKKEI賞の本命馬はパンサラッサです!

ラップ適性が高く本命候補としてあがった馬はパンサラッサとバビット、ディープキング、ルリアンの4頭です。その中から道悪適性が見込め、前走のレース内容が評価できるパンサラッサを本命馬としました。

パンサラッサを本命で推奨する理由は「高いラップ適性が見込めること」、「道悪適性を示していること」、「距離短縮ローテに強いロードカナロア産駒であること」の3点です。


まず「高いラップ適性が見込めること」についてご紹介します。

こちらはパンサラッサのラップマトリックスです。

パンサラッサ ラップ適性

ラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(RPCI)を横軸に取り、過去のレースのラップ適性と結果を散布図にまとめたグラフです。赤い四角枠がラジオNIKKEI賞で求められるラップ適性で、この枠内のレースの結果ならびに近接するレースの結果からラップ適性が分かります。

ラップマトリックスからパンサラッサのラップ適性を分析すると、脚質型は底力型から持続力型、ラップスピードは時計のかかる低速ラップを得意にしていることが分かります。

ラジオNIKKEI賞で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11.80~12.20」においては、高いパフォーマンスを見せた前走の1勝クラスと12番人気で6着と健闘したホープフルステークスの2戦が該当します。

その中でも前走の阪神芝2000mで行われた1勝クラスは前半5ハロン60.4秒、後半5ハロン59.6秒とイーブンペースに近い形での逃げを打って2着ディープキングに2馬身1/2差をつける快勝。直線では鞍上がターフビジョンを見て緩める仕草があるほど余裕がありました。このレース内容からラジオNIKKEI賞に対して高いラップ適性が見込めます。

推奨する理由の2点目は「道悪適性を示していること」です。

パンサラッサが初勝利を飾ったデビュー3戦目の未勝利戦は、不良馬場でラップスピード12.84と非常に時計がかかる中でレースが行われました。パンサラッサは不良馬場を苦にすることなく軽快な走りを披露。2着馬に1.3秒の大差をつけて圧勝します。

父は母型の個性を引き出すロードカナロア、母はアイルランド牝系のミスペンバリー、母父はサドラーズウェルズ系のモンジューですから血統からも道悪適性が見込めます。


父ロードカナロアは距離短縮ローテを得意とする種牡馬で、前走から200mの距離短縮ローテで臨む今回のローテーションも好印象です。

産駒デビューから先週までのロードカナロア産駒の芝コースにおける前走からの距離短縮ローテの成績を調べると、勝率16.2%・複勝率34.6%と明らかに良績です。

今回のパンサラッサには前走以上のパフォーマンスが期待できるのではないでしょうか。

 

同脚質の馬が揃ったこと、フレッシュな状態で力を発揮するロードカナロア産駒で中1週のローテーションと不安点もありますが、高いラップ適性など買い材料は多いです。

ここはパンサラッサを本命で推奨します!

 

以上、この記事では「ラジオNIKKEI賞」の最終予想として、本命馬をご紹介しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。