keibachiebukuro

札幌2歳ステークス2020ラップ分析|低速×持続力勝負の一戦!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の2歳重賞競走「札幌2歳ステークス2020」のラップ分析について特集します。

札幌2歳ステークス2020をラップ傾向、ラップマトリックスからしっかりと予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください!

札幌2歳ステークス2020 ラップ傾向

まず初めに札幌2歳ステークスの1ハロン毎の個別ラップの推移についてご紹介します。

こちらは札幌2歳ステークスの過去5年の個別ラップの推移をまとめたグラフです。

札幌2歳ステークス2020 ラップ傾向
札幌2歳ステークス ラップ傾向 

個別ラップの推移をまとめたグラフから考える札幌2歳ステークスのラップの特徴は2点。

【札幌2歳ステークス ラップの特徴】
①洋芝の札幌競馬場らしい低速ラップが刻まれること。
②3ハロン目以降は12秒台前半のラップがゴールまで持続的に続くこと。

札幌2歳ステークスは12秒台前半のラップが基本で、芝1800mで考えれば低速ラップとなっています。その上でグラフから明らかに見て取れるようにラップ変化差が非常に小さく、持続力勝負の一戦です。

芝1800mであっても、スピードよりスタミナや持続力が求められるレースといえます。

札幌2歳ステークス2020 ラップマトリックス

次に札幌2歳ステークスのラップ傾向を、「ラップスピード」と「脚質型」の2軸で考えるラップマトリックスに落とし込んでいきます。
このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、直近5年の該当レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。
札幌2歳ステークス2020 ラップマトリックス
札幌2歳ステークスのラップマトリックスを確認すると、上り3ハロンのラップと上がり3ハロンを除く平均ラップの差から導く脚質型は底力型が2回、持続力型が3回となっています。
次に1ハロン平均のラップスピードについては、12秒20から12秒40が基本です。やはり、明らかに低速ラップです。
このような背景をふまえて考える札幌2歳ステークス2020で求められるラップ適性ですが「底力型・持続力型×ラップスピード12秒20~12秒40」に設定します。
このラップ適性で好走実績のある馬を積極的に狙いたいところです。
 
この記事では、注目の重賞競走「札幌2歳ステークス2020」のラップ分析について特集しました。
ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!