keibachiebukuro

【皐月賞2022 予想】抜群のコース適性でA評価!好走条件に合致する推奨馬!

こんにちは!KAZUです。

この記事では、皐月賞の予想第2弾としてダノンベルーガ、アスクビクターモア、オニャンコポンの評価についてご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

皐月賞で求められる適性(好走条件)

初めに評価の判断軸となる皐月賞で求められる適性(好走条件)についてご紹介します。

皐月賞の良馬場・道悪馬場、それぞれにおいて求められる適性(好走条件)は下記内容になります。

【良馬場】
①ラップ適性:「バランス型×ラップスピード11.80〜11.95」の実績
②高速ラップ適性:芝中距離戦でラップスピード11.90を切るレースの実績
③先行力・追走力:4コーナーの位置取り:1/3以内の実績
④小回り・急坂適性:小回り・急坂コースの実績

【道悪馬場】
①ラップ適性:「底力型〜持続力型×ラップスピード12.00〜12.20」の実績
②道悪馬場適性:道悪馬場かつ馬場差:-0.3よりも時計がかかるレースの実績
③先行力・追走力:4コーナーの位置取り:1/3以内の実績
④小回り・急坂適性:小回り・急坂コースでの実績

皐月賞で求められるラップ適性は、良馬場が「バランス型×ラップスピード11.80〜11.95」、道悪馬場で「底力型〜持続力型×ラップスピード12.00〜12.20」となっています。

このラップ適性をベースにこちらの好走条件や馬場傾向、展開などもふまえながらダノンベルーガ、アスクビクターモア、オニャンコポンの評価を行なっていきたいと思います。

ダノンベルーガ

それではダノンベルーガ、アスクビクターモア、オニャンコポンの評価についてご紹介していきます。

なお、この評価はS、A+、A、B+、B、C+、C、Dで評価していきます。

皐月賞2022_ダノンベルーガ1

まず初めに「ダノンベルーガ」を取り上げます。

上のグラフは、ダノンベルーガのデビュー戦から前走共同通信杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。プロットしたグラフには、直近のレース名と馬場状態、着順、レース全体の上がり3ハロンを記載しています。

ダノンベルーガは、ここまでラップ適性が「瞬発力型〜超瞬発力型×ラップスピード11.95〜12.15」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場・道悪馬場ともに適性が合致するレースはありません。良馬場であれば前走の共同通信杯のレースの適性がやや近接しているといったところでしょうか。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B+」、道悪馬場で「B」とします。

皐月賞2022_ダノンベルーガ2

次に好走条件などをふまえて総合評価を行っていきます。

まず良馬場で考えた場合ですが、近年の1分58秒前後の高速決着になっても速さが求められる東京芝1800mの共同通信杯を快勝していることから適応力はあるでしょう。

一方で問題視しているのが、位置取りと右回りの小回り急坂適性。

皐月賞は4コーナー4番手・5番手の好位がベストポジションで4コーナー5番手以下になると成績が極端に悪化します。直近の皐月賞で4コーナー5番手以下で馬券に絡んだのは、コントレイル・サートゥルナーリアなど相当な能力があった馬です。4コーナー5番手以内でダノンベルーガが回ってくることはイメージしづらいため、コントレイルやサートゥルナーリア級の能力を見込むかどうかがポイント言えるでしょう。

また前回の記事でラップ適性S評価で取り上げたイクイノックスにも言えることですが、左回りの大回りコースを連勝してきている馬ですから、右回りの小回り急坂コースの適性は気になります。東京コースの連勝から急坂コースは問題ないとしても小回りコースはどうでしょうか。やや疑問です。

このような点をふまえて、良馬場の総合評価はラップ適性の評価にマイナスを入れて「B」評価とします。

次に道悪馬場ですが、未知数な面が大きく評価が難しいと考えています。

前走の共同通信杯は馬場状態が稍重だったとはいえ、馬場差は高速馬場に近い「-0.8」。皐月賞で道悪馬場開催になると馬場差は「-0.5からプラスに振れる」と思いますので、実績がなく未知数です。

そのため、評価は据え置き「B」とします

ポテンシャルの高さは非常に感じる馬ですが、現時点の完成度も考えると抑え候補までの一頭かと考えています。

アスクビクターモア

皐月賞2022_アスクビクターモア1

有力馬の2頭目には、「アスクビクターモア」を取り上げます。

上のグラフは、アスクビクターモアのデビュー戦から前走弥生賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

