keibachiebukuro2

【シルクロードステークス2022 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、「シルクロードステークス(2022年)」の最終予想として、ラップ分析から選ぶ本命馬をご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

シルクロードステークス2022 本命馬

それでは早速ですが、シルクロードステークスの本命馬についてご紹介します。

今年のシルクロードステークスの本命馬ですが、「⑩ナランフレグ」を推奨します。

こちらはナランフレグの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
プロットしたグラフにはレース名と馬場状態、着順、上がり3ハロンを記載しています。その上で青いゾーンはナランフレグが得意とするラップ適性、赤いゾーンはシルクロードステークスで求められるラップ適性となっています。

ラップマトリックスからナランフレグのラップ適性を分析すると、「底力型〜持続力型×ラップスピード11.15〜11.45」のレースを得意にしていることが分かります。

シルクロードステークスに対するラップ適性は、TVh賞4着、淀短距離ステークス2着と一定の成績を残しています。
そのため、シルクロードステークスに対する水準以上のラップ適性が見込めるでしょう。

元々は左回り芝1200mコース専用機の馬でしたが、ここ2戦は右回り芝1200mコースで2着、1着と好走。
しかも、その2戦は前残りの競馬を追い込んでの好走ですから、近走のパフォーマンスは高く評価できます。

土曜日16時時点ではもう少しオッズがついてほしいところですが、最終的には単勝オッズで8倍台前後にはなるのではないかと個人的に考えています。

ラップ適性、近走の高いパフォーマンス、そして配当面を考慮して、今年のシルクロードステークスは⑩ナランフレグ」を本命で推奨します。

以上、この記事ではシルクロードステークス(2022年)の最終予想を特集しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。