keibachiebukuro2

【皐月賞2022 予想】ラップ分析S評価は1頭!ドウデュース、キラーアビリティ、イクイノックスを評価

こんにちは!KAZUです。

この記事では、皐月賞の予想第1弾として求められる適性(好走条件)と有力馬3頭、ドウデュース、キラーアビリティ、イクイノックスの良馬場・道悪馬場、それぞれの評価についてご紹介します。

なお今回の記事から、試験的に従来のラップ適性に好走条件も加えた予想法を導入しています。その点もご注目いただければと思います。

馬券予想にぜひご参考ください。

皐月賞で求められる適性(好走条件)

初めに皐月賞で求められる適性(好走条件)についてご紹介します。

皐月賞の良馬場・道悪馬場、それぞれにおいて求められる適性(好走条件)は下記内容になります。

【良馬場】
①ラップ適性:「バランス型×ラップスピード11.80〜11.95」の実績
②高速ラップ適性:芝中距離戦でラップスピード11.90を切るレースの実績
③先行力・追走力:4コーナーの位置取り:1/3以内の実績
④小回り・急坂適性:小回り・急坂コースの実績

【道悪馬場】
①ラップ適性:「底力型〜持続力型×ラップスピード12.00〜12.20」の実績
②道悪馬場適性:道悪馬場かつ馬場差:-0.3よりも時計がかかるレースの実績
③先行力・追走力:4コーナーの位置取り:1/3以内の実績
④小回り・急坂適性:小回り・急坂コースでの実績

まず良馬場の好走条件①「ラップ適性」、②「高速ラップ適性」、道悪馬場の好走条件①「ラップ適性」について、独自のラップ分析ツール「ラップマトリックス」を用いてご紹介します。

皐月賞のラップマトリックス

皐月賞2022_ラップマトリックス

こちらの散布図は、過去5年の皐月賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスとは縦軸にラップスピード、横軸に上がり3ハロン前後のラップ変化をレースペース変化指数として取り、該当レースのラップ適性を散布図としてまとめたグラフです。詳細については、下記をご参考ください。

【ラップマトリックスの分析手法】
ラップマトリックスとは縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数「レースペース変化指数」を取り、対象レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。
縦軸のラップスピードからは高速ラップ、中速ラップ、低速ラップへの適性が、横軸の脚質型からは前傾ラップのバテてからの「底力勝負」、もしくはワンペースな「持続力勝負」、あるいは上り3ハロンの「瞬発力勝負」に強いのかが分かります。

ラップマトリックスから皐月賞のラップ適性を分析すると、脚質型は底力型〜バランス型、ラップスピードは11.75〜12.10のゾーンとなっています。

傾向としては、馬場状態によって求められる適性が異なることがポイントです。具体的には、良馬場であれば脚質型はバランス型でラップスピードは11.80前後。一方で道悪馬場開催となれば、脚質型は底力型〜持続力型でラップスピードは12.0以上、勝ち時計は2分以上かかっています。

良馬場においては、ラップスピード11.90を切る中距離戦の高速ラップ決着となっていることはポイントと言えます。

今年の皐月賞で求められるラップ適性については、良馬場で「バランス型×ラップスピード11.80〜11.95」、道悪馬場で「底力型〜持続力型×ラップスピード12.00〜12.20」に設定します。

皐月賞は先行力・追走力が求められる

皐月賞2022_4コーナー位置取り

次に良馬場・道悪馬場の好走条件③「先行力・追走力」について、過去5年の4コーナーの位置取りデータを用いてご紹介します。

上の表は、過去5年の皐月賞の4コーナーの位置取り別成績をまとめています。

特筆すべきは、4コーナー1/3以内・5番手以内が1着3回、2着5回、3着3回、単勝回収値・複勝回収値100超えと好成績を残していることです。

この傾向から、皐月賞は4コーナー5番手以内に位置取れる先行力・追走力が求められるレースと言えます。

皐月賞は小回り・急坂適性が求められる

皐月賞2022_個別ラップ

続いて良馬場・道悪馬場の好走条件④「小回り・急坂適性」について、過去5年の個別ラップの傾向を用いてご紹介します。

上のグラフは、直近5年の皐月賞の個別ラップの傾向をまとめたグラフです。各年の個別ラップの傾向は点線グラフ、良馬場開催の平均の個別ラップは赤色の線グラフ、道悪馬場の平均の個別ラップは青色の線グラフで示しています。

過去5年の皐月賞の個別ラップの傾向を分析すると、良馬場・道悪馬場どちらにおいてもラストに急坂を駆け上がるにも関わらず、大きな減速ラップを刻んでいないことが分かります。この傾向から急坂でも減速しないパワーが求められると言え、急坂での実績を重視したいところです。

また良馬場においては、3コーナーから4コーナーにかけてラップの高速化が発生しており、コーナリングスピード・小回り適性が求められています。小回り実績も重要な要素と言えるでしょう。