アスクビクターモアは、ここまでラップ適性が「バランス型〜瞬発力型×ラップスピード12.05〜12.20」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場・道悪馬場ともに適性が合致するレースはありませんが、前走の弥生賞のレースの適性が近接しています。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B+」、道悪馬場についても「B+」とします。

次に好走条件などをふまえて総合評価を行っていきます。

アスクビクターモアを分析する上で高く評価したいのはメンバー中No.1と言える中山コース実績でしょう。ここまで中山芝中距離戦は3戦して3勝と好成績を残しています。3戦ともに4コーナーで2番手もしくは3番手ですから、中山芝中距離戦での好走パターンをしっかりと抑えている馬といえます。

現在の馬場傾向をふまえても、先週の段階では内・外イーブンの印象でコース形態から内を通った先行馬の前残りが目立ちました。この馬場傾向が今週も続けば、期待値はさらに上がるといったところです。

近年の1分58秒前後の高速決着になってもディープインパクト産駒ですから、適応力は見込めます。前走でドウデュースを破っていることから、このメンバーに入っても能力で見劣りすることもないでしょう。

一方で道悪馬場に対する適性ですが、こちらは未知数で評価が難しいです。

ここまで5戦はいずれも良馬場で超高速馬場か高速馬場、もしくは高速馬場に近い中速馬場となっています。

そのため良馬場においての総合評価を高め「A」、道悪馬場の総合評価はラップ適性の評価を据え置き「B+」とします。

折り合い面に課題のある馬でその点は気になりますが、ラップ適性と位置取りを考えれば良馬場においては期待値が非常に高い一頭です。

オニャンコポン

皐月賞2022_オニャンコポン1

3頭目には、「オニャンコポン」を取り上げます。

こちらは、オニャンコポンのデビュー戦から前走京成杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

オニャンコポンは、ここまでラップ適性が「バランス型〜超瞬発力型×ラップスピード12.10〜12.45」のレースで実績を残しています。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、良馬場において適性が合致するレースはなく、道悪馬場では11着と大敗したホープフルSの適性が合致します。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B」、道悪馬場では「B-」とします。

次に好走条件などをふまえて総合評価を行っていきます。

まずコース適性にふれておくと、中山芝2000mはホープフルSの大敗は気になりますが3戦2勝ですから水準以上のものが見込めるでしょう。この点はプラス材料です。

一方で位置取りについては、前走が4コーナー10番手から差して勝利しているだけにこの戦法を継続するようだと厳しい印象です。

また近年の1分58秒前後の高速決着に対する適性も気になります。ここまで基本は中速ラップもしくは低速ラップのゆったり流れての瞬発力勝負で好走してきている馬のために適応力は個人的に疑問視しています。

次に道悪馬場ですが、道悪馬場自体の経験はありませんが先ほどご紹介したように凡走したホープフルSのラップ適性が合致しているだけに厳しい印象です。
道悪馬場うんぬんより、道悪馬場になりラップ適性が底力型に傾くと厳しいといったイメージです。

最終的な総合評価は良馬場で「B」、道悪馬場で「B-」。今回取り上げた3頭の中では厳しい評価です。

皐月賞の評価のまとめ

皐月賞2022_総合評価2

この記事では、皐月賞の予想第2弾としてダノンベルーガ、アスクビクターモア、オニャンコポンの評価についてご紹介しました。予想第1弾の記事と合わせた各出走馬の評価は上図の内容となっています。

良馬場ではS評価としてイクイノックスを高く評価していますが、これは求められるラップ適性で2戦2勝、そしてハイパフォーマンス、さらにメンバー中で唯一の中距離戦での高速ラップ適性を示していることに起因します。ダノンベルーガのパートでも取り上げましたが、右回りの小回り急坂適性についてはやや疑問符がつくため、その点は考慮が必要でしょう。

その一方で今回取り上げたアスクビクターモアは、折り合い面に課題はあるものの水準以上のラップ適性、非常に高い中山芝中距離適性、好走条件に合致する先行力は魅力でしょう。
良馬場開催で先週同様に前が残れる馬場傾向が続けば、狙い目の一頭かと考えています。

なお次回の予想第3弾では、道悪馬場で適性を感じる馬を中心に特集できればと思います。

ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。