keibachiebukuro

【皐月賞2021予想】ラップ分析から選ぶ本命馬・推奨穴馬!

この記事では、「皐月賞」の最終予想を特集します。

ご紹介する内容は、皐月賞の予想の前提となるラップ分析と推奨穴馬、そして本命馬についてです。

皐月賞をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

皐月賞2021 ラップ分析

この記事の初めに皐月賞の予想の前提となるラップ分析をご紹介します。

皐月賞2021 個別ラップ

上図は直近5年の皐月賞の個別ラップをまとめたグラフです。

皐月賞のラップの特徴は、中山芝2000mらしいワンペースな持続力勝負であること。
直近5年の皐月賞の個別ラップを平均化した赤色のグラフから、3ハロン目以降はラップ高低差が少ないワンペースなラップを刻んでていることが分かります。
このような背景から、皐月賞で好走するためには持続力の適性が求められると考えます。

次に、この個別ラップをふまえて、独自の予想ツールであるラップマトリックスで分析を進めていきます。

皐月賞2021_ラップマトリックス_最終

上図は直近5年の皐月賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスから皐月賞のラップ適性を分析すると、脚質型は持続力型もしくはバランス型。
ラップスピードについては、良馬場開催であれば11秒80~12秒00が基本となっています。

ただし今年の皐月賞のレース前日の馬場状態は稍重。
日曜日は前日の雨が早朝に止み朝から晴れの天気予報となっていますが、パンパンの良馬場開催まではいかないでしょう。
そのため脚質型の底力型への移行とラップスピードの低速化を見込みたいところです。

このような背景をふまえて考える今年の皐月賞で求められるラップ適性ですが、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒90~12秒10」に設定したいと思います。

次以降にご紹介する推奨穴馬・本命馬については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

皐月賞2021 推奨穴馬

それではここからは、皐月賞の推奨穴馬についてご紹介します。

今年の皐月賞の推奨穴馬ですが、「③ステラヴェローチェ」を推奨します。

皐月賞2021_ステラヴェローチェ_最終

こちらはステラヴェローチェのデビュー戦から前走共同通信杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからステラヴェローチェのラップ適性を分析すると、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒50~12秒50」のレースで結果を残していることが分かります。
クロノジェネシスを送り出したバゴ産駒らしい底力勝負が向く馬で、馬場も渋って時計がかかった方が良い馬です。

皐月賞で求められるラップ適性に対してはデビュー戦の新馬戦が合致して高評価。
またステラヴェローチェが示すラップ適性が、皐月賞で求められるラップ適性をしっかりとカバーしています。

このような点からステラヴェローチェは皐月賞に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

前走の共同通信杯は完全なる瞬発力勝負で、ステラヴェローチェにはラップ適性が向きませんでした。
また直線ではスムーズさを欠いた点も痛かったです。
初の2000mとなる距離延長ローテこそ気になれど、今回はワンペースな持続力勝負が見込まれますのでパフォーマンスの大きな向上が期待できます。

ラップ適性からは、この後ご紹介する本命馬に匹敵するステラヴェローチェ。
推奨穴馬として激走を期待したい一頭です。

皐月賞2021 本命馬

それでは、この記事の最後に皐月賞の本命馬についてご紹介します。

今年の皐月賞の本命馬ですが、「⑧ダノンザキッド」を推奨します。

皐月賞2021_ダノンザキッド_最終

こちらはダノンザキッドのデビュー戦から前走弥生賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからダノンザキッドのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒90~12秒30」のレースで結果を残していることが分かります。

皐月賞で求められるラップ適性に対しては、適性が合致するレース自体はありません。
ただ適性が近接する新馬戦では非常に強い勝ちっぷりを見せています。

持続力勝負に強い特徴ならびに皐月賞と同舞台となる中山芝2000mかつ脚質型が持続力型のレースとなったホープフルステークスを快勝している点も考慮すると、ダノンザキッドは皐月賞に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
そのためラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

今年の皐月賞のメンバーの中では、No.1のラップ適性がこの「ダノンザキッド」と評価します。
懸念していた馬場状態もここにきて天気予報が良好に向かい、ダノンザキッドが十分に適応できる馬場状態で開催されそうです。

高い能力にメンバー中No.1評価のラップ適性。
このような背景から、今年の皐月賞はダノンザキッドを本命で推奨します。

皐月賞2021 まとめ

以上、この記事では皐月賞の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。