ここまで皐月賞で求められる適性(好走条件)についてご紹介しました。次以降でご紹介する有力馬の評価については、この条件を判断軸に評価を行なっていきます。

皐月賞の有力馬評価

ここからは皐月賞の有力馬の評価についてご紹介していきます。

なお、この有力馬の評価はS、A+、A、B+、B、C+、C、Dで評価していきます。

ドウデュース

皐月賞2022_ドウデュース_ラップマトリックス

まず初めに「ドウデュース」を取り上げます。

上のグラフは、ドウデュースのデビュー戦から前走までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。プロットしたグラフには、直近のレース名と馬場状態、着順、レース全体の上がり3ハロンを記載しています。

ドウデュースは、ここまでラップ適性が「持続力型〜超瞬発力型×ラップスピード11.70〜12.25」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場・道悪馬場ともに適性が合致するレースはありませんが、前走の弥生賞のレースの適性が近接しています。弥生賞の個別ラップの傾向は、ラスト1Fの減速ラップを除けば皐月賞に似た傾向を示していますので水準以上のラップ適性が見込めるでしょう。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B+」評価、道悪馬場でも「B+」評価とします。

皐月賞2022_ドウデュース_総合評価

次に好走条件に対する実績をチェックしていきます。

まず良馬場における好走条件に対しては「先行力・追走力」、「小回り・急坂適性」の2つの条件を満たしています。総合評価としてはプラスを加えて、「A」とします。

次に道悪馬場ですが、良馬場同様に「先行力・追走力」、「小回り・急坂適性」の2つの条件を満たしています。ただ道悪馬場自体への適性が未知数なため評価は据え置き、総合評価は「B+」とします。

このような総合評価をふまえて、ドウデュースは良馬場であれば期待値が高く本命候補、道悪馬場だと抑え候補と評価します。

キラーアビリティ

皐月賞2022_キラーアビリティ_ラップマトリックス

有力馬の2頭目には、「キラーアビリティ」を取り上げます。

上のグラフは、キラーアビリティのデビュー戦から前走ホープフルSまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

キラーアビリティは、ここまでラップ適性が「持続力型〜超瞬発力型×ラップスピード11.90〜12.10」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場は未勝利戦1着、道悪馬場は前走のG1制覇を飾ったホープフルSのレースの適性が合致します。未勝利1着の個別ラップの傾向は、皐月賞良馬場の個別ラップの傾向とやや異なるため割引が必要ですが、良馬場・道悪馬場どちらにおいても水準以上の適性が見込めます。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B+」、道悪馬場についても「B+」とします。

皐月賞2022_キラーアビリティ_総合評価

次に好走条件に対する実績をチェックしていきます。

まず良馬場における好走条件に対しては「先行力・追走力」、「小回り・急坂適性」の2つの条件を満たしています。総合評価としてはプラスを加えて、「A」とします。

次に道悪馬場ですが、良馬場同様に「先行力・追走力」、「小回り・急坂適性」の2つの条件を満たしています。ただ道悪馬場自体のレース実績がなく適性が未知数なため、評価は据え置きたいところ。総合評価は「B+」とします。

このような総合評価をふまえて、キラーアビリティはドウデュース同様に良馬場であれば期待値が高く本命候補、道悪馬場だと抑え候補と評価します。

イクイノックス

皐月賞2022_イクイノックス_ラップマトリックス

有力馬の3頭目には、「イクイノックス」を取り上げます。

こちらは、イクイノックスのデビュー戦から前走東スポ杯2歳Sまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

イクイノックスは、ここまでラップ適性が「バランス型×ラップスピード11.80〜12.00」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場において新馬戦1着、重賞制覇を飾った東スポ杯2歳Sのレースの適性が合致、道悪馬場においては適性が合致・近接するレースはありません。良馬場で求められるラップ適性において2戦2勝、いずれも非常に高いパフォーマンスを見せていることから非常に高いラップ適性が見込めるでしょう。

ラップ適性の評価は、良馬場で最上級評価の「S」評価、道悪馬場では「B」評価とします。

皐月賞2022_イクイノックス_総合評価-1

次に好走条件に対する実績をチェックしていきます。

まず良馬場における好走条件に対しては「中距離戦の高速ラップ適性」、「先行力・追走力」の2つの条件を満たしています。小回り・急坂適性は気になるものの総合評価は維持して、「S」とします。

次に道悪馬場ですが、「先行力・追走力」を満たしています。道悪馬場においては、良馬場とは相反して未知数な面が非常に強いです。総合評価は「B」とします。

このような総合評価をふまえて、イクイノックスは良馬場であれば非常に期待値が高く本命筆頭格、道悪馬場だと未知数、オッズを考慮すると危険な人気馬と言えるかもしれません。
ローテーションは気になりますが、ラップからは良馬場において好走確率が高い一頭です。

皐月賞の有力馬評価のまとめ

皐月賞2022_出走馬評価_1

ここまで皐月賞の求められる適性(好走条件)と有力馬の良馬場・道悪馬場、それぞれの評価についてご紹介しました。

なお、今回取り上げきれなかった出走予定馬の評価については、週半ばに別の記事でご紹介をさせていただきます。そちらの記事もあわせてご参考ください。

ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。