keibachiebukuro

【札幌記念2020 予想】ラップ分析!中速ラップでの「スピードの持続力」が鍵!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、日曜日の札幌の重賞レース「札幌記念」の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。

今年もG1馬ラッキーライラックやノームコア、マカヒキ、ペルシアンナイトなど豪華なメンバーが揃いました。夏の大一番をラップからしっかりと予想しています。馬券予想にぜひご参考ください!

札幌記念 個別ラップ分析

まず初めに札幌記念の1ハロン毎の個別ラップの推移についてご紹介します。 こちらは札幌記念の個別ラップの推移をまとめたグラフです。

札幌記念 ラップ傾向
※クリック・タップすると画像が拡大します。

札幌記念は中速ラップの持続力勝負が特徴のレースです。

個別ラップの推移を確認すると、隊列が決まる3ハロン目以降は11秒台後半から12秒台前半のラップがゴールまで継続していることが分かります。 ラスト3ハロンのラップの加速幅・減速幅も少なく、まさにスピードの持続力が求められる一戦といえます。

札幌記念 ラップマトリックス

ここからは札幌記念のラップを、ラップスピードと脚質型の2軸で考えるラップマトリックスに落とし込んでいきます。
このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、直近5年の該当レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。
札幌記念 ラップマトリックス2
札幌記念のラップマトリックスを確認すると、上り3ハロンのラップと上がり3ハロンを除く平均ラップの差から導く脚質型は底力型が1回、持続力型が4回となっています。
今年は底力型勝負に持ち込む逃げ脚質のトーラスジェミニが出走予定であるため、例年の持続力型に加えて底力型も抑えた脚質として考えたいです。
次に1ハロン平均のラップスピードについては、良馬場であれば11秒90~12秒10が基本。例年のメンバーレベルから考えれば、もう少しラップスピードが高速化してもよい印象ですが、札幌の洋芝や開催が進んでの馬場の痛みが影響しての中速ラップとなっています。
このような傾向をふまえて考える、札幌記念で求められるラップ適性ですが「底力型・持続型×ラップスピード11秒90~12秒10」に設定します。
なお、このラップ適性はあくまでも良馬場想定の設定で、道悪馬場になるとラップの低速化を見込みラップ適性を変更する可能性が高いです。この点も補足します。
投稿日時点(1週前の段階)では、良馬場開催で求められるラップ適性「底力型・持続型×ラップスピード11秒90~12秒10」に対して高い適性を示す馬を評価したいところです。

札幌記念 特集記事

この記事では「札幌記念」の予想のポイントとなるラップ分析についてご紹介しました。
なお札幌記念の最終予想などその他の記事については、下記の特集ページでご紹介をしています。あわせてご参考ください。
ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!最後までお読みいただきありがとうございました。