keibachiebukuro

セントライト記念2020予想|ラップ×血統で選ぶ本命馬を公開!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「セントライト記念(G2)」の最終予想についてご紹介します。

セントライト記念の馬券予想にぜひご参考ください。

セントライト記念2020 本命馬

それでは早速ですが、セントライト記念の本命馬についてご紹介します。

今年のセントライト記念の本命馬は⑥バビットです!

バビットを本命で推奨する理由ですが、セントライト記念に対する高いラップ適性が見込めること。

こちらはバビットのデビューから前走ラジオNIKKEI賞までのラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」ですが、セントライト記念で求められるラップ適性を2戦して1勝、2着1回と好成績をあげています。

バビット ラップマトリックス

瞬発力型となった前々走の早苗賞を勝っているとはいえ、基本的には持続力型のレースで高いパフォーマンスを発揮すると馬と考えており、その点からセントライト記念に対する高いラップ適性が見込めます。

また展開的にも、この馬がすんなりとハナをきれそうで有利にレースを運べると予想します。この点もプラス材料です。

血統的に母父タイキシャトルで距離短縮ローテは気になりますが、馬体的に距離は持つと考えています。

現在のやや時計のかかる中山の馬場状態も合いそうで、ここはバビットを本命で推奨します。

 

なお本命バビット以外の推し馬「推奨馬」についてですが、実績上位のガロアクリークと穴馬としてリスペクトをあげたいです。

ガロアクリークは皐月賞3着、日本ダービー6着の実績馬。能力はメンバー中最上位クラスで一定のラップ適性も見込めますから、好走が期待できます。

もう一頭の推奨馬リスペクトは父がロベルト系のエピファネイア。ロベルト系はレース前日の土曜日の芝レースでかなり活躍しており、トレンド血統にあたります。スタミナ豊富でやや時計のかかる馬場状態も合いそうで、面白い一頭と考えています。

 

以上、この記事ではセントライト記念の最終予想についてご紹介しました。

ご紹介した内容が、セントライト記念を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。